2017年12月16日 更新

【京都老舗喫茶グルメ】茶家伝来のハイカラ焼きうどん*「珈琲カトレヤ」【祇園カフェ】

おすすめは…「焼きうどんセット」英語ではHot boiled noodles set。巷の口コミでは明治時代から受け継いだ茶家伝来のルーツがあると言われるこちらの焼うどんは一風変わっていす。

茶家伝来のハイカラ焼きうどん

 (99933)

八阪神社から程近い四条通りにある落ち着いた雰囲気を醸し出す喫茶店。
目印は店頭にはキーヤンのデザインを施したクールな自転車。
 (100911)

クラシカルな店内

 (100908)

艶やかなダークブラウンで纏めた重厚な設えの店内。
アンテーク調の家具と生け花がモダンな雰囲気を醸し出しています。
ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

コーヒーはエスプレッソ系のメニューもあり。
via 食べログ
セットメニュー

セットメニュー

メニューは海外の方にも明瞭に、おおきな英文字表記がメイン。
フード類は全て単品ではなくドリンクセットのみとなっています。

インパクトありのビジュアル

食べログ (101001)

こちらは以前使われていたものかと思われる明治時代から伝わる伝統的な焼うどんを謳ったメニュー表。
via 食べログ
焼うどんセット(¥1200)

焼うどんセット(¥1200)

この日は焼きうどんセット、英語で書かれたメニューには
Hot boiled noodles set。
空いていたためさほど待たずにサーブ、
お好みで。と昔ながらのお醤油さしに入ったおそらく
濃いくちのお醤油。
 (85414)

上には麺がすっぽり隠れるほどのざっくり荒切りされた千切りキャベツ、
下にはもちもちした麺に焦げ目がよくついた炒り卵とベーコン。
緬の薄茶からは想像しがたいほどに、お醤油の味がついていて甘みのある
キャベツとナイスコンビネーション。
但し始めからお醤油をかけると、
だだがらくなるので様子をみながらほんのすこしづつ足していくのが美味しく頂くコツです。
 (100999)

海外のお客様の来店の際にはフォークを出されるのか、そして
フォークで食べる姿はいささか想像しがたいです。
コーヒーはスリムなフォルムのカップでサーブされ
口に入れた瞬間広がる香り、すっきりとした美味しいコーヒーでした。
 (85413)

気取らないもてなしと、風格漂ういにしえの趣、
長く愛される術を身につけた祇園を代表する老舗喫茶店のような気がします。

祇園喫茶 カトレヤ クチコミでの評判

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知る人ぞ知る祇園の名喫茶|きらめきのレトロ純喫茶*ラテン【祇園四条】

知る人ぞ知る祇園の名喫茶|きらめきのレトロ純喫茶*ラテン【祇園四条】

和モダンなカフェや喫茶店が軒を連ねる祇園界隈。白亜の扉の先に広がる豪華絢爛、煌びやかなステンドグラスに青の世界。非日常て異空間へ貴方をナビゲートします。
レトロな祇園の町家カフェ*体に優しいほっこりグラタン*「カフェ・オパール」

レトロな祇園の町家カフェ*体に優しいほっこりグラタン*「カフェ・オパール」

京都らしい路地に佇む町家カフェ。原色を多様した艶やかな個性派インテリアにぞっこん。フードめには化学調味料、白砂糖、マーガリン、ショートニング不使用。隠れ家ロケーションが探究心を燻る祇園の町家カフェの「カフェ・オパール」
映画にでてきそうないにしえ喫茶★トースト Meets カレー★「菊しんコーヒー」【東山安井】

映画にでてきそうないにしえ喫茶★トースト Meets カレー★「菊しんコーヒー」【東山安井】

生活感ある景色に馴染む古き良き純喫茶。最近発信されたSNSや紙面にはレモントーストでお馴染み。 こちらも良いですが【バタートースト×カレー】の組み合わせはつけ新定番にしたい喫茶味覚の感動体験。そしてそのお供のサイフォンコーヒー。さぁ、つけパン浪漫を求め出かけましょう。
【京都モーニングめぐり】老舗珈琲店仕込みの正統派!7時からオープンで朝カレーもあり〼「やまもと喫茶」

【京都モーニングめぐり】老舗珈琲店仕込みの正統派!7時からオープンで朝カレーもあり〼「やまもと喫茶」

祇園白川にもほど近い場所にある正統派喫茶店。朝7時から営業していて、メニューバリエーションも豊富。朝活観光の合間にモーニングをいただきました。
”鍵を開ければ異空間”知る人ぞ知る、ショコラと天使の秘密の小部屋☆「エンジェルライブラリー」【祇園カフェ】

”鍵を開ければ異空間”知る人ぞ知る、ショコラと天使の秘密の小部屋☆「エンジェルライブラリー」【祇園カフェ】

川端通りにあるチョコレートショップ。『カカオマーケットバイマリベル』こちらの地下に『エンジェルライブラリー』という天使の勉強部屋があるってしっていますか?キーをもらいわくわく、ショコラタイムへご招待。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen