2018年7月1日 更新

【京都ランチめぐり】蕎麦マニア必見!数種類の蕎麦産地や挽き加減で巧みに食べくらべ!!手打ち蕎麦「いまふく」

驚きの手打ち蕎麦店。全国から集めた数種類の産地の蕎麦をそれぞれ違った挽き加減の自家製蕎麦粉を使った手打ち蕎麦が食べられるお店。

驚愕のバリエーションとこだわりの手打ち蕎麦

 (127826)

たまたま伏見界隈で別件の取材中の昼時。
以前他のライターさん情報みて、前から気になっていた手打ち蕎麦のお店。ちょうど近くまで来て思い出して行ってみることに。

師団街道沿い。京阪藤森駅と深草駅の間あたり。中の様子がまったくうかがえず、営業してるのかどうかもちょっとわかりづらい状態でしたが。

足元に小さな「商い中」を確認。まだ11時半くらいの早い時間帯。
 (127827)

お店のネーム入り外灯の下に本日のお蕎麦ということで表示が。

というか、こんなに種類あるの?とそのバリエーションに驚かされるわけですが。
 (127828)

入店のタイミングで、ご店主が提供に時間かかる旨を客に伝える。
まあ、あとでわかることとなりますが、そりゃこんなに手間暇かかってたら時間かかりますわな、と。

なので、そんなこと美味しい蕎麦が食べられるなら無問題!というお客だけが集うお店ということになります。
 (127835)

一番乗りの店内。4人掛けテーブル席2つ。わりとこじんまりとして、POPな雰囲気。店内にはクラシックが流れていました。
 (127834)

カウンター3席。カウンター上のガラスケースには魚介類が入っています。あと、天ぷら用の野菜たちも。
 (127829)

メニューチェック。
入店前に見ていた本日のお蕎麦表示からして、かなりいろいろな食べ方ができるメニュー構成になっています。

 (127830)

蕎麦は1~3種盛りと選べ、さらにその中で産地や粉の挽き方でもバリエーションが。
 (127831)

で、その蕎麦をベースに天ぷらがついたり。
 (127832)

天ぷらのネタにもバリエーションあったり。
 (127861)

さらに鴨汁ざる蕎麦であったり。今回は結局、こちらの鴨汁ざる蕎麦で蕎麦三種盛り。細・黒あら・白あら2550円を注文。

お蕎麦以外にランチはちらし寿司、デザートが付き、ちらし寿司は中か小を選べて、中をチョイス。
 (127862)

温かいお蕎麦もあります。
 (127833)

カウンター上には蕎麦見本が。石臼もちょうどカウンター上にありました。

で、あとあとわかったんですがお店のHPみると、こちら自家製粉を使用なわけですが、製粉具合によって、石臼も使い分けをしてるようで。さらに、ここのご主人の人柄がモロに出てるなぁと思ったんですが、製粉に使う機械たちをいちスタッフとして擬人化して大切に扱っていること。
HP→http://teuchisoba-imafuku.com/staff

こういうスタンスって、蕎麦にもきっと顕れると思うんですよね。そして、ちょっと楽しい方でもあり(笑)




 (127836)

そして、蕎麦登場。最初は白。三重産の十割蕎麦。
 (127837)

ちらし寿司、斬新フォルムです。球状の寿司飯に錦糸玉子、サーモン、マグロが乗っています。
 (127838)

これ見て、来たい!と思ったお蕎麦。よくある細切り蕎麦の両サイドに一旦木綿のような蕎麦2枚。これが食べたかったんです。
 (127839)

まずはそのまま細切り蕎麦を。ふんわりとした甘みと蕎麦の香りが口に広がる。
で、一旦木綿。細切り蕎麦だと喉ごしを楽しんで、あまり噛まずに食べてしまうことしばしばなんですが、この一旦木綿状の蕎麦を噛みしめて食べることによって、また違った味わいの蕎麦に出会えます。
 (127840)

