2016年6月5日 更新

【ほんわか】祇園界隈「せせらぎの道」でカルガモ親子に遭遇!

「せせらぎの道」でカルガモ親子に遭遇しました。

 (37540)

四条通から川端通を上がっていくと、東側の歩道が「せせらぎの道」と名付けられた遊歩道になっていて、人口の小川が流れ、青モミジがなかなか綺麗なスポットになるのだ。
出来た当時は人工感満載だったのだが、徐々に緑が増えてきて、ちょっと自然を感じられるようになってきている。四条界隈から少し離れるだけでぐんと静かになるのだ。
 (37541)

と、なんだか小川の周りでギャラリーが集まっている。基本野次馬根性満載な2人(汗)、なに?なに?と覗きに行くと・・・

カルガモ親子に遭遇!

 (37542)

この人口の小川に、カルガモの親子が居るのだ。手を伸ばせば触れそうな距離だが、流石に触らせてはくれない。
 (37543)

泳ぎつかれたのか、現在お昼寝中。ふわふわのほわほわでなんとも愛らしい子ガモが6羽も。(一匹は嘴しか映っていませんが)
 (37544)

母ガモはしきりに周りを警戒しているのだが・・・
 (37545)

なにせ、こういう人が触れそうなところなので、皆さんや猫や犬やらがそっとしておいてくれることを祈るばかり。泳いでくれたら可愛らしいのにな~と暫く観察していたのだが、こちらの都合は考慮してくれないので、そろそろランチだ!と移動。。

気になるので帰りにも寄ってみる

 (37546)

食後、気になるのでもう一度覗きにきてしまう。 先ほどの場所から移動していて、30mほど下流の草むらの中に発見。
 (37547)

決してもわもわと草が生い茂っているわけではなく、普通に花壇的なところに座っている。
 (37548)

お母さんの足元に子ガモが隠れているようだ。
 (37549)

子ガモの巣立ちまで無事であれ!と祈るばかりですな。

せせらぎの道への口コミ

せせらぎの道 概要

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!待ち合わせ場所もスマートに☆創業100年老舗「レストラン菊水」

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!待ち合わせ場所もスマートに☆創業100年老舗「レストラン菊水」

新シリーズ始まりました(笑)京都随一の夜の遊び場・祇園界隈。せっかくの祇園も遊び方を知らなければ、豚に真珠(笑)そこで、親子3代に渡り祇園や五花街を遊び場としてきた、通称『花街のドン』とご一緒させてもらい、夜の祇園案内をしていただきました。
東京老舗荒物問屋が京都にショップ3月オープン!日々の暮らしを彩る日用品☆「暮らしの道具 松野屋」

東京老舗荒物問屋が京都にショップ3月オープン!日々の暮らしを彩る日用品☆「暮らしの道具 松野屋」

三条御幸町下がる。飲食店、雑貨店他、ホールや教室など多目的なスペースもあるmumokutekiに入居。今年3月にオープンした日用雑貨店。東京の有名老舗荒物問屋が手掛ける、暮らしを豊かにする道具たち。
京都の昔ながらのおうどん屋さん!肉カレーうどんの根強いファン多数☆めん処「みや古」【三条京阪前】

京都の昔ながらのおうどん屋さん!肉カレーうどんの根強いファン多数☆めん処「みや古」【三条京阪前】

三条京阪駅前にある、昔ながらの雰囲気のおうどん屋さん。そして、ここの一押しはカレーうどん。根強いファンも多く、これだけを食べに来る地元民や観光客が集うお店。
明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

東京からの友人が遊びに来て、京都ならではなお店がいいだろう、と。以前も紹介した老舗のおでん専門店に再訪問。夏におでん?いえいえ、夏だからこそのおでん種もあるんです。
【京都逸品まとめ】長く大切に使いたい!食卓が豊かになる京都老舗のオススメ暮しの道具【厳選5店】

【京都逸品まとめ】長く大切に使いたい!食卓が豊かになる京都老舗のオススメ暮しの道具【厳選5店】

丁寧に作られた道具で料理したり食事をしたり、それだけで美味しく感じることってありますよね。今回は京都を代表する老舗店、しかも食卓が豊かになる道具を扱うお店をまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。