2019年2月9日 更新

こぼれるケーキってナニ?嵐山「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」の斬新なスイーツ

どもこんにちは〜西のお店行きまくりのデブ子デラックスです★今回は前に記事にした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」の新メニュー「こぼれヴィーガンケーキ」を紹介します。こぼれるケーキって!?真相を探ってきました。

清凉寺近く、使い勝手バツグンのカフェ

 (143376)

丸太町通西端・嵯峨小学校のある交差点から、清凉寺へ向かう途中にある「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」。素材にこだわった、カラダに優しいスープ屋さんがコンセプトで、ベジタリアンメニューや、マクロビオティックの料理もあります。モーニングからランチ、ディナー営業もしていて、使い勝手のいいお店です。

新メニュー「こぼれヴィーガンケーキ」って何!?

 (143365)

ごはんものが多いですが、カフェ利用もOKでヴィーガンスイーツもあります。今回紹介するのは、PanBooならではのスイーツ。「こぼれヴィーガンケーキ」と名付けられたケーキで、素材にこだわっているのはもちろん、見た目がちょっとおもしろいんです。
 (143366)

注文すると、コップにみっちり具材が詰められた状態で、運ばれてきます。これだけでもちょっと変わった感じのスイーツですよね。どう食べるかというと…
 (143368)

このままでは食べられないので、コップを抜き取ります。コツがいりますが、自分で抜いてもスタッフさんに抜いてもらってもどちらでもOK。私は自信がなかったので、スタッフさんにお願いしました。
 (143369)

ゆっくりとコップを上に持ち上げると…
 (143372)

お皿にボロっと!いい感じに具材が”こぼれ”ました!!想像がついたかもしれませんが、これが”こぼれ”というネーミングのヒミツです。ヴィーガンスイーツで、こういう動きのあるものはあまりないと思うので、斬新かつ新鮮やん!個人的にはそう思いました。
 (143373)

こぼれっぷりはその時々で全く異なるので、これこそ一期一会。今回のこの残り方は、絶妙で芸術的ではないですか!?こぼれたのをすくいつつ、カタチをとどめているのを崩しながらいただきました。

どんな感じでこぼれるか、Twitterに動画をツイートしたので、よかったら見てみてください↓
 (143374)

このケーキはヴィーガンなので動物性やナッツは不使用。もっちり食べごたえあるケーキ生地には、とろりとした豆腐クリームが使われています。たっぷりフルーツに、ハートのライ麦チョコクッキーがいいアクセント。見た目以上にボリュームが感じられ、完食したらお腹いっぱいになりました。

フルーツは季節で変わるそうです。違う時期に食べる楽しみがありますね!私も違うタイミングで再訪しようと思います。
 (143375)

余談ですが、3/4放送・MBS「ちちんぷいぷい」のコーナー「お手伝いしよッ!」で紹介されるそうです(酒井藍ちゃんが1日お手伝いしてましたよ!)。放映後は混み合うと思うので、その前に出かけてみてくださいね。

しかももうすぐ1周年。いろいろ楽しみです♪

SHOP DATA

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

新店オープンラッシュの右京区・嵯峨小学校エリア。3月にオープンした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」は、嵐嵯峨山では珍しいベジタブル・マクロビ料理が味わえるお店です。
銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯をリノベーションした嵐山で1、2を争う人気のカフェ。もっちりふんわり生地はオンリーワンの味わいです。
"より優しくマイルドに"リニューアル☆嵯峨・嵐山エリアの貴重なコーヒースタンド「SARUT COFFEE (サルーコーヒー)」

"より優しくマイルドに"リニューアル☆嵯峨・嵐山エリアの貴重なコーヒースタンド「SARUT COFFEE (サルーコーヒー)」

嵯峨・嵐山エリアでは貴重な自家焙煎珈琲のお店「SARUT COFFEE (サルーコーヒー)」さん☆コーヒー一本勝負を貫いて硬派なイメージのお店ですが、今回のリニューアルではより居心地よく過ごせる空間になりました☆
嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨小学校近くに先月オープンしたカフェ「neige 喫茶とおやつ」。観光エリアにありながらいい意味で観光客向けでない、カフェ好きが喜ぶセンスいいお店。すでに感度高い方が来店していて話題です。
【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどの住宅街にあるおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」。日曜日のみ営業ですが、地元ではご近所さんを中心に憩いの場として重宝されています。親子で手づくりを大事に営まれているこちらをご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス