2020年3月30日 更新

【京都ランチめぐり】コスパ最高の人気一汁八菜膳!旬の食材と土鍋炊きごはん堪能「食堂クウカイ」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区、川端丸太町上がった場所にある日本酒も楽しめる和食店。名物『一汁八菜膳』は旬の食材使用のおばんざいと土鍋炊きごはんが楽しめ、コスパも最高。

鴨川も目の前!コスパ最高の人気ランチ

 (181304)

左京区、川端丸太町通りを上がる。以前から小鉢の並ぶランチが有名で、前々からタイミング良ければ行ってみたいと思ってたお店「食堂クウカイ」
 (181302)

この日、とあるお店を目指すも臨時休業でランチ難民。もうどのお店もランチタイム終了する時間帯にこちらのことを思い出して。まだやってるとのことでギリギリセーフ。
 (181305)

もう14時ごろということもあり、店内は貸し切り状態。と言いつつ、この後お客が続々と遅いランチを食べに来店し、なかなかのにぎわいになりました。
 (181306)

店内はテーブル席と厨房側と壁際にカウンター席。お一人様でもふらっと気軽に入れるカジュアルな雰囲気。店内のシンプルな雰囲気も落ち着き、BGMには軽快なジャズが流れていました。
 (181307)

早速名物の一汁八菜膳1280円(税込)を注文。というか、これ一択です。メニューにはお盆に乗った料理の配置図が描かれ、一つ一つ料理説明があり、ライターにはありがたい(笑)さらにご飯は土鍋炊きのようで、しかも地元嵐山・巨椋のヒノヒカリとか。お味噌汁には善光寺味噌使用、と。
 (181308)

元々は居酒屋仕様のお店だったみたいで、その名残りで日本酒も充実。
 (181310)

で、ほどなくして登場の一汁八菜膳。これ見た瞬間、ランチ難民からの大逆転。ここで大正解であることを確信。
 (181309)

この日のメインとなるマリネサラダの鮮魚は丹後の脂の乗った鰆の炙り。これは日本酒呑みにはたまらない一皿でもあり。
 (181311)

小鉢のおばんざいも品よく盛られ、うっとり。
 (181312)

まずは鰆。
 (181315)

彩りよく、菜の花や赤、黄色、紫の3色の人参も添えられ、華やかな一皿でもあり。炙った香ばしさと脂の美味しさ。これは日本酒が必要です(笑)まあ、自転車だったので呑んでませんが。
 (181313)

京都産の青菜のお浸し。出汁が上品に効いていて、いい箸休めに。
 (181314)

土鍋炊きご飯はわりと粒感しっかり。
 (181316)

京都産里芋の唐揚げ。外カリカリ中ねっとり。うっすら下味が付いてて美味。
 (181317)

新ジャガイモのシラスのせ。細切りジャガイモのシャキシャキ食感。シラスのうっすらとした塩味。
 (181318)

鶏のから揚げと菜の花。揚げびたしになっていて、わりとしっかりとしたご飯やお酒に合う味わい。
 (181319)

鴨ロースも。
 (181320)

さらに京風出し巻きも。このちょこっと感がいい。
 (181321)

新玉ねぎのお浸し。菜花も散りばめてあり、彩りも鮮やか。
 (181322)

鶏とお揚げのひじき煮。ひじき以上に他の具材がリッチに配合され、こちらもご飯やお酒のお供になるしっかりとした味わい。
 (181323)

善光寺味噌使用のお味噌汁。お揚げたっぷり。
 (181324)

で、全て完食の壮観な画(笑)
 (181326)

小鉢に残る、小さくカットして埋め込まれた里芋の唐揚げ用懐紙。こんな細やかな配慮に、ちょっと感動。
 (181325)

ゆらゆらと波打つガラス越しにぼんやりと桜の薄ピンク色。鴨川の桜並木もすぐ目の前。お花見がてら立ち寄るのにうれしい一汁八菜膳のランチ。これはお値打ちですよ!

ヨ~イヤサ~♪

食堂クウカイ への口コミ

詳細情報

店名:クウカイ
住所:京都市左京区川端通丸太町通上ル東丸太町7
電話番号:075-762-6012
営業時間:11時30分~19時00分(月火木) 11時30分~15時00分(金土)
定休日:水曜日、日曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/marutamatikuukai
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな