2017年10月24日 更新

茶摘みや石臼体験もできる!お茶のテーマパーク!創業230年の福寿園が手掛ける「福寿園CHA遊学パーク」

創業230年の福寿園が手掛ける「福寿園CHA遊学パーク」では、茶摘みや石臼体験など様々な体験プログラムが用意されていて、子供から大人まで楽しくお茶を学ぶことができます。

老舗 福寿園でお茶を学びます!

 (86569)

京を代表する茶寮、福寿園。本場宇治のはもちろん、その人気は全国区で「福寿園 伊右衛門」として全国のコンビニや自動販売機でペットボトルのお茶が販売されています。
創業はなんと寛政2年(1790年)、230年近い歴史を持つ老舗中の老舗です。

今回は奈良との県境、精華町にある福寿園の研究所でもある「福寿園CHA遊学パーク」は、抹茶体験や茶摘み体験などができるんですよ。
実際に子供たちと一緒に体験にしてきましたので、ご紹介させてもらいます。

最寄り駅は近鉄 山田駅から徒歩10分ほど、また駐車場も完備です。
 (86573)

研究所のある建物の奥には、このようなスクール室があり、そちらで受付を済ませます。
事前に電話予約の上、伺ってください。現金だけではなくカード決済がありなのも便利です。

お茶に関連した書籍が多く並べており、また売店もこちらになります。

石臼体験、ほうじ茶造り体験、抹茶一服体験、茶道マナー教室など、多岐に渡るプログラムが用意されています。
 (92375)

スクール室にはショップも併設されており、福寿園のお茶はもちろん茶器、お茶を使ったお菓子なども販売されていました。
ぜひお帰りの際にでも、ゆっくり見ていってください。
 (86571)

 (92354)

受付を済ませれると、パンフレットとお茶が頂けます。
福寿園の美味しいお茶を頂いて、まずはほっこりと。
 (92369)

一通り説明を伺ったあとには、同じ建物にある資料館に移動して、お茶の歴史や福寿園の歩みを学びます。
ビデオなども使って、わかりやすく説明してくれます。
 (92373)

ガイドの方、一緒にまわってくまれます。
お茶の古い歴史に驚きます。
 (92370)

ある意味雰囲気のあるお人形ですが、全然怖くはありませんよ(笑)
この人形は動くのですが、お茶をいれる所作をしています。
 (92371)

 (92372)

日本だけではなく、海外のお茶の歴史、茶器なども多く展示されていて、飽きることなく楽しめます。お茶の奥深さを再確認できる資料館になっています。

一通り、資料館でお茶について学んだあとは、いざ体験の時間に入ります、
 (86574)

先ほどのスクール部屋には、石臼が用意されておりますので、ここで石臼体験してます。
抹茶の原料である碾茶を石臼で挽いて、その場でお抹茶をたてて頂きます。

石臼で挽いた抹茶を頂きます!

 (92374)

このように石臼、道具、お茶が一人ずつ用意されています。
 (92356)

碾茶をこのように挽いて、お抹茶にします。
これがなかなかの重労働で、子供たちには少ししんどそうではありましたが、
楽しそうに一生懸命、挽いていました。
 (92358)

石臼でひくと、このように抹茶になります。
 (92359)

ハケなどを使い、用意されたアルミ缶に抹茶をうつし濾します。
挽きたての抹茶からは、いい香りが広がります。
 (92364)

抹茶を挽けましたら、次はお抹茶をたてます。
道具が一通り用意されていますが、はじめての体験だと少し緊張しますね。
 (92361)

自分で挽いた抹茶を適量、器にうつします。
 (92362)

抹茶をたてていきますが、これがなかなか難しいんです。
ガイドの方が説明をしてくれ、実際に目の前でお手本をみせてくれますが、なかなか同じようにはいきません。
 (92363)

出来上がった、お抹茶を頂きます。
子供たちにとっては、なかなか上手にできない思いと同じく、少し苦い味わいだったようです。
 (92360)

お茶菓子とうか、館内で販売されている抹茶プリンもコースに含まれており、
自身でひいたお抹茶をかけて、食べると贅沢なひと時に。
貴重な体験もでき、美味しいお抹茶とプリンも頂けて、1200円(税別)なので結構なお得な体験です。

茶摘み体験もできます!

 (92366)

石臼体験がおわると、次は茶摘み体験(1000円)にすすみます。4月下旬~5月下旬、7月上旬~7月中旬の他、年間を通じて茶園にて茶摘み体験が楽しめます。
研究所の敷地内には、青々とした茶畑が広がります。
 (92365)

このように青々とした茶葉をつんでいきますが、コツをつかめば簡単なもんです。
 (92367)

袋には茶葉がこんなにいっぱいに。
普段よく飲むお茶ですが、自分で摘んでみるとより美味しく感じかもしれませんね。
この茶葉は持ってかえることができますので、自宅で煎ってお茶をいれてみてくださいね。
煎り方が書かれた説明書ももらえます。
 (92368)

最後にまたお茶とかりんとうを頂いて、茶摘み体験終了です。
同じ茶葉から作った緑茶と煎茶。煎り方によって味わいが全然違うので不思議なもんですよね~。
 (92377)

敷地内にサントリーの自動販売機がありますので、お土産に伊右衛門を買って帰るのも、思い出のひとつとして面白いかも。ただし、普通に販売されている伊右衛門となんら変わりませんが(笑)

普段から親しまれているお茶、福寿園での体験を通して改めてお茶に触れてみると新しい発見があるかもしれませんよ。
小学校中学年くらいから大人まで十分に楽しめると思いますので、機会があればぜひ行ってみてください。

福寿園CHA遊学パーク クチコミ情報

福寿園CHA遊学パーク 基本情報

名称:福寿園CHA遊学パーク
住所:京都府木津川市相楽台3-1-1
電話番号:0774-73-1200
申込方法:電話での予約制
見学時間:10:00~16:00 体験受付終了は15:00
所要時間:2時間ほど
定休日:不定休
関連ページ: http://www.fukujuen.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン