2017年10月10日 更新

嵐山特集52 ”走る人”にオススメ?「musubi-cafe(ムスビカフェ)」【カフェ】

嵐山特集・第52弾は、特に嵐山ランナーにオススメしたい「musubi-cafe(ムスビカフェ)」です。 阪急・嵐山駅から徒歩3分。中之島公園方向に向かって軽い坂を上っていき初めてT字路で左に曲がると見える、茶色のテントが目印です(^^)

ココロとカラダに優しいカフェ

 (97681)

ほら、テントにも走る人が見るでしょ?ムスビカフェは、ウォーキングやランナーに配慮したサービス施設をもつ、健康食材を使ったメニューを提供しているカフェなんです♪
 (97682)

 (97683)

ムスビカフェの信念はとても素敵ですよ♪ココロとカラダの結びつきを大切にされています(*^_^*)
 (97684)

ムスビカフェは「地産地消」を基本として、健康志向なメニューがそろいます。「楽穀菜食」がテーマの優しいお料理で、健康なカラダを手に入れましょう♪白を基調とした店内は、光も入り明るくて気持ちがいいです(*^_^*)
 (97685)

 (97686)

ダイエット中の方にも良さそうなメニューがずらり!お店の名前ともリンクした朝ごはんメニューもありました。
 (97687)

オーダーしたのは「楽穀菜食ランチ」。動物性たんぱく質を一切使用しないメニューです。
 (97688)

優しい味付けで美味しいです(^^)今回は、じゃがいも・かぼちゃ・いんげんのガーリックソテーがメインです。
 (97689)

こちらは「身土不二ランチ」。”身土不二”とは、今でいう地産地消の意味で、その土地ならではの食べ物の組み合わせで絶妙な味を味わうことができます。
 (97690)

ご飯は、玄米と五穀米から選べます。ごろごろとした野菜が入ったトマト煮がかかっています。素材の味を生かすため少し薄味ではありますが、それがとても美味しく感じます。
小鉢も3つ、汁物もあって、普段からこういう食事をしていれば太ることはないんだろうなぁ・・と思いました(^_^)反省。笑

スイーツだって健康志向!

 (97691)

ムスビカフェのスイーツは、バターや卵等を使わず、植物性食材で作られています。
 (97692)

「京豆腐のケーキ(抹茶ときなこ)」をオーダーしました。抹茶フィリングは京豆腐で作られていて、不思議な食感にファンも多いんだそう♪
真ん中には八つ橋がサンドされていて、京都らしさ満点です!
 (97693)

きちんと運動をしていれば、甘いものだって食べて問題ないんですよ~!運動してなくても、こんなスイーツなら罪悪感ないですね(o´ω`o)ティータイムにぜひ♪
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯リノベの嵐山を代表する人気カフェ♡贅沢食感パンケーキ「嵯峨野湯」【嵐山カフェ】

銭湯をリノベーションした嵐山で1、2を争う人気のカフェ。もっちりふんわり生地はオンリーワンの味わいです。
3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

新店オープンラッシュの右京区・嵯峨小学校エリア。3月にオープンした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」は、嵐嵯峨山では珍しいベジタブル・マクロビ料理が味わえるお店です。
嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨小学校近くに先月オープンしたカフェ「neige 喫茶とおやつ」。観光エリアにありながらいい意味で観光客向けでない、カフェ好きが喜ぶセンスいいお店。すでに感度高い方が来店していて話題です。
【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどの住宅街にあるおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」。日曜日のみ営業ですが、地元ではご近所さんを中心に憩いの場として重宝されています。親子で手づくりを大事に営まれているこちらをご紹介いたします。
嵐山で美味しいパスタやスイーツはいかが?「カフェレストラン 赤マンマ」【嵐山特集】

嵐山で美味しいパスタやスイーツはいかが?「カフェレストラン 赤マンマ」【嵐山特集】

嵐山特集・第30弾は、カフェレストラン「赤マンマ」です。1973年創業の、西洋風な建物がいい雰囲気ですね。 四季折々の草花に囲まれた、イタリアの国旗が目印です。あ・・屋根で国旗が隠れちゃってますね(^_^;)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー