2019年4月28日 更新

【2019京都桜情報】GW中でも普賢像桜は満開!無料狂言も開催!!閻魔像を祀る☆引接寺「千本えんま堂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は千本寺之内にある高野山真言宗のお寺。本尊はあの地獄絵図に出てくる閻魔様。ちょうど境内の遅咲きの普賢象桜が見ごろかと行ってきました。

遅咲きの普賢像桜と名物・千本えんま堂狂言のコラボ

 (151265)

千本寺之内上がる西側に提灯がぶら下がる。通称『千本えんま堂』で知られるお寺。
寛仁年間(1017 – 1021年)、源信の弟弟子・定覚により開山。現世と冥土を行き来し、閻魔王とも交流があったと伝えられる小野篁(802年 – 853年)開基。高野山真言宗のお寺。
 (151270)

そして、毎年恒例行事である千本えんま堂狂言が5月1日から開催。こちらは無料で誰でも狂言を鑑賞できます。
 (151266)

遅咲きの普賢像桜を見にやってきました。GW中でしたが、朝だったのでまだ参拝客は少なめでしたが。
 (151299)

ちょうど入って左手の建物の屋根部分に閻魔像。彩色されていて、こちらにあるのはわりと新しい像。
 (151276)

 (151278)

この奥に閻魔法王が安置されてるみたいです。

千本通りはかつて平安京の主要道路・朱雀大路でした。そして、この辺りは「蓮台野(れんだいの)」と呼ばれ、平安京の三大風葬地のひとつ。当時は死体を雨風にさらす風葬で、この地で死者の魂を弔ったといわれています。
 (151279)

鐘の上に大きな湯呑茶碗が飾られていますが、閻魔様の湯呑茶碗だとか。
 (151267)

梵鐘。死者の魂を送り、塔婆(とうば)供養と迎え鐘を用いて先祖の魂を再びこの世に迎えて供養。
 (151274)

現在でもこの風習は残され、お盆にここで「お精霊(しょうれい)迎え」が行われています。
 (151275)

 (151268)

ちょうどお堂の北西側に普賢象桜。満開ですね。
 (151273)

紫式部供養塔。円阿上人の勧進により建立。紫式部のあの世での不遇な姿を見て成仏させるために建立した供養塔と伝えられています。
 (151271)

茶釜塚。茶釜を供養するんですかね。周辺には散り桜。
 (151269)

ここを狂言舞台にされるんですかね。すでに準備されてました。ちょうど桜と狂言を一度に両方鑑賞できる季節。オススメです!

千本えんま堂 へのツイート

基本情報

住所:京都市上京区閻魔前町34
電話番号:075-462-3332
公式サイト:http://yenmado.blogspot.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers