2019年9月8日 更新

【苔ファンの方に】モシュ印・コケ寺リウムで苔を楽しもう♪

昨年人気だった「そうだ京都行こう」苔のアート作品展示「モシュ印とコケ寺リウム」。今年は参加寺院が8か所に増え、さらに楽しめそうです♪展示期間は2019年9月1日~12月8日です!(画像は昨年のものです)

苔のアート作品「モシュ印とコケ寺リウム」

昨年人気だった苔好きにはうれしいイベント♪
今年の参加寺院が5寺院から8寺院へと増え、パワーアップ♪
三千院、圓光寺、東福寺、建仁寺、常寂光寺、地蔵院、
祇王寺、妙心寺桂春院での展示です。
苔が美しい寺院ばかりなので、楽しみです♪
各寺院にモシュ印を1点、コケ寺リウムを3点展示されています。

モシュ印(東福寺)

 (162328)

モシュ印とは、苔のmossと御朱印を合わせて作られた名前で、
各寺院御朱印の文字の部分を苔で作成。
昨年は縦1.5メートル、横1メートルのビックサイズの御朱印が楽しめました!
文字の部分が苔であるせいか、立体感があり、苔が青々としていました。
御朱印をいただけるだけでもありがたいですが、大変珍しいものを観れてより有難い気持ちになりました♪
東福寺モシュ印

東福寺モシュ印

東福寺のダイナミックな書体の御朱印が苔で描かれています。
立体感があり、苔のモフモフぶりをじっくり観察(笑)
触れることはできませんが、しっかり見ることができるので、完成度の高さに感心しました。

コケ寺リウム

コケ寺リウムとは、苔テラリウムをヒントに、参加寺院の象徴的なお庭などを苔で再現し、
丸いガラス容器に入ったミニチュアのアート作品です。
 (162330)

コケ寺リウム(東福寺方丈 北庭)

コケ寺リウム(東福寺方丈 北庭)

重森三玲作庭の北庭がコケ寺リウムに♪
ミニチュアですが、見事に再現されています。
このモフモフ感、つい触りたくなりますが、残念ながら触れてはいけないんですよねー
苔を愛でたい方は楽しめるイベントですね!
東福寺方丈 北庭

東福寺方丈 北庭

コケ寺リウムは方丈に展示してありましたので、本物のお庭と見比べるのも楽しみの一つです。
北庭とコケ寺リウムの美しい苔に癒され、魅了されました。

「そうだ京都行こう」モシュ印・コケ寺リウム へのツイート

イベント詳細

イベント名:「そうだ京都行こう」2019年秋 モシュ印・コケ寺リウム
展示期間:2019年9月1日~12月8日
参加寺院:三千院、圓光寺、東福寺、建仁寺、常寂光寺、地蔵院、
祇王寺、妙心寺桂春院
展示時間:各寺院の拝観時間
料金:各寺院の拝観料

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m