2017年12月4日 更新

京都の老舗映画館「京都みなみ会館」が3月末で閉館!惜しむ声多数!

地元の方々をはじめ、長年愛されてきた南区の映画館「京都みなみ会館」が3月末で閉館することが発表されました。移転し営業再開のため疾走されているようなので、移転決定の知らせを待ちたいと思います。

惜しまれつつも閉館

 (106807)

東寺や近鉄東寺駅から徒歩すぐ、京都の映画文化を支えてきた「京都みなみ会館」が3月末に閉館することが発表されました。
その発表をうけて、SNSを中心に「京都みなみ会館」の閉館を惜しむ声、早期の復活を望む声で溢れています。
 (106808)

「京都みなみ会館」は1963年12月に開館し、まさに54年の歴史を持つ映画館として地域の方々から愛されてきました。
閉館の理由は、建物の老朽化。修繕には莫大な費用がかかるため、この場所での営業を断念し、移転場所を探すという決断をされました。
 (106833)

京都みなみ会館からのリリースはこちらです。
 (106810)

映画館は階段を上がって2階にあります。みなさん、ワクワクしながらこの階段をのぼっていたんでしょうね。
 (106813)

扉をあけるとそこには映画好きのための空間が広がります。
古くはありながらも風情を感じます。
座席数は154席あり、大スクリーンで毎日世界中の映画が上映されています。
座り心地のいいシートも評判です。
 (106819)

手作り感のあるかわいいロゴが印象的でした。
 (106812)

最近の映画館では、ディスプレイで上映スケジュールの案内がされていることが多いのですが、「京都みなみ会館」では手作り感溢れる上映スケジュール。
こういうアットホームさも「京都みなみ会館」の魅力のひとつでした。
 (106822)

外の駐車場にも映画のポスター。
この奥には「京都みなみ会館」の駐車場がありますので、お車でも大丈夫ですが、そこまで大きな駐車場ではありませんので、できれば公共交通期間でお越しください。

閉館まで残り約4か月、ぜひ「京都みなみ会館」で世界の映画を楽しんでください。
そして早く移転先が決まり、復活されることを望んでいます。

では最後に、館長のコメントをご紹介します。

京都みなみ会館の閉館を惜しむ声

京都みなみ会館 基本情報

名称:京都みなみ会館
住所:京都市南区西九条東比永城町78
電話番号:075-661-3993
上映スケジュール:HP参照
関連ページ: http://kyoto-minamikaikan.jp
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!平安遷都に建立された世界遺産で結願☆7寺社め「東寺(教王護国寺)」

【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!平安遷都に建立された世界遺産で結願☆7寺社め「東寺(教王護国寺)」

全国には数多くの七福神めぐりがある中、京都発祥で日本最古の『都七福神めぐり』。新春に七福神を巡拝することで、ご利益もひとしおというもの。今回は7寺社めでようやく結願。平安遷都とともに建立された世界遺産。
【京都縁日めぐり】世界遺産・東寺で700年以上の歴史!1000以上出店する最大級青空市☆「東寺弘法市」

【京都縁日めぐり】世界遺産・東寺で700年以上の歴史!1000以上出店する最大級青空市☆「東寺弘法市」

毎月21日、世界遺産・京都東寺で開催される縁日。1000店以上が集まる京都最大規模の縁日で、毎月20万人もの客でにぎわう。
世界遺産「東寺」の境内で風光明媚なモーニング*喫茶やまぶき【京都】

世界遺産「東寺」の境内で風光明媚なモーニング*喫茶やまぶき【京都】

世界遺産「東寺」に隣接する洛南会館1階のカフェ。枝垂れ桜に松の大木が存在感を放つ日本庭園を愛でつつ風流なモーニングタイム。
妖しさの中にもセンスが光る「京都昭和レトロ 秘密基地」☆計算された魅せ方が凄すぎる!【西九条レトロショップ】

妖しさの中にもセンスが光る「京都昭和レトロ 秘密基地」☆計算された魅せ方が凄すぎる!【西九条レトロショップ】

東寺南側、九条通りの一本南側の裏通りにポツンと異彩を放つ場所が☆一見、ガラクタてんこ盛りかと思ってしまいますがよーく見ると、非常にセンス良くレイアウトされたディスプレイだと気付きます☆中はどうなってるのか!?見てみたいですよね!(笑)
12/28 オープン「立誠シネマ」から「出町座」へ・映画×本×カフェの新たなカルチャースポット誕生【出町桝形商店街】

12/28 オープン「立誠シネマ」から「出町座」へ・映画×本×カフェの新たなカルチャースポット誕生【出町桝形商店街】

2017年7月に惜しまれつつ閉館した、元立誠小学校の「立誠シネマ」。クラウドファンディングを経て、出町桝形商店街に「出町座」として装い新たにオープン。映画だけでなく、書店にカフェの機能も兼ね備えた魅力あるスポットです!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopi 編集部 Kyotopi 編集部