2019年5月16日 更新

【京都ランチめぐり】隠れ家的知る人ぞ知るさぬきうどん名店!たっぷりランチは1000円以下で☆「浅右衛門」

おおきに~豆はなどす☆今回は京の酒処伏見にある知る人ぞ知るさぬきうどんの名店。1000円以下で食べられる穴子天丼付のセットは大人気。うどんの量もたっぷり選べるうれしいセットメニュー。

知る人ぞ知るさぬきうどんが美味しいランチ

 (152835)

伏見区、大手筋商店街から少し南へ。周辺は酒蔵も立地する場所。さすが酒処伏見です。

そんな場所にあるこちらのうどん店。この界隈に野暮用があり、この日はうどんが食べたいと思いネットで調べているとこちらがヒット。

意外と伏見には自家製の手打ちうどんの名店が多いことに気づきます。こちらもその一つみたいです。初訪問。
 (152836)

うどんだけでなく、丼ものもあります。そして、デザートも。
 (152837)

もちろんうどんと好相性の天ぷらも。
 (152843)

まだ11時台の早い時間帯だったので一番乗りでしたが、この後ぞろぞろとお客が集中。ご近所さんらしき雰囲気のお客が集まる地元密着型のお店みたいです。
 (152844)

店内は奥のカウンター席と手前にテーブル席で12、3人くらいのキャパですかね。わりとこじんまりとした雰囲気。
 (152838)

そしてメニュー。トッピングもいろいろ追加できるみたいです。
 (152840)

カレーうどんも名物みたいで、これも食べたかったんですが。
 (152839)

この穴子天丼のビジュアルにやられてしまい、お店で一番人気の穴子天小丼とおうどんのセット990円をチョイス。

おうどんはかけうどん、きじょうゆ、ぶっかけ、ざるの4種類から選べ、今回はざるチョイス。さらにうどんの量も選べます。通常小盛のところ、中盛をチョイス。大盛以上になると追加料金。
 (152841)

以前は大盛でも無料だったんですね。こういうサービス精神が地元に愛される所以かもしれません。

そして、要のさぬきうどんは年季の入ったうどん職人仙太郎さん(79歳)の前日仕込みのコシの強いこだわりうどん。
 (152842)

さらに、おだしや丼のタレに至るまで、このメニューに綿々とつづられた手書き説明を読んでいると、その熱い情熱を感じずにはいられません。
 (152845)

こんなわらび餅も自家製みたいですね。女子は好きそう。
 (152847)

で、注文した穴子天小丼とざるうどん中盛セット990円。このボリュームです(笑)
 (152846)

大きな穴子の1本揚げに野菜天はカボチャとオクラ。そして、濃いめのタレがかかっています。
 (152848)

ざるうどんは中盛でたっぷり。黒バラ海苔が天盛になっていて、つけ汁の薬味には青ネギ、胡麻、わさび。
 (152849)

 (152850)

まずはざるうどん。
さぬきうどん特有のコシの強さでシコシコ麺。それに黒バラ海苔の磯の風味。出汁も効いていて甘味も少しあり。出汁は上質な利尻昆布と京都の鰹節屋さんでは有名な福島鰹さんから仕入れられてるみたいです。間違いない出汁。
 (152851)

穴子天はこのボリューム。この甘辛いタレが丼には美味しいです。サクサク。野菜天たちも大きめでいい。
 (152852)

自慢のこってりタレ、いいです。ご飯泥棒。
 (152853)

そして、こういうところにお店の良さが見えます。
おそらく、出汁をとったあとの利尻昆布。自家製のつくだ煮にして、最後まで無駄なく使い切って提供。椎茸も一緒に炊かれ、ほんのり山椒風味もあり、美味しい昆布煮。これだけでお茶漬け食べたいような(笑)

このボリューム、クオリティーで990円はかなりお値ごろです。他の客もこれを注文されてて、人気メニューであることが伺えます。今度はカレーうどんも試してみたいですね。

ヨ~イヤサ~♪

浅右衛門 への口コミ

詳細情報

住所:京都市伏見区平野町59
電話番号:075-602-9208
営業時間:11:00〜14:30 / 18:00〜20:00
定休日:火曜日
公式サイト:http://shop-asaemon.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな