2020年7月24日 更新

【京都ランチめぐり】庶民派食堂風だが本格手打ち蕎麦絶品!地元客にぎわう名店「京味菜わたつね」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区柳馬場三条上がった場所にある、地元民や常連客に人気のお店。一見うどん蕎麦丼一式の食堂風だが本格手打ち蕎麦が食べられる使い勝手のいいお店。

定食あり手打ち蕎麦あり!地元民に愛されるお店

 (187946)

中京区、柳馬場から三条通上がった場所。もう記憶もないくらい昔、お蕎麦の名店ということで食べに来たことがあったお店ですが、この日映画鑑賞前にサクッとランチをしようとやってきました。ちょうど梅雨の晴れ間で暑くなり、冷たいお蕎麦が食べたくなって。
 (187948)

わりと古いお店で、昔からあるイメージですが創業60年余り。
 (187947)

店内で地元京都の京北やさいも販売。ちょうどお店入ったところに野菜が並んでいました。

お店の食材として地元産中心に使用されていることがわかります。
 (187966)

店内は気取らない雰囲気のアットホームさ。テレビやマガジンラックもあります。この時まだ11時半でしたが、ご近所の方や常連客中心に徐々に混み出す時間帯。
 (187949)

そしてメニュー。冷やし系。
石臼挽きの手打ち蕎麦があり、それも二八だったり十割だったり、本格手打ち蕎麦店の様相。かと思えば、うどんもあり。
 (187950)

こちらは温系うどんそば、丼、定食も。定食に至ってはとんかつや海老フライなども。そして、どれもお手軽価格で庶民派。
 (187951)

さらには丼と麺類のセットメニューも。メニューを見る限りでは、庶民派食堂的。うどんそば丼一式あります、みたいな。

 (187953)

で、さらにさらにメニューはこれだけにとどまらず、壁にもいろいろメニューが貼られています。

季節の食材を使ったものあり、さらに本日のおすすめも麺類と定食、さらにケーキやご飯ものまでもあります。洋食定食もあり、とにかく情報が多すぎて、チョイスはおろか消化しきれないほど(笑)迷いに迷います。
 (187954)

そうかと思えば、蕎麦が滋賀県竜王産といい、京北やさいといい、この米ぬかケーキといい、いろんなメニューを展開しつつ食材に対するこだわりも感じます。

今回は京北やさいが気になり、さらにお蕎麦が食べたかったので、壁に貼ってあったメニューの季節野菜天おろしそば1100円(税込)をチョイス。
 (187955)

しばらくすると、こちらが登場。カラフルな夏野菜の天ぷらが乗っています。
 (187956)

蕎麦つゆをかけて。
 (187957)

まずはお蕎麦を。
この時点で驚き。最初店の設えから、庶民派食堂的なお蕎麦を想像してましたが、見るからに本気のやつ。粒粒とした蕎麦粉感はまさに石臼挽きの証し。わりと細めの手打ち蕎麦。食べてみると、蕎麦の香りとほのかな蕎麦の甘み。これは手打ち蕎麦専門店で食べるレベルのお蕎麦。
 (187958)

季節野菜の天ぷらとして、ズッキーニ。
 (187959)

 (187960)

他、ナス、つるむらさき、ヤングコーン、パプリカ、甘長とうがらしの天ぷら、大根おろし、九条ネギなどさっぱりと。

 (187961)

あと、地味めながら冷やした緑茶を頂けるのが自分的にはポイント高いです(笑)

なんとも家庭的雰囲気ながら、本格手打ち蕎麦あり定食ありでとても居心地よく使い勝手のいいお店。ランチ難民になった時の避難場所としても最適。今度は鴨せいろやら定食やら一通り攻めたい、そんなお店でした。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

店名:京味菜 わたつね
場所:京都市中京区柳馬場通三条上ル油屋町94 綿常ビル
電話番号:075-221-5957
営業時間:11:00~20:00(L.O)
定休日:日曜・祝日
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな