2017年2月4日 更新

かぶやきの里が目の前に!美山にこだわった絶品のそば!「お食事処きたむら」

美山町・かやぶきの里の目の前にある「お食事処きたむら」で、美山の食材にこだわったお蕎麦を頂いてきました。

最高のロケーション!かやぶきの里が目の前に

 (71095)

日本の原風景が残る、美山町 かやぶきの里。その目の前に、美山産のそば粉や名水を使った美味しいおそばが頂けるお店があるのはご存知ですか?
 (71090)

かやぶきの里の目の前にある「お食事処きたむら」では、地元 美山の食材を使い、こだわりのお蕎麦が頂けると評判です。

趣あるかやぶき屋根の古民家店舗で気分があがります。
 (71093)

オススメはやっぱり美山産石うす挽きそば粉を使った手打ちそばです。
手打ちそばは、もりそば、地鶏せいろ、そば三昧(とろお・おろし・梅しそ)の3種類のみ。
一部、乾麺もありますが、圧倒的に手打ちそばがオススメです!
 (71092)

店内はテーブル席と和室のお座敷がありますが、この日は雪灯籠ということもあり、店内は満席御礼!お待ちもできていました。

味はもちろんのこと、目の前にかやぶきの里があり、最高のロケーションなので人気がでるのも当然ですよね。

美山にこだわった絶品のそば

 (71094)

ここはやっぱりオススメの地鶏せいろ(970円)と、美山はジビエも有名なので鹿のしぐれ煮(330円)を注文しました。蕎麦湯もうれしいですね。

かやぶき民家を模した器には鹿のしぐれ煮が入っています。
 (71096)

こちらは追加で注文した鹿のしぐれ煮。ジビエ特有のくさみや固さはゼロ。途中、蕎麦つゆにいれておそばと一緒に頂きましたが、この食べ方もGood!鶏とは違う旨味があり美味しかったです。
 (71097)

美山のそばは風味豊かで、芳醇な香りが際立ちます。
細打ちで柔らかくもちっとした食感、そば本来の旨味とのど越しが楽しめます。
そばつゆはさっぱりしていますが、地鶏の脂からコクがでていて美味しかったです。

蕎麦湯も頂いて、ごちそうさまでした。

観光地の食事処と侮るなかれ、美山の自然にこだわりぬいたお蕎麦は必食です。美山散策では欠かせない食事処ですよ。

お食事処きたむら クチコミ情報

お食事処きたむら 店舗情報

店名:お食事処きたむら
住所:京都府南丹市美山町知井北村
電話番号:0771-77-0146
営業時間:10:00~17:00 (季節により変更あり)
定休日:水曜日 (祝日の場合は営業、11月は無休)
店舗HP: http://www.kayabukinosato.com/kitamura.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部