2017年9月11日 更新

【保存版】京都三大アンティーク喫茶店まとめ【四条河原町】

昨今話題の純喫茶。京都にはアンティークな喫茶店がたくさんあります。なかでも「京都三大アンティーク喫茶店」と呼ばれる四条河原町界隈にある喫茶店をまとめました。

フランソア喫茶室

京都のクラシック喫茶といえば、フランソア喫茶室。古くは京都の学生たちの集う場所でした。
 (93986)

外国船を模したという店内は内装、調度品、すべてがクラシック。
 (93990)

窓際には赤いバラの花が一輪。レースのカーテンもあいまって雰囲気たっぷりです。
 (93988)

壁にはクラシックで可愛らしい乙女画で有名な、竹久夢二の画がかけてあります。
 (93992)

京都の朝といえばコレ。たまごの甘みとケチャップのしょっぱさが絶妙なたまごサンド!
 (93994)

オリジナルのカップ。コロンとした形とゴシック調の柄がクラシックで素敵。

フランソア喫茶室 店舗情報

店名:フランソア喫茶室
住所:〒600-8019 京都府京都市下京区船頭町 西木屋町通四条下ル船頭町184
電話番号:075-351-4042
営業時間:10:00-23:00
定休日:12月31日、元旦、1月2日、夏季(2日間)

喫茶ソワレ

乙女の喫茶店代表といえば、喫茶ソワレです。
このゼリーポンチを見たことのある方は多いのではないでしょうか?
 (94000)

宝石のような色とりどりのゼリーにサイダーを注いだこのメニューは、乙女の飲み物の代名詞といっても過言ではないのでは。
ちなみにこの写真はサイダーの代わりに赤ワインのサイダー割りを注いだ、ちょっと大人な「ゼリーワイン」。
 (94005)

店内の照明は海の底にいるような青。
女性の肌の色を綺麗にみせるということで、この照明を使われているんだとか。
壁には東郷青児の画がかけてあり、少し妖しくもロマンチックな雰囲気を漂わせています。
 (94007)

お冷は東郷青児の女性が描かれているグラスで出てきます。このグラスは店頭で販売されています(500円)。

喫茶ソワレ 店舗詳細

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】重厚なクラシカルレトロが素敵すぎ♡京都オススメの老舗喫茶・カフェ【厳選6店】

【保存版】重厚なクラシカルレトロが素敵すぎ♡京都オススメの老舗喫茶・カフェ【厳選6店】

おおきに~豆はなどす☆今回は重厚な洋風クラシカルな佇まいが素敵な老舗喫茶・カフェを集めてみました。そこにいるだけで、日常と隔絶された異空感覚を味わえるオススメ店。
『老舗喫茶』平日モーニングがスタート★フランソア喫茶室【四条河原町】

『老舗喫茶』平日モーニングがスタート★フランソア喫茶室【四条河原町】

由緒正きアンテーク喫茶の女帝ともいえるフランソア喫茶室。普段使いには格式高いイメージを一新し、今年夏よりモーニングがはじまりよりリーズナブルセットメニューがいただけることに。 ワンランク上のモーニング、さあ優雅な1日の始まりです。
京都が誇るトラデショナル喫茶*クラシックとムースケーキ*築地【四条河原町】

京都が誇るトラデショナル喫茶*クラシックとムースケーキ*築地【四条河原町】

京都初のウインナーコーヒーを提供したことで名高いクラシック喫茶店。 厳かかつ独自の美意識をつらぬく 繁華街のアジト。 口どけムースで暫し夢見心地。
【京都モーニングめぐり】ドラマロケ地にもなる素敵すぎる昭和レトロ感!地元民の人気絶大☆「喫茶翡翠(ひすい)」

【京都モーニングめぐり】ドラマロケ地にもなる素敵すぎる昭和レトロ感!地元民の人気絶大☆「喫茶翡翠(ひすい)」

おおきに~豆はなどす☆今回は創業昭和38年のレトロな雰囲気が有名で、ドラマロケ地にもなる喫茶店。ご近所さんが営業開始とともにモーニングを求めて集う、飾らない雰囲気のお店。
京都河原町エリアの穴場カフェでほっこり抹茶ラテ ★井筒カフェ(イヅツカフェ)【新京極】

京都河原町エリアの穴場カフェでほっこり抹茶ラテ ★井筒カフェ(イヅツカフェ)【新京極】

文化二年、初代津田佐兵衞が業を起こし井筒八ッ橋本舗の歴史がスタート。由緒ある京都の老舗によるセルフスタイルカフェ。本格派メニューにカジュアルな使い勝手、そして穴場の快適な空間です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子