2017年11月26日 更新

メディアで話題★おもてなしのアイスコーヒー★「コーヒー二軒目」【京都中央卸売市場】

テレビ朝日月曜日のアキナ便乗企画、二軒目にお送りするのはもちろん「二軒目」。 思わず「ただいま」と呟いてしまいそうな素敵なマダムの癒しのTea Spotでした。

卸売市場の集いの喫茶室

 (101012)

朱雀すし市場の脇にある細い通路の真ん中に位置し、
扉には薄手の黒いカーテンでやんわり外からの視線をシャットアウト。
なかなか一見さんにはハードル高き秘密の花園。
 (101013)

 (102165)

 (101014)

入店時はノーゲストで工事の業者さんが来ておりお取り込み中ながらも、歓迎のお声がけは忘れないさすが、商いのベテラン。
 (102166)

洒落たフォルムの洋燈が織りなす
セピアの空間。
ドライフラワーなど華やかさを兼ね備えた女性的なやさしさを
感じるエレガントな空気感。
 (102167)

壁には優しいタッチで描かれた絵画が掲示され、ギャラリー喫茶のような目を肥やす仕掛けもあり。
 (102170)

おもてなしレベルをあらわす
お手拭きは人肌程度に暖かい、厚手のしっかりしたお手拭き。
 (102168)

お席はテーブルとカウンターのミニマル空間。
カウンター奥には沢山の
コーヒーチケット。

メニューらしきものは
ないですが、わたしはお目当のアイスコーヒーを頂く事に。

グラスまで冷え冷え

 (101019)

アイスコーヒー(¥300)

アイスコーヒー(¥300)

ブロンズ色のテーブルに漆黒のアイスコーヒーがマッチング。
水出しコーヒー特有の濃さと風味がナイステイスト。
 (101017)

底にコーヒーをしきグラスごとごと冷やした
溶けても薄まらないコーヒー。
 (101018)

最後の最後まで冷たさキープ。
 (101015)

水出しコーヒーの機器。
皆様こちらをカメラに収めていくそうで、わざわざロープをとってくださいました。
 (102171)

暫くするとご常連が集い、
なんの躊躇いもなくお手拭きのあるウォーマーより
お手拭きを自らとり、ささっと新聞片手にカウンターに座る、奥様はささっとコーヒーをサーブしもう完璧な以心伝心ができています。
メニュー表が無いので定かでは
ないですが、かろうじて
トーストはあるようです。
 (101021)

テレビ拝見しましたというと恥ずかしそうにはにかむ、シャイでお茶目なマダム。
ソフトな眼差しに醸し出される上品な雰囲気に足繁く通ってしまう
お客様も多いのでは?
若造にも何度もありがとうとお見送りしてくださって、何だか恐縮。
 (101020)

卸売市場の活気に満ちた忙しない空気感を堪能した後、二軒目に訪れたい癒しの喫茶ルームでした。

二軒目 店舗情報

店名:二軒目
住所:京都市下京区朱雀北ノ口町62
電話番号:075-313-9305

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen