2016年5月23日 更新

肉食系におススメ~!!お肉料理が得意な、気軽に立ち寄れるカジュアルなビストロ♪☆「ラ・プティ・セヌ」

東山の駅からほど近い所にあるビストロ ラ・プティ・セヌ。

 (35335)

豚肉料理で有名な青山のローブリューなどで研鑽を積まれた増田太郎シェフが2013年東山にオープンされたビストロ。
 (35336)

店内には、豚の置物がいっぱい飾られています。
 (35337)

お店は、フランスにあるビストロのようなカジュアルな雰囲気。カウンター席はライブ感が楽しめそうです。

ランチは4種類の中から選べ、それぞれメインのお料理にサラダがついて1200円、+300円でデザートがつけられるので、デザートも頂きました♪

ランチはメインを選べます♪

 (35338)

<サラダ>
白ワインヴィネガーがほどよくきいたサラダ。
 (35339)

<バゲット>
 (35340)

<牛肉とじゃがいものグラタン>
熱々でチーズたっぷり、とっても美味しそう~♪
お肉がたっぷり入っていて、お肉の旨みがしっかりと感じられるグラタン。
 (35341)

じゃがいもはスライスで入っているのかと思ったら、マッシュポテトになっていて、チーズとお肉とじゃがいものハーモニーが最高~♪

食べ始めたら、スプーンを持つ手が止まらなくなっちゃいました~

デザートも本格的!

 (35342)

<デザート盛り合わせ>
ガトーショコラとオレンジのタルト、焼きりんご。

どれも美味しかったですが、オレンジのタルトはもっと食べたいくらいお気に入り!

プラス300円で美味しいデザートの盛り合わせが頂けるのですから、デザートもマストオーダーですよ!!
シェフは寡黙な職人肌タイプの方ですが、帰り際に「美味しかったです♪」と言ったら、にっこり笑って下さって、嬉しくなっちゃいました( *´艸`)

今度は、牛肉100%でつなぎなしの名物のハンバーグを食べてみたいなぁ~♪

自家製の生ハムやソーセージも美味しそうで、夜にアラカルトで、ワインと一緒に色々楽しむのも良さそうですね^^

肉食系におススメの気軽に立ち寄れるカジュアルなビストロです!

ラ・プティ・セヌへの口コミ

ルンチ♪

A.Mさん(@iamu_eleluku)が投稿した写真 -

ラ・プティ・セヌ 店舗情報

店名:フレンチ ラ・プティ・セヌ
住所:京都市左京区古川町筋仁王門下る東門前町519-3 角屋マンション 1F
電話番号:075-771-0855
営業時間:11:30~14:30 / 18:00~21:30(LO)
定休日:木曜日
店舗HP: http://www.lapetitscene.com/
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

清水五条 【緊急告知】 あの洋食名店「コリス」がしばらく休業

清水五条 【緊急告知】 あの洋食名店「コリス」がしばらく休業

ボリューム満点、味も質も言うことなし!みんな大好きな祇園の洋食店「コリス」。さっき予約入れようとしたら、いつもの女性シェフがこのたび産休のため一時休業されるとのこと。んー残念!
【京都フレンチめぐり】芸舞妓も行き交う祇園の有名店!京懐石風フレンチでほっこり☆「祇園おくむら」

【京都フレンチめぐり】芸舞妓も行き交う祇園の有名店!京懐石風フレンチでほっこり☆「祇園おくむら」

祇園界隈ではわりと古株の有名フレンチのお店。最近では別業態のベーカリーも手掛けたり、百貨店にもデリのお店を出してたり。超有名すぎて、意外と未訪。行ってきました。
レトロな祇園の町家カフェ*体に優しいほっこりグラタン*「カフェ・オパール」

レトロな祇園の町家カフェ*体に優しいほっこりグラタン*「カフェ・オパール」

京都らしい路地に佇む町家カフェ。原色を多様した艶やかな個性派インテリアにぞっこん。フードめには化学調味料、白砂糖、マーガリン、ショートニング不使用。隠れ家ロケーションが探究心を燻る祇園の町家カフェの「カフェ・オパール」
旬の素材を使った京風の創作フレンチ「レストラン マエカワ」@祇園新橋の巻っす

旬の素材を使った京風の創作フレンチ「レストラン マエカワ」@祇園新橋の巻っす

祇園新橋にある食材にこだわった京風の創作フレンチ「レストラン マエカワ」でコースランチっす。
伝統とモダンが融合した空間で洗練された"キュイジーヌ・ナチュレール"を堪能「ランベリー京都」

伝統とモダンが融合した空間で洗練された"キュイジーヌ・ナチュレール"を堪能「ランベリー京都」

八坂神社の鳥居内にあるミシュラン1つ星のランベリー京都でランチを頂きました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう