2019年3月9日 更新

元ホテルシェフの絶品中華をお手軽に!烏丸御池の「廣東酒家 京華」

烏丸御池近く、元ホテルシェフがオーナーを務める中華料理店「廣東酒家 京華」、美味しい麻婆豆腐のランチを頂いてきました。

烏丸御池で美味しい中華ランチ

 (146918)

オフィス街の烏丸御池、ビジネス街にはよきランチ処が多いとも言われますが、
こちらもオススメの人気店。
室町六角にある「廣東酒家 京華」は、ブライトングループの中国料理における統括料理長を務めたオーナーシェフの中華料理店になります。
マンションの一階にあり、看板がないと見逃してしまいそうになります。
 (146920)

こちらがお店の入口。
中国料理と書かれた提灯が、いい味をだしています。
 (146921)

きれいなカウンター席もありますが、テーブル席や半個室の部屋など。
テーブルレイアウトが多彩なので、おひとり様のご飯から、食事会、会食にも使えそう。

12時前には、たちまち満席になる人気店です。
 (146923)

アラカルトやコースなど、色々ありますが、
今回はランチなので、こんな感じ。

炒飯、麺、麻婆豆腐、唐揚げ、セットなど、色々。
さらには、プラス300円で蒸し点心3種をセットにできるのがうれしい。
 (146926)

1000円の室町セットから、麻婆豆腐をチョイス。
サラダ、スープ、ごはん、デザートがセットになっています。
プラス200円で、ごはんを炒飯に変更することもできます。
 (146929)

大きめのひとり用鍋には、たっぷりの麻婆豆腐。
スパイスの香りが広がり、食欲を掻き立てられます
もちろん、グツグツなっているいるほどアツアツです。
 (146931)

香辛料の風味はよく効きつつも、
辛さは控えめで、うまみを感じる優しい味わいの麻婆豆腐。
ランチにちょうどいい辛さです。美味しい。
 (146937)

麻婆豆腐とごはんの相性は最高ですよね。
ついついやってしまいます。。(笑)
 (146933)

オプションの蒸し点心は、アツアツの蒸したてで運ばれてきます。
300円で追加できるので、お腹に余裕がありそうなら、ぜひオススメです。
 (146935)

蒸したてアツアツの点心は、ハフハフ言いながら食べてください。
点心もいうことなし!ちゃんと美味しい。

元ホテルシェフならではなの、優しい味わいの中華。
ランチ激戦区の烏丸御池エリアですが、美味しい中華が食べたいときにオススメの一軒です。

基本情報

店名:廣東酒家 京華
住所:京都市中京区室町通六角下ル鯉山町507-102
電話番号:075-223-3955
営業時間:11:30~14:00 / 17:00~21:00
定休日:水曜日

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】有名ホテル出身の香港人シェフ営む地元民御用達中華ランチ☆香港料理「恵明」

【京都ランチめぐり】有名ホテル出身の香港人シェフ営む地元民御用達中華ランチ☆香港料理「恵明」

おおきに~豆はなどす☆今回は千本丸太町通りから西へ。昨年オープンしたまだ新しい香港料理店。京都ブライトンホテル出身の香港人シェフが腕を振るう。ご近所の方中心にお手軽なランチが人気。
【京都祇園祭限定フード】13日から販売開始!しみしみ激ウマの名物しみだれ豚饅☆「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

【京都祇園祭限定フード】13日から販売開始!しみしみ激ウマの名物しみだれ豚饅☆「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

おおきに~豆はなどす☆今回は毎年祇園祭限定フードとして人気を集めるしみだれ豚饅。そろそろ販売開始時期を待ちわびてる方多数。昨年の様子を踏まえご紹介します。
【京都ランチめぐり】水~金曜日だけの激戦中華ランチ!本格麻婆豆腐のお値打ちメニュー☆中国料理「菜格」

【京都ランチめぐり】水~金曜日だけの激戦中華ランチ!本格麻婆豆腐のお値打ちメニュー☆中国料理「菜格」

御所南エリアの本格四川料理が食べられる人気中華料理店。平日水~金曜日だけ提供するランチはCPもよく人気で激戦。オープン時間めがけて行ってきました。
ボリュームも満点!行列必至の人気中華料理店!「魏飯夷堂」@三条会商店街の巻っす

ボリュームも満点!行列必至の人気中華料理店!「魏飯夷堂」@三条会商店街の巻っす

盛り上がってきている三条会商店街にある人気の中華料理店「魏飯夷堂(ぎーはんえびすどう)」でボリューム満点の中華ランチっす。
【京都ランチめぐり】四条河原町にある町の老舗!優しい味わいの京風中華ランチが人気☆「芙蓉園」

【京都ランチめぐり】四条河原町にある町の老舗!優しい味わいの京風中華ランチが人気☆「芙蓉園」

おおきに~豆はなどす☆今回は四条河原町下がった場所にある創業60年余りの老舗中華の名店。ちょっと隠れ家的場所に立地しながらランチが人気。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン