2017年1月1日 更新

【保存版】元旦も営業している京都オススメのスーパー銭湯まとめ!新年は初風呂でスタート☆

年末バタバタの中、年が明けてしまった、という方も多いはず。正月はのんびりゆったり日頃の疲れも取りたいところ。そこで、今回は元旦から営業しているスーパー銭湯をまとめてみました。

良心的な低料金がファミリー層にも人気「玉光湯 ひじりのね 伏見店」

 (67360)

 (67361)

 (67362)

羽束師、京都運転免許場の程近く。朝も8時から営業していて、普段朝風呂派の人にもうれしい施設。三重県亀山のタートル温泉を運び入れた露天風呂もあり、サウナも2種類と充実。食事処や理髪店もあり、忙しくて散髪に行けなかった人にもオススメ。

ワンコイン500円の低料金!昭和レトロ感が楽しい「もなこの湯」

 (67365)

 (67367)

 (67564)

宇治市、24号線大久保と久御山の間に立地。「古き良き時代の昭和」をコンセプトに館内の食事処やくつろぎスペース、浴室に至るまで昭和世代にはたまらない雰囲気。さらにワンコイン500円で入浴できるのは魅力的。

京都市内随一の癒しコンテンツてんこ盛りスポット「力の湯」

 (67370)

 (67369)

 (67371)

地下鉄竹田駅スグちかく。館内に一応レストラン、マッサージ、理髪店はあり、それ以外に敷地内にはフットサル、ボルダリング、フィットネス場、地産地消レストランなどなど。但し、正月は入浴施設以外はお休みです。11種類(男湯は9種類のみ)のお風呂、サウナ3種に加え岩盤浴(追加料金要)もあり、充実した施設。

2種類の源泉かけ流し風呂が楽しめる「京都・桂温泉 仁左衛門の湯」

 (67375)

 (67376)

 (67378)

9号線の桂、市内から縦貫道のインターのちょっと手前に立地。敷地内から湧き出る2種類の天然温泉は、京都では珍しい、冷と温の2種類の源泉かけ流し。そして、岩盤浴もあり、レストランもありでゆっくりいろいろな楽しみ方ができそう。

最新設備を体感してください!宇治天然温泉「源氏の湯」

 (67382)

 (67383)

 (67381)

宇治・大久保に2年ほど前にオープンしたまだ新しい施設。海水の成分に似た食塩を含む塩化温泉で高濃度。療養泉に分類され「温まりやすい、湯冷めしにくい」という性質をもつ温泉もあり。京都初導入のナノ水や酸素ボックスなどハイテク設備が充実。
いかがでしたか?元旦からさっぱりと初風呂に入って、日頃の疲れも癒やしたいですね。ぜひ、ご利用ください。

ヨ~イヤサ~♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】京都オススメの元旦営業のスーパー銭湯!年末の疲れを初風呂で一掃☆【厳選8店】

【保存版】京都オススメの元旦営業のスーパー銭湯!年末の疲れを初風呂で一掃☆【厳選8店】

元旦から営業している京都オススメのスーパー銭湯を集めてみました。充実のアメニティーで年末のあわただしさでたまった疲れを一掃。
【保存版】底冷えの京都で手軽に日帰り入浴!近場で楽しめるスーパー銭湯【厳選8店】

【保存版】底冷えの京都で手軽に日帰り入浴!近場で楽しめるスーパー銭湯【厳選8店】

手軽に楽しめるスーパー銭湯を集めてみました。中には温泉もあったり、わざわざ遠方に行かずとも充実の施設ぞろい。正月休み中に利用するのにも最適。
【京都温泉めぐり】レアな半身浴温泉ミストサウナも!筍の名産地ならではなメニュー展開☆桂温泉「仁左衛門の湯」

【京都温泉めぐり】レアな半身浴温泉ミストサウナも!筍の名産地ならではなメニュー展開☆桂温泉「仁左衛門の湯」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は西京区の桂にある天然温泉。冷・温二つの源泉を持ち、かけ流し風呂が楽しめる。創業20周年を迎え、地元色濃い店づくりも。
【京都温泉めぐり】源泉かけ流し天然温泉あり!炭酸泉駆使!!極上のラグジュアリー空間☆「SPA&HOTEL水春」

【京都温泉めぐり】源泉かけ流し天然温泉あり!炭酸泉駆使!!極上のラグジュアリー空間☆「SPA&HOTEL水春」

おおきに~豆はなどす☆今回は京田辺市、松井山手に昨年12月オープンしたSPA。源泉かけ流し天然温泉や炭酸泉を駆使した浴槽多数。系列店の中でもラグジュアリーな雰囲気がピカイチ。
【京都温泉めぐり】創業20年目に突入!二つの源泉を持つ天然かけ流し風呂☆桂温泉「仁左衛門の湯」

【京都温泉めぐり】創業20年目に突入!二つの源泉を持つ天然かけ流し風呂☆桂温泉「仁左衛門の湯」

西京区の桂、国道9号線沿いに立地。天然温泉、冷・温二つの源泉を持ち、かけ流し風呂が楽しめる。今年で創業20年目に突入し、その不動の人気ぶりがうかがえる。入浴してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな