2019年2月16日 更新

京都の名物カレー|染み入る旨さ「進々堂 京大北門前」【百万遍】

京都の名物カレーの一つの進々堂のカレーパンセット。レトロな洋館の厳かな空間で蘇る昭和の灯火に浸りながら懐かしのあのジャパニーズカレーに舌鼓。

色褪せない老舗の風格

 (126019)

京都大学熊野キャンパスにほど近い今出川通りに位置する昭和5年創業の老舗ベーカリー「進々堂」
日本初フランスパンの創業者がパリのカルチェラタンを模して作り上げた由緒ある喫茶店。
 (126026)

お店の右側が喫茶スペース、右手がパンの販売エリア。
入ると目に飛び込む、ローズピンクの公衆電話、そして京都の進々堂の高級感や現代的モダンさとは一線をかくす、厳かでカルチェラタンを嗅ぐわずノスタルジックな店内。

重厚感あるトラディショナルクラシックなお席は数人がけの大机が整然とレイアウト。

この長机は漆芸・木工の作家で人間国宝の「黒田辰秋」氏の作品という大変貴重な作品。
本棚には歴史書、レトロなステーショナリーと学校の図書館の延長線上にいるような遡るヒストリーに蘇るいにしえ物語。

シックに灯る球体のランプからは
温かみのある灯火が無機質な店内に柔らかさをプラスします。

店内撮影は禁止ですが、お料理のみ数枚だけなら可能。

素朴な元祖つけパンプレート

 (126028)

外には手入れされたお庭があり、シンプルではありますがテラス席も設けられています。

私は奥のテーブルにつき名物カレーパンセットをチョイス。
内容はサラダ、カレー、パン2つ、ドリンクのセット。
サラダはガラスの小鉢にトマト、きゅうり、コールスローとポテトサラダ。
カレーは赤みがかった茶褐色、スープカレーに近い液体系カレー。辛味は殆どなくかなりマイルド。
中にはチキンがゴロゴロと、玉ねぎの甘みを楽しむ、懐かしのジャパニーズカレー。

パンはプレーンのバターロールに塩パン。
一欠片のバターはお皿に別添え。
人肌程度に温かみがあり、なんとも素朴な味わい。
コーヒーはミルク入りがスタンダードのようですが、私はブラックで頂くことに。
昭和的なあっさりした飲み口。
 (145345)

シンプルな色合いの食器類。
ティースプーンに一欠片の角砂糖も
愛でたい昭和情緒。
 (126027)

レトロな店内ですが、Wi-Fiも完備でとなっており機能面では充実。
窓からは生活感ある風景を映し出し、まるで映画の世界の一コマにいるかのような夢見心地な世界観に浸れるのもまた一興。

朝からカレーが頂けたり
近隣の方や学生さんには重宝するローカル色を醸し出しているアカデミック喫茶店でした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:進々堂 京大北門前
住所:京都市左京区北白川追分町88
電話番号:075-701-4121
営業時間:8:00~18:00(L.O.17:45)
定休日: 火曜日
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あの洋館でフランス式の朝食を|人気小説のラストシーンにも登場「進々堂 京大北門前」【百万遍】

あの洋館でフランス式の朝食を|人気小説のラストシーンにも登場「進々堂 京大北門前」【百万遍】

京都カルチェラタンの象徴ともいえる洋館を用いた老舗喫茶店。懐古的ムードとアカデミックな雰囲気に浸りながらフレンチメイドな朝食はいかが?
京都の老舗喫茶店グルメ|満足度は100万点越え★ミリオン【百万遍】

京都の老舗喫茶店グルメ|満足度は100万点越え★ミリオン【百万遍】

アカデミックな雰囲気たっぷり京大界隈のハンバーグと自家焙煎珈琲を謳った喫茶店。洋食メニューはグルメなお味と抜群のボリューム。ハンバーグの真髄であるデミソースの美味しさにハマること間違いなし。
気になる京都のマイナー喫茶店|扉の向こうは癒しのムーディー空間*しみずコーヒー店【出町柳】

気になる京都のマイナー喫茶店|扉の向こうは癒しのムーディー空間*しみずコーヒー店【出町柳】

飾り気のないな白壁の向こうに広がる琥珀色のヨーロピアン空間。サイフォン一杯だての極上のコーヒーとともに微睡みのコーヒードリップへ来客を誘います。
愛されて半世紀!京大近くのリラックス喫茶店*アルペン【百万遍】

愛されて半世紀!京大近くのリラックス喫茶店*アルペン【百万遍】

京大近くの一見硬派な珈琲専門店。インテリな空気感と拘りの香り高いコーヒーは質素ながらも、京都カルチェ・ラタンの香りがいっぱいです。高齢者にも優しいお店としても登録されています。
きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

きっと誰もがファンになる、京都の老舗喫茶。さすがの貫禄!ゴゴ【出町柳】

出町柳にて常連客のみならず若者のこここをキャッチして離さないない自家焙煎珈琲店。左京区カルチェラタンの象徴的名喫茶店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen