2017年10月11日 更新

「おおきにまいど!」の高木珈琲☆創ったのは3人のチャレンジャー達【京都・大衆派珈琲店】

高辻室町にある本店、そして烏丸高辻の烏丸店☆ビジネス街のど真ん中の珈琲店☆こちらのコーヒーカップの形を見たら、京都人なら誰でもピンと来ますよね☆そうなんです…あのイノダコーヒーさんとはおおいに関わりがあったのです☆

創業者は高木さんではない!?

 (97908)

「まいどーーーぁぅぃっすっ!!」

魚屋さんではありません
居酒屋さんでもありません

珈琲屋さんです(笑)

最初ビックリしましたけど、昔からこういう感じだったそうですね

ここはビジネス街ど真ん中
京都室町が景気良かった頃からのこのスタイル
蝶ネクタイの、背筋のビシっと伸びた店員さんの元気良さ…良いですね!

(写真は2012年1月のころ)
 (97909)

ところでこの高木珈琲さん
実は高木さんという方が創業されたのでは無いのです

あの京都を代表する老舗珈琲店「イノダコーヒ」出身の3人の方が共同出資して始められたんだそうです

高西さんの「た」
川辺さんの「か」
北村さんの「き」

「き」に濁音つけてゴロを良くしてつけたのが「高木珈琲」(タカギコーヒー)

豆の焙煎は2代目の北村亮さん
御陵にある「ガルーダコーヒー」北村さんのご主人です
高木珈琲2店舗とガルーダコーヒーの焙煎を1人で請け負い、
そして自ら烏丸店にも立たれています
 (97911)

自家焙煎を始められた頃は、やはりイノダさんの指導を仰いだそうです
コーヒーは、あくまでも脇役であって。僕自身もそういう立場なんですよね。うん、いや、ほんとにね。コーヒーにもそういう思いを込めて、脇できらりと光るいぶし銀を演出してくれよ、と。あとはお客さんがみなさん自由に、元気にしていてくれたらいいと思っています。

談 : 北村亮

烏丸店はちょうどリニューアルされたところ

 (97927)

これは以前の東側
 (97928)

 (97923)

だいぶんスッキリしましたね
 (97925)

これは以前の烏丸側
 (97924)

 (97929)

 (97926)

スッキリされてはいますが印象を大きく変えないリニューアルです

店内はもっと変わらないでしょうか?(苦笑)

そういうさじ加減は、何が大事な要素なのか…もちろんですが分かってらっしゃる訳で…
常連のファンの方も安心されたのではないかな?

京都の喫茶店文化の担い手として永く続いてほしいですね

高木珈琲 口コミ情報

高木珈琲 基本情報

■店舗名    高木珈琲(タカギコーヒー)

【本店】
下京区高辻通室町東入骨屋町175
☎075 -371 -8478
7時~19時(日・祝は18時まで) 不定休

【烏丸店】
下京区烏丸通松原上ル因幡堂町711 西田ビル1F
☎075 -341 -7528
7時~19時 無休

■禁煙・喫煙  喫煙可

■駐車場    なし

■詳細ページ  http://takagi-coffee.jugem.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し