2016年3月8日 更新

三条商店街 本場フランスが認めるガレット屋「BREIZH CAFE(ブレッツカフェ)」を見つけた♪【グルメ】

三条商店街付近を歩いていると、おしゃれなガレット屋さんを発見!新京極商店街と三条商店街が交差するとこから、ちょい東側でJEUGIAのお隣です。

 (21401)

昨年春にオープンしたそうで、外観もとっても素敵!

「BREIZH CAFE(ブレッツカフェ)」は、ガレットの本場フランスにて、「フランスで一番おいしいクレープ」として評価されているお店なんです。

2007年にパリでオープンし、ガレットに用いる具材や焼き具合にもこだわりがつまっています。
 (21403)

中は2階建てになっていて、レジカウンターで注文をして店員さんが持ってきてくれるスタイルのようです。
 (21405)

シックにまとめられた内装で、2Fも素敵な雰囲気ですね(*^_^*)

京都で、古きフランスとの出会い

メニューはこんな感じ。

ガレットとは、フランスのブルターニュ地方の伝統料理。そば粉100%の生地で焼かれ、卵、ハム、きのこなどの具を包んだお料理ですよ(^O^)
 (21409)

 (21411)

ランチタイムにはこんなセットも。

ガレットは、香ばしい有塩バターを塗って仕上げられています。もちろん注文されてから生地を焼かれるので、パリパリもちもちです。

『ソーセージのガレット』
 (21413)

わおー!めっちゃ美味しそう!ソーセージにマスタードソースがかかり、絶対間違いない組み合わせ~♪ボリュームもありそうでいいですね。

スイーツ系も気になる♪

スイーツ系のこちらは、クレープと呼ばれます。原料はそば粉ではなく、小麦ですよ。日本人にはこちらの方がなじみがありますね。

定番のチョコバナナ(フランスなので正しくはショコラバナナです)、京都らしい黒蜜きな粉に抹茶アイスといった変わり種もありますよ~。生地にもしっかり味がついているので、シンプルにバターとブラウンシュガーでいただくのもいいですよ(*^_^*)
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

グルメすぎるローストビーフガレット★クレープリー cafe363【河原町エリア】

グルメすぎるローストビーフガレット★クレープリー cafe363【河原町エリア】

御幸町通りのランドマーク的人気カフェ。自家製ローストビーフを使用したガレットはわさびソースの香りが尾を引くグルメな味わい。
【京都人気ブックカフェ】自家製パンと癒しのアンテーク空間*カフェ コチ(cafe kochi)【市役所前】

【京都人気ブックカフェ】自家製パンと癒しのアンテーク空間*カフェ コチ(cafe kochi)【市役所前】

安定した人気を誇るブックカフェの代名詞的カフェ。自家製パンを使った魅力的なパンメニュー、本と珈琲。 寛ぎの全てを持ち合わせた安らぎのブックカフェ。
Open365年末年始もあいてます「ドリップ&ドロップ・コーヒー・サプライ(DRIP&DROP COFFEE SAPPLY)」【京都三条】

Open365年末年始もあいてます「ドリップ&ドロップ・コーヒー・サプライ(DRIP&DROP COFFEE SAPPLY)」【京都三条】

365日休みなしの安定感はホステル×カフェの強み。アンダーグラウンド高感度カフェ「ドリップ&ドロップ・コーヒー・サプライ」(DRIP&DROP COFFEE SAPPLY)
ディリーユースにしたい万能カフェ★至福の美味しさお抹茶チーズケーキ*よーじやカフェ三条店

ディリーユースにしたい万能カフェ★至福の美味しさお抹茶チーズケーキ*よーじやカフェ三条店

皆さまお馴染みのよーじやカフェ。 カフェ激戦区三条通にありながら安定した人気をキープしているのは、カフェメニューとはいいがたい趣向を凝らしたメニューと、スタッフさんの爽やかなホスピタリティにあり。 フェイスカプチーノとシンボリックなドリンクにバリエーション豊かなスイーツやカジュアルイタリアン並みのフード達。 平日限定のリーズナブルにランチなど、 観光客のみならず普段使いしたい万能カフェ。
日本初の路面旗艦店!京都限定メニューも楽しめる「 JEAN-PAUL HÉVIN(ジャン=ポール・エヴァン)京都店 」10/25オープン【ショコラトリー】

日本初の路面旗艦店!京都限定メニューも楽しめる「 JEAN-PAUL HÉVIN(ジャン=ポール・エヴァン)京都店 」10/25オープン【ショコラトリー】

バレンタインデーの大本命チョコとしてもてはやされる「ジャン=ポール・エヴァン」。毎年開催のチョコレートの祭典「 Salon du chocolat(サロン・デュ・ショコラ)」でも高い人気を誇るショコラトリーですが、この度チョコ激戦区三条通りにオープン。日本初の路面旗艦店とあって話題沸騰です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー