2016年9月9日 更新

嵐山*「嵐響夜舟」で風流な秋の夜を☆9/27まで!!【イベント】

先日こちらでご紹介した嵐響夜舟(らんきょうやふね)。現在開催中なのでその様子をご紹介いたします。

 (53938)

 (53939)

嵐山の夜景を舟から眺めてみる

 (53941)

 (53942)

9/26は中秋の名月。「お月見舟に乗り、川上から渡月橋越しに月を眺める」というコンセプト通りのお月見を期待したのですが、あいにくの曇空で雲の合間からちらちら見える程度。

それでも舟を楽しもうと多くの方が列を作り乗船を待っていました。列に並び乗船を待ちます。
 (53944)

15分ほどの舟遊び

 (53946)

 (53947)

乗船場のあたりでは音楽祭が同時開催されており、山本朗生さんの横笛演奏が。美しい音色に静かな夜景、雰囲気満点です。

船頭さんの案内のもと、いよいよ乗船。列に並びましたが10分程だったので苦にならずに待つことができました。
 (53949)

 (53950)

乗船してしばらくするとこんな舟が近づいてきました…

そう、屋台舟です。上手に横にくっつけ商売(笑)。おでんなどおいしそう…実際買われているお客さんもいらっしゃいました。

さくっと販売後はさっと離れ別の舟へ。その間数分。慣れてらっしゃるのでしょうがなかなか鮮やかでした。
 (53952)

だんだんと闇に包まれ…

 (53954)

 (53955)

時間が経つにつてあたりは闇に包まれ、幻想的な雰囲気に。川岸での音楽も雰囲気を高めてくれます。

淡く映しだされる渡月橋や他の舟の灯りの中を、ゆったり舟は進みます。川面のひんやりした空気も心地いい。
 (53956)

 (53957)

また船頭さんの、小倉山の名前の由来などいろんなお話が楽しくためになるものばかりで、気がつけば下船タイム。あっと言う間の舟旅でした。

普段あくせく過ごしていて、こういう時間の過ごし方なかなかなかったかも。15分程度でしたが、のんびりゆったりできてステキな時間でした。

このイベントは本日も開催。今日は満月のお月様が見えるかも?嵐響夜舟で雅で風流な雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

余談ですが…

 (53959)

下船したら、嵐山通船のゆるキャラ「船頭の通さん」が!(笑)この通さん「平安時代生まれの「おじいちゃん」で、大きな顔とつぶらな瞳が特徴。

嵐山の魅力を国内外の観光客に伝えるため、再び船頭の仕事に復帰した」そうで、かなりのおじいちゃんですが(笑)なかなかかわいかったです。なのでつい記念撮影!今夜もおられるかもしれませんよ〜

嵐響夜舟(らんきょうやふね)のクチコミ

嵐響夜舟(らんきょうやふね)

開催日:
9月26日、27日
時間:
17:30〜19:30
料金:
1名500円
アクセス:
嵐電嵐山駅より徒歩約5分、JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅より徒歩約15分
関連URL:
http://www.arashiyama-kyoto.com/info/001582.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス