2017年3月8日 更新

【京都橋めぐり】東海道五十三次の西の起点!さまざまな歴史を渡ってきた橋!!「三条大橋」

さまざまな歴史に関わり、三条通、鴨川に架かる橋。東海道五十三次では西の起点。そして、四季折々で京都らしい風情をもっとも感じられる橋でもあり。

歌川広重の絵でもおなじみ

 (74025)

鴨川沿いから見る三条大橋。手前には早咲きの河津桜。鮮やかなピンク色がいつもの鴨川風景に彩りを添え、春らしい光景。

歌川広重の『東海道五十三次 三条大橋』の絵のモチーフにもなった橋。東海道五十三次では西の起点となる橋。
 (74026)

そのすぐ隣り。三条大橋西南詰。江戸時代に出版された『東海道中膝栗毛』の舞台にもなり、主役である弥次郎兵衛と喜多八の像があります。春にはしだれ桜も咲き、画になります。像の側にある撫で石を撫でると縁起がいいとも言われています。
 (74028)

そして、三条大橋西北詰のスターバックス前。
 (74030)

こちらは旧三条大橋の石柱がこんなふうに残っています。「暴れ川」と言われ、幾度も橋を流すような水害をもたらした鴨川。それにともない橋も何度か架け替えられたそうですが、この石柱は豊臣秀吉の命により作られた時のもの。

天正18年(1590年)、五条大橋と共に増田長盛を奉行として石柱の橋に改修。
 (74029)

そして、石柱には日本で初めての石柱橋であったということが書かれ、現在の神戸市灘区から切り出された花崗岩製であることが石柱に刻まれています。
 (74031)

江戸時代に藩や幕府の高札を立てた「高札場跡」も。
かつて「三条河原」と呼ばれ、処刑や処刑後の晒し首が行われた場所でもあり。
 (74032)

そして、こちら「擬宝珠(ギボシ、ギボウジュ)」。
伝統的な建築物の装飾で橋や神社、寺院の階段、廻縁の高欄(手すり、欄干)の柱の上に設けられている飾り。

橋の北側と南側の2か所(西から数えて2つめの擬宝珠)には、1864年7月8日(元治元年6月5日)に発生した池田屋事件で付いたとされる刀傷も。

それ以外にも、日本初の駅伝の駅伝スタート地点でもあり。いろいろな歴史のある橋。

三条大橋から眺める鴨川沿いには等間隔で座るカップルや、夏の納涼床の風景もまた名物。そんな京都らしい歴史、風情を持つ橋ですね。

三条大橋 へのツイート

詳細情報

住所
京都府京都市 中京区中島町・東山区大橋町
電話番号
075-752-0227
関連サイト
http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=3000046
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ぶらり散策】囲碁好きの聖地!囲碁の三大タイトル戦『本因坊』の発祥地【寺町】

【京都ぶらり散策】囲碁好きの聖地!囲碁の三大タイトル戦『本因坊』の発祥地【寺町】

寺町通二条上がった辺り。ちょうど老舗茶舗・一保堂のあたりにあるモニュメント。囲碁好きの人には聖地的場所。囲碁の三大タイトル戦名『本因坊』もここから来てるんだとか。
【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

猫展の帰り。そういえば、けっこうな歴史的建造物なのにちゃんと建物として観察してなかったな、と。改めて、そんな視点で。レンガ造りの重厚な明治近代建築。素晴らしい意匠の数々。
【保存版】必ず行くべき!京都を代表する有名観光スポットの「橋」!歴史のかけ橋ぞろい☆【厳選5スポット】

【保存版】必ず行くべき!京都を代表する有名観光スポットの「橋」!歴史のかけ橋ぞろい☆【厳選5スポット】

京都市内に流れる河川として、中央には鴨川、西エリアには蛇行する桂川、府下では宇治川、木津川など。その河川に架かる橋は古い歴史を持ちつつ今も活用されています。今回はそんな京都の名橋をいろいろ集めてみました。
【京都橋めぐり】弁慶と牛若丸が出会った場所といえばココ!清水寺参拝の要所!!「五条大橋」

【京都橋めぐり】弁慶と牛若丸が出会った場所といえばココ!清水寺参拝の要所!!「五条大橋」

下京区と東山区の境界を流れる鴨川に架けられた五条通沿い五条大橋。牛若丸(源義経)と弁慶の出会いの場と言われるこの橋は、今も交通の基点。
【京都名水めぐり】千利休も愛した名水!極上の染色に欠かせない洛中の井戸水「柳の水」【三条西洞院】

【京都名水めぐり】千利休も愛した名水!極上の染色に欠かせない洛中の井戸水「柳の水」【三条西洞院】

平安時代から続く名水。あの千利休も茶の湯に利用し、今も枯れずに湧き出る名水は昔から続く周辺の黒染め染色産業を支えるのに欠かせない存在。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers