2016年4月16日 更新

全国的にも珍しい手延べ麺が味わえる!普段使いにもピッタリな「中国家常菜 春来」@東向日

東向日駅前あたりでは非常に珍しい、手延べ麺を食わせてくれる中華店「中国家常菜 春来」のご紹介。

 (28914)

お店は駅の真ん前で、まず迷うことが無い場所。王将に珉珉となぜだかお手軽系中華料理店が多い駅前。駅前ということもあり、駐車場はなし。

カウンターが6席ほど、全20席ほどのこじんまりした、が、掃除の行き届いた空間。
メニューを確認すると、手延べ麺が¥800~¥900ほどで、おかず類なども20種類ほどスタンバイ。麺も旨そうなのだが壁に貼ってある惣菜系なものも旨そうなので厳選4種をチョイス。

麺類をお願いすると見事な手さばきでご主人が麺を伸ばしていくのが実演される、こちらはアマチュアが直ぐに習うのは難しい高度プロ級ですな。 お店の動画がYoutubeにUPされていたので、ご覧あれ~。

手延べラーメン 中国家常菜 春来

本場中国の古式製麺技術 手延べラーメン実演中 2005年開業の中国家庭料理店の中国家常菜 春来(所在地:京都府向日市)は 日本全国でも非常に珍しく、近畿圏内では現在唯一無二の手延べラーメンを店内のオープンキッチンにて実演販売中。

全国的にも珍しい手延べ麺

 (28915)

手延べ麺の担担麺¥900が登場。上から微細粉の花椒を振り掛けており、とても良い香りが鼻に突き抜ける。
そんなに辛くは無いが、このスープは非常に上質ですな。胡麻&ピーナッツ濃度高し、と言う感じ。塩分濃度も適切で非常に旨いです。
 (28916)

肝心の麺。やや太めでチャンポン麺程度だがもちもちむっちむちと食感良好。しこしこした腰とは違うのだが、確かにあまり他では頂けない楽しい食感ですな。シンプルな構成なのも印象良。これは非常に気に入りました。
 (28917)

このお店のキャラを一番適切に伝えるであろう、五目野菜ラーメン¥900なり。
繁華街の場末の古びた中華料理店で「五目ラーメン」というとこういうものがでくるであろう、と言う感じなのだが上質な麺が一段ランク上のお味に引き上げる。

この麺とこの塩野菜スープ、それに玉子が組み合わさると、なんとも普段使いには嬉しいお味になりますな。。

麺以外も絶品!

 (28918)

炒飯は¥550とお手頃価格。これは焼き飯ではなく限りなくシンプル系炒飯。

具は玉子とネギ、それに人参のみ!みたいな潔さなのだが、香味油の良さなのか隠し味の妙なのか、なんとも程よい味加減。ぱっらぱらのふあふあで、ま、期待以上のお味でした。
 (28919)

おかず系からチョイスしたのが牛ハチノスとニラの炒め物¥750なり。中国家常菜と名乗るだけあり、リアル中国系(でも、上品)みたいなピリ甘辛味にうっとり。ハチノスも下ごしらえ完璧でやわやわで食べやすい。中国ではこういうのはどんどん清湯系の麺類に乗っけて食ったりするんですよね。。旨し!

食べログでは、ラーメン店と思ってやってきて、薄味すぎて云々等お味が口に合わない人が多いようなのですが、こういう甘辛おかず系と一緒に頂くと良さが3乗倍されるちゃんとした中華料理店ですな。

我々は大満足なり。また地道に全メニューを制覇しにやってきそうな予感。ご馳走様でした。確実、また来ます~。

中国家常菜 春来へのクチコミ

中国家常菜 春来 店舗情報

店名:中国家常菜 春来
住所:京都府向日市寺戸町初田27-3
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:30 (L.O)
定休日:月曜日
TEL:075-931-5501

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。