2016年2月15日 更新

岡崎 日本初展覧会!東京で人気を博しいよいよ京都へ!「細見美術館・春画展」【アート】【展覧会】

江戸時代を通じて製作され、性的で滑稽な芸術性の高い肉筆画や浮世絵版画を総じて「春画」と呼びます。そして、その春画は大名から庶民まで貴賤を問わず広く親しまれてきました。

そんな作品集めた日本初の展覧会。先行して行われた東京では入場者20万人以上と人気があり、話題を呼びました。そして、場所を移していよいよ京都へ。

日本初の春画展覧会

 (13129)

春画展 SHUNGA
  会期:2016年2月6日(土) ~4月10日(日)
     ※会期中展示替あり
     前期 2月6日(土)~3月6日(日)
     後期 3月8日(火)~4月10日(日)
 休館日:月曜日(3月21日は開館)
開館時間:午前10時~午後6時
     ※3月18日以降の金、土曜日は午後8時まで開館
     ※入館は、閉館の60分前まで
注意事項:18歳未満は入館禁止(身分証等を持参)

日本初となる本格的な春画展。西洋文化が取り入れられた明治以降は禁品扱いとされていました。東京展と同様に18歳未満の入場を制限あり。京都展用に一部内容を変更し、京都限定作品も登場。貴重な展覧会。この機会をお見逃しなく!

春画展への口コミ

春画展 基本情報

会場
細見美術館
住所
京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
電話番号
075-752-5555
関連URL

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

1月20日から京都国立近代美術館で始まるゴッホ展。すでに北海道、東京を巡回し、人気を博した展覧会。日本を愛し、日本に愛されたゴッホを探る展覧会がいよいよ開幕。
【京都国立近代美術館】絶賛開催中!華麗なるチューリップ文化の美・壮麗なオスマン帝国を物語る☆「トルコ至宝展」

【京都国立近代美術館】絶賛開催中!華麗なるチューリップ文化の美・壮麗なオスマン帝国を物語る☆「トルコ至宝展」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都国立近代美術館で本日から開催の展覧会。開催に先立ち、前日の内覧会に参加。その様子と見どころをお伝えします!
【京都建物めぐり】日本建築界の巨匠・安藤忠雄設計の名庭☆世界初の絵画庭園☆「京都府立陶板名画の庭」

【京都建物めぐり】日本建築界の巨匠・安藤忠雄設計の名庭☆世界初の絵画庭園☆「京都府立陶板名画の庭」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は北山通り沿い、植物園北口スグの場所にあるアート施設。陶板画で再現した世界の名画が並ぶ、建築家安藤忠雄設計の絵画庭園。
京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。
【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

30年ぶりとなる日本画の巨匠・東山魁夷の大回顧展が京都、東京で開催されます。開催に先立ち、展覧会会場となる京都国立近代美術館へ行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな