2018年6月3日 更新

祇園エリアの穴場ティールーム*ほそつじいへえ TEA HOUSE【祇園カフェ】

老舗綿布商が手掛ける紅茶専門店。限定フレイバー『祇園四条の香り』は祇園らしい華やいだ香りが広がるセレブリティな紅茶。四条通りでの優雅なTea Timeを確約してくれます。

花街で頂くリッチな紅茶時間

 (114864)

京阪祇園四条駅近く、四条通りにいちする、創業400年の老舗の綿布商「永楽屋細辻伊兵衛商店」がプロデュースする紅茶専門店。
一階は雑貨の販売、二階が喫茶となっています。
 (85078)

ムレスナ社のフレイバーティーが織りなす和の紅茶空間。
様々なテキスタイルが創り上げるアーティスティックな世界観はまるでミュージアムにいるかのような見応え抜群のインテリアです。
 (114872)

真っ赤なキャニスターとリンクしたかのような、
艶やかなブライトレッドがアクセント。
格子戸のパーテンション、梁を見せた大胆な空間使いがされています。

17種類ものフレイバーティー

 (114866)

ホットフレーバーティーは17種類ほどあり、香りの系統や、スパークリングやコンチネンタルミルクティーと提供方法もカスタマイズ可能。"京都祇園の香り"などこちらでしか頂けない限定フレイバーも用意されています。
 
祇園四条の香り  ¥972

祇園四条の香り ¥972

この日は数あるフレイバーより、こちら限定の"祇園四条の香り"を、
フルーツ主体か、お花やすっきりした柑橘系のツータイプより後者をチョイス。

祇園四条の香り…ローズ×ジャスミン×ラズベリー×アールグレイのブレンド。
香りの強いものがあわさった官能的でロイヤルなお味。
祇園四条の香り

祇園四条の香り

なかなか特別感のあるモダンなポットカバー。
味は、ジャスミンの香りが強くでているがカップに鼻を近づけると、フルーティな甘い香り。

付け合わせの和三盆も上品なお味。
ポットサービスで約カップ三杯弱楽しめます。
 
 (85077)

Free Wi-Fiはもちろんの事、スマホの充電コードの貸し出しもされていて機能的に過ごせる環境もGOOD。
ムレスナのフレイバーティーは販売もされていて可愛い包材はおもたせにも喜ばれそう。喧騒とは無縁の絶対的安定感、心静かにお茶と向き合いたい時お勧めです。

ほそつじいへえ TEA HOUSE クチコミでの評判

ほそつじいへえ TEA HOUSE 店舗情報

店名:ほそつじいへえ TEA HOUSE
住所:京都市東山区祇園町北側242 2F
電話番号:075-551-3534
営業時間:10:30~19:00(L.O.)
定休日:年中無休
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都カフェめぐり】円山公園内の100年余の歴史ある明治建築の洋館でティータイム!貴婦人気分の優雅な空間☆「長楽館」

【京都カフェめぐり】円山公園内の100年余の歴史ある明治建築の洋館でティータイム!貴婦人気分の優雅な空間☆「長楽館」

円山公園内にある京都市有形文化財にも指定された建物。明治建築の古い洋館内にあるカフェでティータイム利用。うっとりとするレトロな雰囲気が人気で、8月は歴史的文化財である広間を特別公開。偵察に行ってきました。
【メガネ×カフェ】お洒落にインテリジェンスにしっかりランチとティタイム☆ボア クレール【北白川】

【メガネ×カフェ】お洒落にインテリジェンスにしっかりランチとティタイム☆ボア クレール【北白川】

今出川通りを見下ろす開放的なカフェスペース。視力検査で用いるランドルト環がデザインされたカップでインテリジェンスなカフェタイムはいかが?
【京都おすすめパフェ】口どけまろやか、玉露かおる秀逸和パフェ☆京煎堂(きょうせんどう)【祇園】

【京都おすすめパフェ】口どけまろやか、玉露かおる秀逸和パフェ☆京煎堂(きょうせんどう)【祇園】

四条通りにお店を構える甘味処。ハイカラな雰囲気に浸りながら、ボリューミーな抹茶パフェを堪能。
河原町エリアの穴場カフェ☆リプトンプロデュースの秀逸紅茶パフェ「 ばらの木」【高島屋カフェ】

河原町エリアの穴場カフェ☆リプトンプロデュースの秀逸紅茶パフェ「 ばらの木」【高島屋カフェ】

紅茶の名店「リプトン」がプロデュースするカフェ。紅茶パフェは言わずもがなハイクオリティな傑作品です。
烏丸御池で気分はさながら英国貴族「ザ スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」【京都人気ティールーム】

烏丸御池で気分はさながら英国貴族「ザ スリー ベアーズ (THE THREE BEARS)」【京都人気ティールーム】

烏丸御池の英国といっても過言ではない人気ティールーム。高級感溢れるエレガンスさ、そして窓枠からのハイカラな風景、このドッキングはオンリーワン。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen