2022年2月5日 更新

【京都ラーメン】創業70年余の歴史重ね今も行列の根強い人気店「ますたに北白川本店」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区北白川にある有名老舗ラーメン。この日も行列で根強いファンの多い元祖京都ラーメン。

北白川界隈で根強い人気の老舗京都ラーメン

 (218553)

左京区北白川、白川疏水沿いにあるこちら。
いわゆる元祖京都ラーメンと言われるお店の一つに数えられる有名店『ますたに』があります。この日はこの近くを散策中ですでに昼過ぎ。何か温かいものが食べたかったのと、私自身かれこれ10年以上は食べてなかったことを思い出し、久々にやってきました。

そして、昼過ぎだから空いてるかと侮っていましたが、行列。並ぶことに。
 (218554)

とても間口の小さいお店で、それにもかからわずこの行列。店内にも行列が出来ていました(笑)

前回来店した時も確か並びました。所説あるようですが屋台時代もあったそうで、創業23年で70年余りの歴史を誇る名店。とにかく根強いファンの多いお店という印象です。

そして、店からうっすら獣臭。スープの香りです。こういうのも醍醐味ですね。中には獣臭があってナンボのラーメンハンターもいるくらいですから(笑)

 (218555)

店内も古いお店らしく、こじんまりとした狭小スペース。座敷テーブル席が3つとL字のカウンター席。カウンター席にはパーテーションも設置されています。そして隅には小さいテレビもあり、昭和風情漂う店内。
 (218557)

メニューは基本ラーメンのみ。
チャーハンだのから揚げだの餃子だのといったサイドメニューはありません。ライスとおつけもんくらい。このシンプルさももしかしたら昔からのスタイルをそのまま守っている、ということでしょうかね。そして、印象的なのが厨房に女将さんなのかお母さんが切り盛りされていて、ここは女性がラーメンを作ってるのか?と一瞬錯覚するんですが、ちゃんとご主人がおられます。連携よくご家族でやってらっしゃるんですかね。

で、今回はちょっと腹べこだったのでラーメン大800円を注文。
常連さんらしき方の中には、麺硬指定される方が多かったですかね。あと、唐辛子抜きを指定される方もいて、そんな辛味成分入ってたかな?と一瞬考えましたが、後で食べてみると全く気にならない隠し味程度に入っていました(笑)
 (218558)

卓上の味変材にはこの粉末系の3種類。

 (218559)

で、待っているとカウンター越しから登場のこちらがラーメン大。中央には京都ラーメンの定番九条ネギ、チャーシュー、メンマが乗っています。
 (218560)

まずはスープ。
こちらでは鶏ガラでとったスープに醤油を合わせた豚背脂スープ。それもちょっと濁りもある濃厚さ。でもしつこい感じでは全くなく。醤油感とコクのある、食べなれたスープです。

 (218561)

さらに麺は細ストレート麺。持ち上げた時の湯気とともに香る麺に老舗共通の香りの要素を感じます。なんとも懐かしく、無条件で美味しいと思えるような。

最近麺にこだわりのお店が増え、いろんなバリエーションがありますが、きっと製麺所も昔からの付き合いのところのものを使ってるんだろうな、と思えるなじみ深い味。
 (218562)

チャーシューはわりと醤油感シミシミのいいこってり感。程よい厚みのあるやつ。
 (218563)

メンマも中華そばらしく。
 (218564)

一目散にスープと麺をすすり、途中味変するのを忘れてスープも飲み干して完食完汁ゴチ!
外は寒々かじかむほどでしたが、食べ終わるころには汗だくでした(笑)

京都も新しいジャンルのラーメン店が増え、いろいろ回ったりするんですが、定期的に老舗の味で軌道修正したくなる感覚、これなんでしょうね(笑)それが慣れ親しんだ味、ということに尽きるんでしょうかね。ごちそうさまでした!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:ますたに北白川本店
場所:京都市左京区北白川久保田町26
電話:075‐781‐5762
営業時間:10:00~19:00(日祝日は18時閉店)
定休日:月曜日、第3火曜日
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事