2019年4月17日 更新

世界遺産【上賀茂神社】に新しいコーヒースタンドオープン!「神山湧水(こうやまゆうすい)珈琲|煎」

式年遷宮を迎えている世界文化遺産の「上賀茂神社」に、「神山湧水(こうやまゆうすい)珈琲」が、4/10オープンしました☆合わせてオープンした「憩いの庭」で清々しい時間を過ごせます♪

上賀茂神社で美味しいコーヒーを

 (150058)

京都の名水である「神山湧水(こうやまゆうすい)」を護る上賀茂神社は、21年に一度という式年遷宮を迎えれ、その記念事業の一つとして「神山湧水(こうやまゆうすい)珈琲|煎」を開設されました。

日本最古の神社とされる上賀茂神社では、2600年の歴史において初めて常設のお休み処の開設で、
「憩いの庭」では檜で作られた円形のベンチに腰掛けながら、味の素AGFと共同で開発された名水「神山湧水」に合う珈琲を楽しめます。

直径18mの巨大な木をイメージした円形のベンチは、歴史にちなんで2600本の檜のパーツで組まれ、境内の中の「凛」とした空気を損なうことなく、落ち着いた雰囲気を作り出しています。
 (150055)

白いカップに白い蓋、スリーブも白地でこの場所にふさわしいカラーリングですね。

木製のトレイは、昨年の台風被害で倒木した材木を利用したものだそうです。
 (150098)

テイクアウト用のカップに入れてもらう、コーヒースタンドのスタイルが定着してきたからこそ実現したこのカタチ。

「神山湧水珈琲」ホットとアイスが選べます。
 (150100)

 (150105)

大きな案内がありませんので場所が少しわかりにくですが、本殿の方向ではなく、
社務所の横に店舗があります。
 (150101)

そして振り返れば本殿の方向、西の鳥居の場所に「憩いの庭」があります。
 (150104)

 (150095)

 (150097)

 (150096)

 (150109)

ベンチに座ると檜の香りがほのかに漂います。
フィトンチッドの香りは落ち着いた気分になるもんですね。

白砂に木々が配され、自然を演出した庭が広がり、ゆったりと珈琲を楽しむことが出来ます。

名水「神山湧水」に合わせた珈琲ということですが、もともと珈琲に合う柔らかい水なのではないかと思うくらい口当たりが良く、美味しい珈琲です。
水そのもののポテンシャルを感じますね。

世界文化遺産でもある、日本最古の神社でいただくという新しいスタイルの珈琲の楽しみ方

心安らかにいただいてみましょう(笑)

施設 基本情報

【神山湧水(こうやまゆうすい)珈琲|煎」】

■住所    京都市北区上賀茂本山339(上賀茂神社内)

■提供時間  10:00〜16:00

■定休日   なし

■駐車場   あり(有料)

■詳細ページ  https://www.agf.jp/concept/kouyama/

■上賀茂神社HP https://www.kamigamojinja.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し