さらに鴨汁につけて。
わりと甘めな出汁感や鴨の旨味もある出汁。とにかく具だくさん。鴨以外に、季節の野菜ですかね。茄子、インゲン、しめじなどたっぷり。
 (127841)

この鴨美味しかった。茨城・西崎ファーム産かすみ鴨。とてもジューシーでやわかかくて。たっぷり入ってます。
 (127843)

さらに、鴨肉団子も。いろいろな味がこの鴨汁の中に詰まっています。
 (127842)

ちらし寿司も崩しながら。寿司飯には白胡麻が混ぜ合わせてあり、ネタと錦糸玉子とのバランスもよく、イイ!
 (127844)

続いて、白あら挽き。こちらは栃木産。一旦木綿からその粗挽き具合がわかります。
 (127845)

お蕎麦は全て半量ずつ。ご主人が食べ終わったタイミングを見計らって、次の蕎麦を湯がかれるんですね。

最後、玄蕎麦の黒粗挽き。一旦木綿を噛みしめると、もやは蕎麦と言うより木の実のようなコク、風味が濃厚。どのお蕎麦も汁なしでも、塩でもいいくらいな。そんな美味しいお蕎麦。
 (127846)

最後蕎麦湯におろし生姜付。かなり濃い蕎麦湯ですぐには鴨汁と混ざらないような濃さ(笑)最後まで蕎麦味濃厚。

 (127847)

デザートは蜂蜜プリンと蕎麦茶のゼリーに黒蜜。

もう大満足です。で、人気です。平日ながら次々とお客さんが集うお店。予約が無難かも。日本酒がいろいろそろってたんで、夜また来てみたい!

ヨ~イヤサ~♪

いまふく への口コミ

詳細情報

住所:京都市伏見区深草町通町26
営業時間:11:30~14:00入店 【金~日】18:00~21:00(L.O20:00) 
定休日:月曜日
TEL:075-643-1958
公式HP:http://teuchisoba-imafuku.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伏見の隠れ家!マニアックな手打ち蕎麦店!種類豊富な蕎麦メニューが魅力的「 いまふく」

伏見の隠れ家!マニアックな手打ち蕎麦店!種類豊富な蕎麦メニューが魅力的「 いまふく」

伏見区、師団街道沿い京阪藤森駅と深草駅の丁度中間ほどに手打ち蕎麦を食べさせるお店「いまふく」のご紹介なり。
伏見の穴場店で3種の十割蕎麦を食べ比べ!「手打ち蕎麦 いまふく」@深草の巻っす

伏見の穴場店で3種の十割蕎麦を食べ比べ!「手打ち蕎麦 いまふく」@深草の巻っす

伏見の深草、師団街道沿いの手打ち蕎麦店「いまふく」さんで、3種の蕎麦食べ比べランチっす。
とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

京都伏見の大箱エンタメカフェ。創業当時から変わらない本格派洋食メニューにはスケールの大きさを感じるネーミングがずらり。オムライスメニューのとろける牛タンとデミグラスソースのマリアージュ。絶世の美女も唸るグルメオムライス。
京都蕎麦マニアの人気店!夜はアテも充実☆〆はもちろん絶品蕎麦!!手打ち蕎麦「いまふく」

京都蕎麦マニアの人気店!夜はアテも充実☆〆はもちろん絶品蕎麦!!手打ち蕎麦「いまふく」

全国から集めた数種類の産地の蕎麦をそれぞれ違った挽き加減の自家製蕎麦粉を使った手打ち蕎麦が食べられる、蕎麦マニアの間で評判のお店。夜のアテメニューもかなり充実。
"京都おすすめカレー" 華麗なるボリュームカレー「喫茶 うずら」【伏見カフェ】

"京都おすすめカレー" 華麗なるボリュームカレー「喫茶 うずら」【伏見カフェ】

伏見の住宅街に現るスパイスの魔物。喫茶カレーの域を超えたスパイスマジック。じわじわとくるスパイス魅惑のコーヒーとカレーが奏でる無限大に広がる深い味わい。カレー専門店顔負けのカレーバリエーションです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな