2021年1月8日 更新

【八坂神社】~祇園のえびすに福を貰おう~初蛭子のお参り「三社詣」

商売繫盛で笹もってこい♪祇園の蛭子に福を貰おう♪景気の良い歌声が流れている八坂神社の初蛭子。新年に北向蛭子社、本殿、大國主社の三社をお参りし、今年一年の招福を祈願する三社詣を紹介します。

初蛭子で招福を「三社詣」

 (198948)

京都祇園のシンボル、八坂神社。
昨年の年末に、本殿が国宝に、摂社末社・建造物26棟が重要文化財に指定されたました。
新年を迎えて、よりおめでたいところですが、コロナ禍の影響で初詣は分散参拝などが呼び掛けられ、例年とは異なる新年を迎えています。

 (198984)

今回は三社詣(さんしゃもうで)を紹介します。
三社詣とは、新年に大國主社、御本社、蛭子社を新年に参拝することで、より強いご神徳がいただける有難いお参りで、毎年1月9・10日に執り行われています。
問い合わせた所、今年は例年と参拝の方法が変更されており、三社を参拝して、御朱印は先に押印したものを授与していただけるようです。(300円)

例年は、蛭子社前で御朱印台紙(無料)をいただき、大國主命→御本社→蛭子社の順に参拝、御朱印を押印、参拝後お祓いをしていただく形式でした。

今年はコロナ禍の影響で、変更されるとのこと。
※画像は昨年の三社詣の御朱印です。
大國主社

大國主社

昨年修復が終わりました。
良縁成就、家内安全のご利益があり、 素戔嗚尊の六世の孫神「大國主命」が祭神です。
本殿

本殿

国宝に指定された八坂神社本殿です。
素戔嗚尊をお祀りしていて、厄除・災難除の御利益があります。
1646年(正保3年)の火災で焼失後、1654年(承応3年)に徳川家綱によって建立されました。
祇園造りといわれる形式で、本殿と拝殿の建物を一つの屋根の下に収めた形になっています。
北向蛭子社

北向蛭子社

北向蛭子社です。珍しく北を向いている蛭子様です。
商売繁盛、開運招福の御利益があります。
 (199061)

鮮やかな朱塗りの社殿。
大阪の今宮戎神社と深く関わりがあります。
 (198958)

昨年はこんな雰囲気で、一社お参りするごとに、巫女さんがお祓いをして下さる形式でした。
また安心してお参り出来る日が早期に来ることを願います。

今回は三社詣を紹介しました。
近くへ行かれた際には立ち寄られてはいかがでしょうか?

スポット情報

場所:八坂神社
住所:京都府京都市東山区祇園町北側625
電話:075ー561ー6155
三社詣参拝期間:毎年1月9・10日
料金:御朱印 300円
関連ページ:http://www.yasaka-jinja.or.jp/event/sansya.html
11 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事