2021年1月11日 更新

【悲報】京都自然食レストラン元祖!オフィス街の胃袋支え37年の歴史に幕「びお亭」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区、烏丸御池駅にもほど近い場所の京都自然食レストランのパイオニア的お店。それが、昨年末に閉店。

働く人の健康と胃袋を支えた名店の閉店

 (199198)

中京区、地下鉄烏丸御池駅にもほど近い場所。三条東洞院交差点。

いつも多くの買い物客や観光客も行きかうにぎやかな場所。そして、オフィス街に立地することから、働く人が利用する飲食店も集中する場所でもあります。
 (199199)

そんな場所にある、昔から人気の自然食レストラン。京都では自然食レストランのパイオニア的なお店で、京都で自然食派の人なら誰でも知ってるような、そんなお店。根強いファンに人気で昼時はいつもにぎわうお店でした。
 (199200)

それが、昨年の12月にひっそりと閉店。37年の歴史に幕を下ろしました。おそらく自然食派の人に多大な影響を与えたお店。とても残念。
 (199204)

以下、以前来店した時の様子。
私自身は昼来店することがほとんどでしたが、夜も営業されていました。
 (199206)

 (199205)

ランチメニューは無農薬、低農薬、有機栽培のこだわり食材を使用しつつ、リーズナブルな値段で提供され、デイリーに利用される近くのサラリーマンやOLも多数でした。
 (199207)

店内でも、こだわり食材の販売もされていて、主に女性客が中心でしたが、健康に気を付ける人、子連れママやベジタリアンの外国人観光客まで幅広い客層にも人気でした。食材についても、丁寧に説明してくれたり、一つ一つの食材、生産者さんをとても大切にされていることが伝わるような。
 (199208)

肉ナシとはいえ、かなりボリューミーな日替わり定食。ご飯も玄米チョイスできたり、揚げ物やおひたし、漬物ありで、物足りなさなく、胃腸が疲れている時やデトックス感覚で食べたくなるような、そんな定食でした。

家庭的な雰囲気もほっこりでき、自然食がたまに食べる余所行きのものとしてではなく、日常食として成立するレストランでした。そのお店が閉店。

重ね重ねかなり残念ですが、37年にわたる営業お疲れ様でした。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

※すでに閉店しています。
名称:びお亭
場所:京都市中京区三条通東洞院西入ル梅忠町28 M&Iビル 2F

13 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事