2017年11月30日 更新

日本第1号店がまさかの京都太秦!海外発ベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」10/15 オープン

アメリカやオーストラリアなど数か国に出店しているベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」。10/15に日本第1号店がオープンしましたが、東京ではなく京都、しかもまさかの太秦、大映通り商店街という驚きの立地!地元ではオープン以来オシャレでおいしくてフレンドリーと人気となっています。

イカすベーカリーカフェが太秦にやってきた!

 (106063)

 (105940)

半年ぐらい前になるでしょうか、新しいお店ができるらしいと地元で話題になっていたこちら。
海外のパン屋という噂が流れていて工事もされていたのですがなかなかオープンされないので、どうしたのかと思っていたら10/15に突然するっとオープンされました(笑)

今どきよくある「Coming Soon!」などといった予告なく、オープン数日前にひっそりサインが出されてのオープンだったのですが、それまで随分話題になっていたのでオープンするや否や地元客が押し寄せ、オープン数日は大賑わいだったそうです。

そんな「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」は、アメリカやオーストラリアなど数か国に出店しているベーカリーカフェで、ポップなデザインのロゴにぱきっとした黄色が目印。
大映通り商店街にはそういうサインがないのでひときわ目立っています。
 (105942)

オーストラリア店で働いておられた日本人とオーストラリア人とで日本第1号店を立ち上げられたそうで、東京や街ナカではなくまさかの大映通り商店街に出店されたのですから驚きです。
地元人にはうれしいのですが、本当にココでいいの?という心配も(笑)
あえてこういう立地で出店されたそうで、地域に愛されるお店になりたいとの事で、大映通り商店街というロケーションを選ばれたそう。
その狙いはすでに大当たりで、店内はママ友グループ、中高年グループ、おひとりさまなど…大映通り商店街らしい老若男女問わずで賑わっていて、ランチ時は満席になる事もしばしば。
オープン1ヶ月ほどですが、商店街大注目のお店になりました。

現地の方もおられ店内では英語が飛び交っていますが、日本人スタッフもおられるので言葉の問題はナッシング。そして皆さんフレンドリーで気持ちよく過ごせますし、海外のお店らしい解放的な雰囲気も感じられます。
 (105947)

 (105946)

ウッディな店内は外から見るとややダークで入りにくいイメージがありますが、いざ入ってみるとカントリー色豊かで落ち着けるインテリア。細部まで凝った造りで、ホンマに大映通り商店街?と思ってしまうほど。
木製のカウンターにはハードソフト問わず数多くのパンが並べられどれもおいしそう!
試食も置いてあり、味を確かめられるのもありがたいです。

種類によりますが、卵不使用だったり国産小麦、全粒粉使用だったりと、素材にもこだわったパンばかりで安心していただけます。
大きめポーションだけど手軽な価格なのも、普段使いにありがたいです。
 (105943)

 (106066)

ショーケースにはサンドイッチやスイーツも並びます。
これらは持ち帰りはもちろん、イートインもOK。
席数は多くありませんが、ボックス席のような造りでのんびりと食事やお茶が楽しめます。
 (105945)

レシピはオーストラリア店のを忠実に再現されているそうで、本場の味が楽しめます。
スイーツも同様で、海外らしい大きめサイズにテンション上がります!
ですがこれでも日本人向けに小さめに作っているそう。オーストラリアのはどんなサイズなのでしょう!?(笑)

イートインではホットサンドイッチを味わって

 (105955)

 (105956)

こちらはイートインのメニュー。オール手描きで味があっていいですよね。
オープンは8時ですがイートインは10時からで、朝昼関係なくオールメニュー注文できるそうです。
こちらのイチオシはホットサンドイッチや、たっぷりサイズなのにおかわり自由なドリップコーヒー。
その他自分でつくるオリジナルサンドイッチやサラダ、スイーツなど種類豊富。
ドリンクもカフェラテやノンカフェインの紅茶や緑茶やスムージーなど、カフェオンリーの利用としても申し分ないラインナップです。
 (105935)

という事で「デリーローズ」のホットサンドイッチとドリップコーヒーを注文。
ボリューミーという噂を聞いていましたがその通り。
たっぷりサイズのサンドイッチに、ピクルスとポテトチップスが添えられていて満腹になる事間違いなし。
 (105936)

ローストビーフやパストラミビーフに、玉ねぎやトマトなど野菜もたっぷり。どれもが溢れんばかりに挟まれていておいしそう♡
ホットペッパーチーズがぴりっと効いていて絶妙なアクセントがまたグッド。
パンはホットサンドイッチ用にわざわざ焼かれるそうで、ふんわり柔らかで卵風味がよくわかる味。
これはめっちゃおいしい!流行るのがわかります。

私は大食漢なので完食しましたが、食べきれない人も多いそうで、その場合はBOXに入れて持ち帰る事もできるそうです。
半分は自分、半分は家族に…そういう利用の方も多いのだとか。
これなら完食を気にせず注文できてうれしいですね。
 (105933)

 (106067)

こちらはブレックファストメニューで「スピンウィッチ」。もちろんほかほかで提供されます。
たまごやほうれん草、玉ねぎにパプリカやチェダーチーズで、朝ごはんといいながらもがっつり食べごたえある内容。こちらのパンもふんわりで絶品!
ブレックファストという名ではありますが、終日注文OKだそうです。
なのでホットサンドイッチは多いかも…という方はこちらが食べやすいかもしれません。
 (105948)

季節によって内容は変わるようですし、現在はクリスマスケーキとシュトーレンの予約受付中との事。
海外製ならではの、ボリューミーで濃厚なクリスマスメニューはいかが?

お客さんの意見も取り入れながら日々進化されるようですので、行くたび新しい発見があるかもしれません。そんな「The Yellow Deli」ぜひご利用くださいね。

The Yellow Deli on Instagram

SHOP DATA

住所:京都市右京区太秦多藪町14-11
電話:075-881-6886
営業時間:日~木曜日・10:00~20:00/金曜日・10:00~15:00(ベーカリーは8時から営業)
定休日:土曜日
アクセス:嵐電・市バス 帷子の辻駅下車 徒歩約5分/JR嵯峨野線 太秦駅下車 徒歩約10分

Instagram:https://www.instagram.com/the_yellow_deli_uzumasa/
H.P:http://yellowdeli.com/(英語)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス