2017年7月10日 更新

世界初「京都のお座敷スタバ」を最速紹介! 東山の二寧坂にオープン!

いよいよ明日30日13時にオープンする「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」を取材してきました。エントランスから庭へと続くアプローチ、質感高い内装。階から見える景色、お座敷に流れるゆっくりした空気、、どれをとっても「ここにしかないスタバ」です。

開店!世界初の「お座敷スタバ」

 (85010)

2017年6月30日、京都が誇る観光地、東山の二寧坂に「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」がオープンします!
エントランスから庭へと続くアプローチ、質感高い内装。階から見える景色、お座敷に流れるゆっくりした空気、、どれをとっても「ここにしかないスタバ」です。抹茶系のフラペチーノが絶妙にマッチする空間となっています。
 (85007)

高台寺から清水寺へと続く風情ある街並みにオープンするスタバは、世界初の「お座敷スタバ」!!先日、プレスリリースが発表されましたが、国内はもちろん世界中から注目を集めています。
このお店のオープンに向けては2年半も、改装の方法や近隣の皆様との合意形成に時間をかけたそうです。
 (85030)

この町屋が6月30日オープンする「「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」になります。世界で唯一、暖簾をくぐって入店するスタバです。
周辺の景観を最大限に配慮し、スタバを示すサインは看板ひとつと暖簾のみです。看板はちょうどブルーシートが掛かっている部分ですね。
この町家のオーナーはヤサカタクシーで有名な彌榮自動車さん。同社とスタバの縁は古く、約20年前、京都におけるスタバ1号店の出店の際に遡るのだそう。
 (85001)

暖簾をくくった先には、東山花灯路をイメージしたカウンターと庭から入る通り庭のような空間が広がります。この建物を形状を最大限に活かした造りになっています。
 (85002)

こちらがカウンターです。こちらでバリスタがお客さんをお出迎えいたします。
 (85004)

店内を奥にすすむと奥庭が見えます。庭にはそれぞれ印象的なつくばいなどが設置されていて、細かい演出にも抜かりがありません。
 (85005)

奥には手前にはエスプレッソバーカウンターも用意されています。
 (85006)

 (84995)

 (85000)

 (85003)

 (84999)

2階は靴を脱いでくつろげるお座敷席

 (84992)

2階には靴を脱いでくつろげるお座敷が3部屋用意されています。
頭を悩ませたのは、内装だけでなく「床の間に何を置くか?」といった細かい演出だったそう。
 (84991)

1番広いお座敷にはコーヒー発祥の地、エチオピアで作られた木の器とコーヒーの生豆が飾られています。
 (84993)

丹後の素材を張地に使用した座布団が用意されており、細かいところへも京都へのこだわりを感じます。
 (84994)

各部屋に設けられた床の間には、コーヒーストーリーが表現された掛軸が展示されています。こちらも京都の文化、西陣の技術と素材を活かした布を使ったスタバオリジナルのものです。
 (84996)

2階からのニ寧坂界隈が一望できるます。人気の席になること間違いなし!
 (84997)

 (84998)

インパクトがある企画ほど、水面下で長い時間をかけ、縁に基づいて実現しているのだなと改めて感心しました。
話題になること間違いなしで、日々、行列の整理が大変と思いますが、お客様への新しい京都文化の接点として、ぜひ盛り上げて行ってほしいですね(^^)
出典:とっておきの京都
https://www.facebook.com/075kyoto/

スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店 店舗情報

店名:スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店
住所:京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町349番地
営業時間:8:00-20:00
※6月30日(金)の営業時間は13:00-20:00となります。
定休日:不定休
関連URL:
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2017-2182.php

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のぞみ のぞみ