2018年4月20日 更新

本店限定 "最強エビフライパフェ" 咲き乱れよ!キワモノたち!「からふね屋三条本店」【京都珍グルメ】

パフェのパラダイスだからこそあみだせる色物感満載のfunnyなパフェ。海老フライに求肥包のアイス。粒揃いなキワモノたちがオールスター感謝祭!パフェにフライなんて蛇道!そんな貴方にこそおすすめしたい、その味わいは果てし無く、ミステリーな物でした。

キワモノに挑め

 (108203)

三条河原町のからふね屋珈琲本店、パフェクリエイターがデザインした150種類以上のパフェがゴージャスに展示され、正にパフェのミュージアムそのもの。
 (96468)

ここだけ、協調されておらず、しれっとさらっと存在する色物パフェ。
 (96470)

 (111741)

大箱の店内はカウンター席もありお一人様でも気兼ねなく過ごせるニュートラルな空気感。
平日のお昼はパフェ目当ての若者やビジネスマンなど幅広い客層が寛ぎの時間を過ごしています。

期待を裏切らない「おもしろ系」

 (108206)

最強エビフライパフェ(¥1000)
パステルな彩りに聳え立つ不安定極まりないエビフライが華麗にミスマッチ。
妙に浮いているエビフライは
絶妙な色物感。

エビフライ、さくさく

 (103880)

熱々の海老ちゃんが飛び降りようたいちハザードランプを発していたので、とりあえず小皿を頂き、海老は一時待機してもらうことに。

タルタルソースに翻弄される

 (96469)

エビフライを除いた内部は
パステルパープルのアイスに、求肥をくるんだもっちり、バニラアイス、ミルキーなフレッシュにダイブしたコーヒーゼリー。
そして
このタルタルソースがくせ者。
タルタルソース×生クリーム=❓
2:3:7くらいでしょうか?
めくるめく、甘さと酸味と卵感が渾然一体となり
もうミステリー級の自家製ソースが口の中で形成されます。

味覚の七変化

 (103881)

二刀流の揚げたての熱々エビフライ
は熱を帯びていますが、
求肥に包まれている為中のアイスは
ひんやり感をキープ。
カラースプレーとタルタルソース、生クリームを纏ったエビフライ。
レモンを搾って頂くよう。
甘いのですが、このタルタルソース
と生クリームがおそるべきほどミスマッチ。
 (108295)

超スーパーミラクルメガミックス多彩な食感とファンタジーなレインボーな味わい。
ボキャブラリーを駆使しても伝えきれないもどかしさ★
 (108296)

より美味しく頂くために付けたコーヒー。
甘さ、しょっぱさ、オイリーさに苦味が参入!余計に味を混乱される緊急事態に!
コーヒーでお口さっぱりなんて邪心は抱かず、ガチンコでパフェと向き合う事の大切さを教えていただきました。

リピートしちゃう魔性のパフェ

 (108205)

総じてこれほどまでに怪奇的なパフェ、クリームと揚げ物のミスマッチさを体験できたことは、これからの人生においてたくましく生きる術の源になったに違いない。
イロモノloverには目ぼしいターゲットが…!
第2段も乞うご期待。

からふね屋三条本店 店舗情報

店名:からふね屋三条本店
住所:京都市中京区河原町通三条下ル大黒町39
電話番号:075-254-8774
営業時間:
9:00~翌1:00(祝前日、金、土)
9:00~23:00(日~木)
定休日:無休
店舗HP: http://karafuneya.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen