2017年5月9日 更新

京都有数の絵になる風景が広がります!桜並木の名所でもある「蹴上インクライン」

京都有数の観光スポット、蹴上にある「蹴上インクライン」をご紹介します。傾斜鉄道後で絵になる風景がとても人気で、桜並木の名所としても知られています。

新緑の季節も絵になる蹴上インクライン

 (79929)

左京区の京都市動物園や南禅寺の近くにある「蹴上インクライン」をご紹介します。全長582メートルにわたる傾斜鉄道阿跡で、その長さは世界最長と言われています。1890年に完成しましたが、1940年前後に休止されています。
 (79928)

鉄道レールが残っており、この絵になる風景が人気で、地下鉄東西線 蹴上駅からすぐというアクセスの良さもあり多くの観光客が来られます。南禅寺もすぐなので一緒に散策されることをオススメします。
 (79926)

現在は国の史跡として整備されています。先日ニュースにもなりましたが、嵐山の線路に侵入される方が後を絶ちませんが、蹴上インクラインの方がとてもフォトジェニックで絵になると思うんでけどね。線路に立ち入りたい方はぜひ蹴上インクラインに(笑)

桜並木の名所としても知られています

 (79930)

蹴上インクラインと言えば、この桜並木も有名ですよね。線路沿いにはソメイヨシノやヤマザクラが約100本植えられており、京都市内でも屈指の桜スポットです。
 (79931)

線路と桜並木がとても絵になるんですが、平日でもこれくらい混雑しているので、なかなか人が入り込まない写真を撮るのは至難の業、早朝かも多くの観光客が訪れる人気スポットです。

寄って帰りたい「ねじりまんぽ」

 (79932)

蹴上インクラインのトンネルは「ねじりまんぽ」と呼ばれているんですが、少し変わっていて、この写真からも異彩を放っているのがわかりますか?なんだか吸い込まれそうな雰囲気。
 (79933)

その理由はこのらせん状に組まれたレンガです。トンネルの負荷を軽減し強度を高めるための工法だそうです。ねじれもそうですが、このレトロな雰囲気がまたいいですよね~
 (79934)

現在は国の史跡として整備されている蹴上インクラインは、100年以上前に建造された歴史的な価値も高い場所。風景も歴史も楽しむことができ、京都でも有数の観光スポットです。南禅寺がすぐ隣ですが、平安神宮からも全然徒歩圏内なので、ぜひ観光に訪れてほしい場所です。

蹴上インクライン SNSでの反響

蹴上インクライン 基本情報

名称:蹴上インクライン
住所:京都市左京区粟田口山下町
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都アウトドアイベント】初心者でも心配ご無用!しかも参加費無料!!12月16日開催☆岡崎疏水「初めてのバードウオッチング」【日本野鳥の会】

【京都アウトドアイベント】初心者でも心配ご無用!しかも参加費無料!!12月16日開催☆岡崎疏水「初めてのバードウオッチング」【日本野鳥の会】

ちょうど冬鳥のシーズンイン。京都を満喫するには、神社仏閣観光だけじゃありません!そう、今なら野鳥が熱い!というわけで、今回は全くの初心者でも気兼ねなく楽しめるイベント企画。
【2017京都紅葉最新】黄昏時の輝く紅葉!人気紅葉スポット南禅寺周辺をぶらり☆

【2017京都紅葉最新】黄昏時の輝く紅葉!人気紅葉スポット南禅寺周辺をぶらり☆

2017年最新の紅葉パトロール。11月19日の様子です。かなり紅葉の進行も進み見頃。今回は西日が差す時間帯に。そして、南禅寺周辺の様子も。
名所の多い京都でも圧倒的な美しさ「もみじの永観堂(禅林寺)」の紅葉ライトアップ!

名所の多い京都でも圧倒的な美しさ「もみじの永観堂(禅林寺)」の紅葉ライトアップ!

紅葉スポットの多い京都でも、圧倒的な美しさと人気を誇る紅葉の名所「もみじの永観堂(禅林寺)」の様子をご紹介します。ライトアップの会期は2017年11月7日(火)~12月6日。京都のもみじ狩りでは、外せないスポットです。
2月25日開催!ロシア風クレープを食べながら冬を見送るロシアフェスティバルで異文化交流☆【京都市国際交流会館】

2月25日開催!ロシア風クレープを食べながら冬を見送るロシアフェスティバルで異文化交流☆【京都市国際交流会館】

日本在住のロシア人と日本人の文化交流をめざすイベント。ロシアの伝統的お祭り「マースレニツァ」で冬を見送りながらダンスやご馳走を楽しむ風習にならい、ロシア料理やバレエ、音楽などを通じてロシア文化に触れる。
蹴上 明治時代の名園、名勝「無鄰菴(むりんあん)」【観光】

蹴上 明治時代の名園、名勝「無鄰菴(むりんあん)」【観光】

南禅寺から歩いてすぐの場所に、明治時代の名園、名勝「無鄰菴」があります。 明治・大正の元老、山県有朋(やまがた ありとも)の別荘で、外から一歩入るとまるで違う世界が広がっています。 

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部