2019年9月24日 更新

【京都ランチめぐり】有名ホテル出身の香港人シェフ営む地元民御用達中華ランチ☆香港料理「恵明」

おおきに~豆はなどす☆今回は千本丸太町通りから西へ。昨年オープンしたまだ新しい香港料理店。京都ブライトンホテル出身の香港人シェフが腕を振るう。ご近所の方中心にお手軽なランチが人気。

京都ブライトンホテル出身の香港人シェフの香港料理ランチ

 (164425)

西陣エリア。千本丸太町から西へ。
いつもこの前を通ると気になっていたお店。昨年オープンしたまだ真新しい店構えの香港料理店。

というか、香港料理の定義がイマイチわかりませんが(笑)
調べてみると、点心中心で広東料理に近く、中華料理の中でも味付けは比較的甘め。醤油やみりんを使い、日本人にも馴染みやすい味とか。
 (164426)

なんでも、こちらのご主人は京都の有名ホテルであるブライトンホテルで16年シェフをされていて、昨年独立。なので、腕にはかなりの定評あり。
 (164459)

店内はテーブル席と障子風パーテーションに囲まれたグループ席、そしてカウンター席で計30席ほど。客層としては、ご近所さんらしき方が中心。
 (164428)

カウンター席には紹興酒も。
 (164429)

そんな店内の南西角に白い玉砂利スペース。京都あるあるなんですかね。裏鬼門封じスペースが。

えらく信心深いオーナーやな、と思って聞いてみると、以前入居されてた方から引き継いで、どう扱っていいかわからない、と若干カタコトの日本語の香港人の女将。見よう見真似で盛り塩も。これで正解なんでしょうか(笑)
 (164430)

今回はランチ利用。
唐揚げや麻婆豆腐のついたDセット1200円と迷いましたが、日替わりシェフ特選セット980円税別を注文。ちなみにこの日のメインは鶏のレモンソースがけとのこと。
 (164431)

しばらくして登場の日替わりシェフ特選セット。バリエーション豊か。
 (164432)

こちらがメインとなる鶏のレモンソース掛け。油淋鶏のレモンソース版、そんな雰囲気。
 (164437)

まずは一口。サクサクに揚げられた鶏肉に割と甘めのレモンソース。ちょっとレモンジャムのような。でも、なかなか合います。
 (164438)

 (164439)

お皿両脇にお漬物的なものや和え物も添えられ、ご飯がすすみます。
 (164433)

点心は揚げもの。
 (164440)

かじると、外側サクッと、まわりの白い部分は白玉粉?上新粉??でつくられた餅のようで、さらに中心部に八角風味の肉と春雨のそぼろ炒めがイン。ちょっと本格中華の味わい。
 (164434)

 (164441)

コーンスープも旬のフレッシュとうもろこしを使用し、濃厚な味わい。
 (164435)

サラダもたっぷり。トマトも鮮度抜群。
 (164436)

 (164443)

〆のデザートも、甘いミルクティーをゼリーにしたもの。これくらいの量がちょうどいい。

とてもバランスのいいランチで、近所の方がヘビロテで通うのがわかるくらい、日本人にも馴染みやすく、モリモリ食べられる健康的中華ランチ。次回は麻婆豆腐も食べてみたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

香港料理恵明 への口コミ

詳細情報

住所:京都市中京区聚楽廻東町3-7
電話番号:075-822-0339
営業時間:11時30分~14時00分 17時30分~21時30分
定休日:木曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな