2021年5月15日 更新

【京都ラーメン】やみつき注意♡ 家系豚骨・濃厚スープがクセになる『セアブラノ神』

京都の美味しいラーメン屋さんってどこですか?と尋ねれば、必ずと言っていいほど名前の上がる〝セアブラノ神〟噂通りの旨さ体感してきました♡

ランチタイムにさくっと、四条烏丸エリア

 (205913)

平日のランチタイムにもさくっと行けちゃう、オフィス街の真ん中、四条烏丸エリアにたたずむ『セアブラノ神』
この辺りは、ランチもラーメン屋さんも激戦区ですね。
本店は四条大宮にあり、錦のほかに伏見駅にも支店があります。
 (205914)

入り口で食券を買うシステム。
背脂醤油そばを食べる気満々だったのですが、ここへ来て人気No.1に惹かれ、気がつけば〝味玉家系ラーメン〟の食券を買っていました。家系となるものも実は食べたことがなく、こちらで家系初体験となります。笑
 (205915)

町屋を改装されてあり、奥へと長く続く店内。京都らしさが出ています。
店内入ってすぐのカウンター席、奥にはテーブル席もありました。カウンターには仕切り版があり、ソーシャルディスタンスではコロナ対策も◎。

満足感ハンパない濃厚ラーメン!

 (205917)

 (205918)

ニンニクと黒ばらのりがあらかじめテーブルにあるのは嬉しい。
 (205919)

背脂醤油ラーメンのつもりが、お腹ぺこぺこバロメーターが極限まで来ていたので、これはずっしり家系を攻めるか!と〝味玉家系ラーメン〟をキメてみました。笑
濃厚豚骨の香り、レンゲでスープをすくうと〝ドロリ〟としており、嗅覚と視覚が食べる前から刺激されまくり。じゅーぶんお腹空いてるのに、さらに追い込まれます。
 (205920)

 (205921)

麺の硬さとスープの濃さは選べるので、硬麺の味の濃さは普通でお願いしました。
ズルズルっとすするより、ズズズズズっとしたずっしり感は、中太麺にスープがよく絡み付いてるからでしょう。一口目からかなり印象的な味。
 (205922)

透き通る橙色、味がよく染み込んだ味玉。
ラーメンには欠かせない存在。
食べると黄身にも白身にも味がじゅわっと。
 (205923)

大きめの海苔は3枚、麺を包み込むようにしてズルズルとかき込むとまた美味しい。 
 (205924)

 (205925)

チャーシューはしっとり系。
その上のほうれん草も味付けは控えめ。
チャーシューの方は焼豚というよりはハム?のような感じ。
柔らかくてあっさりとしているので、こってりの麺とスープとのバランスもばっちり。
 (205926)

〝焼豚ユッケ丼〟
ラーメンでもじゅーぶん満足でしたが、気になったこちらも注文してみました。
 (205927)

角切りにされた焼き豚は甘めの味付け、そこに卵黄がのっけてあります。
食べるときに卵黄を崩せばとろとろの卵黄がご飯と焼豚に絡みついてうまさを包み込んでくれます。はぁぁ、美味しい。
 (205928)

こってり系で、ずっしりお腹いっぱいになって、もうお腹いっぱい!!!ってなるんですけどそれがまたクセになる。笑
思い出してまた食べたくなる中毒性!
是非皆さんも行ってみてください♡

お店へのアクセス

◼️住所
京都市中京区天神山町270
◼️お問い合わせ
075-746-3332
◼️営業時間
11:00〜16:00(ラストオーダー 15:30)
18:00〜21:30(ラストオーダー 21:00)
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ぐるみちゃん ぐるみちゃん

オススメの記事

今注目の記事