2019年5月20日 更新

【京都中華めぐり】満漢全席を思わせる驚愕のメニュー数!遊び心満点な創作チャイニーズ☆「アルバーチョチャイナ」

おおきに~豆はなどす☆今回は河原町四条下がった場所にある中華料理店。遊び心満点のメニュー構成と驚愕の品数の多さ。しかもコスパ最強。

膨大なメニューに驚愕

 (153143)

ずっと来たかったお店。
一度ランチに、と伺いましたがお休み。こちらでは前日のディナーの食材でランチ営業されるため、それがない場合はランチ営業はお休み。なんとも合理的です(笑)

で、今回は確実に入店できる夜、しかも予約しました。
 (153144)

お店の外観的には中華料理店には見えず、ランチで店を探した時も最初ここが目的地とわからず。看板にはエロい雰囲気すら漂っています(笑)

『愉快的』中華はおいしい、がコンセプトなんですね。この後その意味がわかることになるんですが。

 (153145)

予約の段階でおまかせのコースメニューがあります、と聞いていて、単品を注文していろいろ攻めようと思ってましたが、コースメニュー表を見て驚愕。これ全部?しかも3500円??と。
 (153146)

店内はカウンター席とテーブル席で20人弱くらいのスペースでわりとこじんまり。
 (153147)

お酒のメニューはこんな扇子の骨に一枚一枚書かれていて、広げながら見ます。瓶ビールを注文。

で、料理メニューなんですが、おまかせコースメニューがあの状態だったので、単品メニューも膨大な種類。最初そこから選ぼうと吟味してましたが、とりあえずこの日の店の一押しが網羅されてるおまかせが手っ取り早いかな、と(笑)いや~100種類くらいあったんじゃないですかね。
 (153148)

で、おまかせコース。まずは前菜。こちらの名物的前菜みたいです。大きな角盆に豆皿が12種類並びます。

これ全部書かなきゃいけないのか!とちょっと今泣きそうになってます(笑)
新じゃがえびみそ炒め、オイスターリーフ、かぼちゃの雪菜炊き、白菜甘酢漬、キュウリの食べるラー油乗せ、野三つ葉北京マスタード、大原産生キクラゲの椒麻、新キャベツのクミンシード和え、冷トマト葱塩醤、みずき菜棒棒ゴマダレ、ふだんそう椒麻、赤タマネギ大陸スパイス、以上(安堵)

 (153149)

こちらでは京都の地野菜を積極的に使ったメニューが自慢で、さらにちょっと見慣れない変わった野菜もあり。

中でも、こちらは紫色の空豆。焼いてありましたが、旨みの濃い空豆。前菜の食材そろえるだけでもかなりの情熱を感じます。
 (153150)

小龍包、あしたば野菜饅頭。熱々。
 (153151)

あしたば独特の風味が個性的な小龍包。
 (153152)

さらに小皿料理。
バイ貝台湾屋台風、よっぱらい甘エビ、春巻きはエビ、豚肉の2種類。よだれ鳥。
 (153154)

よだれ鳥のソースが濃厚。胡麻感より味噌感が強い。黒豆味噌みたいです。スパイスも効いてます。
 (153153)

蒸した新玉ねぎの肉みそソースかけ。新玉が甘い!
 (153155)

青椒肉絲。ピーマンのシャキシャキ感。
 (153156)

点心3種。焼売、エビ餃子、ニラ餃子でしたかね。これはメニュー表にはなかった。
 (153157)

タコの宮保ナッツ炒め。ナッツ類がゴロゴロと入っていました。
 (153158)

サバを紹興酒、八角などで中華風の煮物に。
 (153159)

破竹。メニューには『揚げ』になってましたが、たぶん焼き。スパイス塩がかかっています。筍の味がシンプルに楽しめます。
 (153160)

モンゴイカ香港サテソース炒め。イカも花切りに。青梗菜もいい食感。
 (153161)

串揚げのエビマヨ。
 (153162)

手切りミンチのレタス包み味噌。
 (153170)

手羽先スパイス揚げ。ビールがすすみます。
 (153171)

これも名物メニュー、麻婆豆腐。画像ありませんが、カッコいい土鍋入り。
 (153172)

大きめの木綿豆腐。四川省の朝天唐辛子や花山椒使用でほどほどの辛さで風味よい麻婆豆腐。
 (153173)

濃厚で絶品でした。黒酢の酢豚。残ったソースを舐めてました(笑)
 (153174)

うぐいす豆ごはん。豆が美味しかった。素材の味の力強さ。
 (153175)

中華そば。和風ですね、ナルト入り。
 (153176)

これは追加で食べてみたかった、黄金タマゴの生チャーハン。1100円。
こんなの初めて。ちょっとウエットなリゾット風炒飯。黄身が天盛に。
 (153177)

全て食べえ終えた!と思って会計済ませてしまいましたが、デザートを忘れていて持ち帰って自宅で。

こちらも名物の風船に入った杏仁豆腐。付属の針で風船を割るとプルンと杏仁豆腐が丸出しで登場。
 (153178)

滑らかでコクあり、美味しい杏仁豆腐。この包装形態の遊び心がまたいい。

全てを通じて、驚きや面白さを感じてもらおうというおもてなし感。そして、その情熱。これだけの品数をそろえるために、ご主人は常に厨房で全力疾走気味に調理されていて、その賜物としての満足度。スゴイです。とてもチャレンジャーで面白い人柄のご主人なんだろうな、と。人柄って料理に出ますね。また来たいですね。

ヨ~イヤサ~♪

アルバーチョチャイナ への口コミ

詳細情報

住所:京都市下京区河原町通高辻下ル清水町282 名神ビル 1F
電話番号:075-361-8039
営業時間:ランチ11:30~売り切れ次第終了(品切れの場合は休み)
     ディナー18:00~22:00
定休日:毎週水曜日と月2回不定休
公式サイト:http://www.albacio-china.com/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな