2022年11月15日 更新

【ロームシアター京都】世界に誇る日本のテクノロジー『SONY』歴史展!懐かし家電も☆

おおきに~豆はなどす☆今回は11月11日~23日までの期間限定開催で話題の展覧会。日本が誇る総合電機メーカー・ソニーの歴史を語る製品がズラリ。

懐かしいソニー製品がズラリ☆

 (232273)

 (232274)

日本の総合電機メーカー・ソニーが2021年に東京・銀座で開催し人気を博した展覧会で、今回京都でも開催されることになった『Sony Park展 KYOTO』。京都では2つの会場に分かれ、ここロームシアター京都と京都新聞ビルで開催。今回はロームシアター京都へ。

 (232275)

 (232276)

 (232277)

こちらはもう一方の会場・京都新聞ビルの展示の様子。

『Sony Park展』は2021年に2024年東京銀座に完成予定の"新Ginza Sony Park"建設工事を前に行われたファイナルプログラムで、ソニーが取り組む6つの分野、「ゲーム」、「音楽」、「映画」、「エレクトロニクス」、「半導体」、「ファイナンス」を、「社交場」、「旅」、「森」、「ストリート」、「SF」、「詩」という6つ言葉で変換。そのテーマに沿ってソニーミュージック所属アーティスト、岡崎体育、奥田民生、東京スカパラダイスオーケストラ、millennium parade、YOASOBI、Creepy Nutsの6組がコラボする体験型展覧会。すでにご紹介済。
 (232278)

で、ここロームシアター京都会場では、主にソニーの歴史を製品の歩みとともに展示紹介。まずは1階。巨大ラジカセが登場。
 (232279)

そして、すでに終了しましたが、京都新聞ビル会場の展示にも登場した奥田民生さんが11月12日に無料野外ライブを実施。居合わせた人なら皆曲を聴けるような環境下だったため、大いに盛り上がったそうです。日付を間違えて参加できず、痛恨の極み(泣)奥田自身が立ち上げたインディーズレーベル・ラーメンカレーミュージックレコードのロゴ入りのレコーディング用キャンピングカーも展示。
 (232280)

 (232281)

 (232282)

地下2階には膨大なソニー製品が並び、創業時から現代に至るまでのソニーグループの歴史を年代、商品カテゴリーなどの視点から紹介。終戦翌年の1946年、井深大氏と盛田昭夫氏が東京・日本橋の白木屋3階に「東京通信工業株式会社」を設立し、その後渡米しトランジスタラジオを販売。その数々の苦労や、社名を「SONY」に改めたという歴史は、NHK番組『プロジェクトx』で予習済(笑)
 (232283)

 (232284)

1955年の日本初のトランジスタラジオから始まり、世界最小タイプが開発され本格的輸出モデルの第一号も。
 (232285)

で、見れば見るほど昭和懐かしいホームオーディオ製品が並んでいます。
 (232286)

元祖ビデオデッキ・ベータータイプ。今となっては幻感あり。というか、ビデオデッキ自体が幻か(笑
 (232287)

ありましたありました!バスがレコード盤の上を走って曲が流れるヤツ(笑)
 (232288)

元祖ウォークマン。ヘッドホンがちょっと懐かしすぎる。
 (232289)

ダブルデッキ持ってました(笑)
 (232290)

ソニー初のパソコン。
 (232291)

これもなんとなく覚えています。レコード盤が縦回転して曲が流れます。
 (232292)

これ、持ってました!ドデカホーン。今の今までその存在を忘れてました(笑)
 (232293)

このシリーズも持ってました(笑)キューブ状のポータブルテレビ。
 (232294)

 (232295)

 (232296)

 (232297)

とにかく、自分自身がソニー漬けであったことに気づいてウケます(爆)
 (232298)

このあたりはつい最近の域。AIBO。
 (232299)

 (232300)

 (232301)

ゲーム機も各種。
 (232302)

持ってた持ってた!的、CDプレイヤーやら携帯やら。
 (232303)

 (232304)

 (232305)

現在、京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」にて開催中の「アンディ・ウォーホル・キョウト」展でソニーが特別協賛企業として参加していますが、ウォーホル自身ウォークマンを愛用し、作品のモチーフにもするほどソニー贔屓だったとか。

1982年から2000年にかけてテレビCMなどで使用されたキャッチコピー『It's a Sony』は、1970年代にアメリカの広告で使われ始めたタグライン。ソニー製品のユニークさや違いを端的に表現し、世界がソニー製品に親しみを持つきっかけになったフレーズ。そんな世界が認める偉大なソニーの功績をたどる展示の数々。懐かしさのあまり、思わず声をあげてしまう人多数(笑)期間限定の無料展覧会、オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

展覧会名:Sony Park展 KYOTO
会場:第二会場 ロームシアター京都(京都市左京区岡崎最勝寺町13)
期間:2022年11月11日(金) - 23日(水・祝)
時間:10:00 - 18:00
料金:入場無料
関連サイト:https://www.sonypark.com/ginza/037/
37 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事