2016年2月22日 更新

京田辺 奈良の超人気店が京都へ「麺屋 あまのじゃく」 【豚骨醤油】

京都市から車で30分ほど、京田辺 麵屋あまのじゃくの紹介です。 本店は、奈良県富雄にありまして行列の絶えないお店です。

ぼくは少しの間、富雄に住んでいたこともあり、仕事帰りによ並んで本店のラーメンを食べていました。奈良まで行かずあまのじゃくのラーメンが食べれることになってうれしい限り。

なんと言っても「あまのじゃく」の目玉はとろけんばかりの炙りチャーシューです。ぜひ、一度食べてもらいです。

駅からほぼ近く、駐車場サービスもあり。

 (16903)

 (16900)

JRと近鉄のちょうど間あたりに立地しています。

車だと、京田辺の交差点 スーパー山田屋を目印に近鉄側に曲がり、居酒屋の時代屋の通りに入ってすぐです。

店舗正面にある駐車場と提携しているので、昼は30分夜60分無料になります。ご利用の際には、駐車証明書をとって、店員の方にご提示お願いします。
 (16904)

ありましたね、久しぶりのあまのじゃく。とっても楽しみです。
 (16907)

とんこつ醤油ちゃーしゅー(980円)が着丼しました。ネギとゴマのシンプルな装いです。

チャーシュー増しは結構濃い目になるので、素人さんには危険です(笑)
 (16910)

見てください。この炙りチャーシューを。ほんとホロホロですぐ崩れてしまいます。

オーダーが入ってから、1枚ずつ焼いています。
 (16912)

麺はにての通り細麺です。 濃厚な豚骨スープによく絡みます。
 (16915)

薬味には、ニンニクチップや紅ショウガなどがあります。替え玉を頼んた時の味変用にお使いください。
 (16917)

もちろん替え玉は注文しますよね。

この時タレをたしてくれるのがちょっと嬉しいです。
通(?)は、チャーシュー大盛りにして、替え玉のときに残しておきます(笑)

ニンニクチップや紅ショウガをたして、少し味を変化させて食べてください。

女子にはあっさり塩がオススメです。意外とデートでも使えるお店ですよ。
奈良を代表する人気ラーメンが京都で食べれるんだから、うれしい限り。

本店は夜のみの営業でしたが、京田辺店ではランチタイムも営業しているので行きやすいです。
たまには、ちょっと足をのばして京田辺までどうぞ。

ではでは。

あまのじゃくへのTweet

あまのじゃく 店舗情報

・店名  
麺屋 あまのじゃく 京田辺店
・住所
京田辺市田辺中央1丁目5-3
・営業時間  
11:00~14:30 / 18:00~25:00
・定休日  なし
・関連リンク
http://www.menya-amanojaku.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン