2020年6月22日 更新

アベノマスク、どうしました? 私はコレに変えました

我が家には緊急事態宣言収束後に届いた政府配布の布マスク(通称アベノマスク)。すでに、スーパーでも簡単に不織布のマスクが手に入るようになっているし、記念品だな。と思っていたら、“物々交換”という新たな使い途があるようです。

不要な人から必要な人への橋渡し

 (186335)


世界的な新型コロナウイルス蔓延によるマスク不足。政府によるマスク不足解消に向けた3つの施策、シャープやアイリスオーヤマといったマスク生産施設への投資支援、マスクの転売規制、そして今回テーマになった政府配布の布マスク(通称アベノマスク)

友達などから「アベノマスクは寄付する〜」、なんて話を耳にしていましたが、どこに寄付するかを調べる気力もなく、まぁ、人生にこんな時代もあったなぁと振り返る記念品にしようと放置していたアベノマスク。でも、「不要な人から必要な人への橋渡し」をしてくれているお店があると教えてもらいました。

→ パンケーキミックス or ドリンク

 (186332)

まず1軒目は、京町家のハワイアンカフェ「Fukumimi」さん。ハワイアンカフェだけに、交換商品も「パンケーキミックス」または「1ドリンク(550円以内)」です。
最寄りは烏丸御池と便利な立地。一息つくのにも最適。

→ お食事券

 (186298)

次は、キョウトピの記事でもおなじみの「焼肉石屋」さん。府庁前店がリニューアルオープンした時には、ラブりんこと歌舞伎役者の片岡愛之助さんの大きなお花が贈られ、店内に立派なサインが飾られている著名人にも人気のお店です。

その「焼肉石屋」では、全店でアベノマスクと交換にお会計から500円引きのサービスが。ステイホーム開けの最初の外食は「焼肉石屋」へ!っていうのも有りですね。
 (186314)

→ 高級ノンアルコールビール

 (186302)

自粛規制が解かれたとはいえ、もともと引きこもりの私にとってほとんど生活は変わらず。出かけるのはビールを買いに行く時ぐらい。そんな私にぴったりの企画が、リカーマウンテンの「ノンアルコールビールをもらおう」企画。いま、事情があってアルコールが飲めないので、こちらの企画非常にありがたく、重い腰をあげて出かけることにしました。
 (186303)

じゃん!こちらがアベノマスクと引き換えできるノンアルコールビール。上の2例から推測するに、アベノマスクの等価交換は500円前後。こちらのノンアルコールビールも1本498円(+税)です。ノンアルコールビールに500円?高っ!世界50カ国で愛飲されるドイツのノンアルコール? 自腹では決して買うことがないと思うので、世界に愛される味をある意味タダでいただけるなんて、またとないチャンス。
 (186304)

正式名称は「ドイツ ラーデベルガー クラウスターラー」。
積まれた1本を左手に、マスクを右手にレジへ。とくに恥ずかしがる必要もなく、レジのお姉さんは手慣れた手つきでピッとバーコードを読むと、マスクと交換にビールをくれました。不謹慎ですが、わらしべ長者気分です。
 (186305)

350mlで1本500円の、日本のプレミアムなビールよりも高いノンアルコールビールなので、きちんとグラスに注いでいただきます。

当たり前ですが、普通のノンアルコールビールとは桁違い。何このコク?麦の香りもしっかりとして満足感が半端ない。1本では足りなくて、違うノンアルコールビールを飲みましたが、自家焙煎の豆から挽いて淹れたコーヒーとインスタントコーヒーぐらい味が違います。

ちょっと試しに飲んでみてーと言いたくなる過去最高ノンアルコールビールでした。

→ 無料の温泉入浴券

 (186318)

伏見区の竹田にある複合施設の「力の湯」。
地元の野菜が買える産直市場、フットサルコート、マッサージ、理髪店、ジム、カフェとそろっています。
日頃の疲れをいやすのにも最適な施設。
 (186327)

期限は6月末までと残りわずかですが、未開封のマスク2枚で、大人1名の入浴が無料になります。
平日なら700円、土日祝なら800円と、ほかの特典と比べてちょっとお得。

まだ、手元にアベノマスクがあり利用予定がない方は、有効活用の方法を検討されてみてはいかがでしょうか。
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

こにこに こにこに

オススメの記事

今注目の記事