2020年5月8日 更新

【新型コロナ対策】京都三条の老舗蕎麦の破格500円弁当!バランスいい名店の味☆「本家田毎」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区三条寺町にある明治元年創業の老舗蕎麦。先月店舗リニューアルを果たし、現在は新型コロナウイルス感染予防につき、テイクアウトメニューも展開中。

新型コロナ対策の満足度高い『田毎弁当』

 (184091)

中京区三条寺町にある創業明治元年の老舗蕎麦。私もこれまで何度か来店したことのある、地元民にとってはなじみある昔ながらのお蕎麦屋さん。買い物帰りにランチ難民になり、その救済場所として利用することしばしば(笑)そういえば、うちの祖母にも連れられて、昔来た記憶のあるお店。

 (184093)

この日も買い物ついでにやってきました。
 (184092)

ひと口にお蕎麦といっても、季節メニューや創作系蕎麦もあり。店内のほっこりと落ち着く雰囲気が好きだったり。
 (184094)

そんな老舗のお蕎麦屋さんで、このほど新型コロナウイルス感染予防対策として、お弁当やテイクアウトメニューを始められたと聞き、それを利用しようと。
 (184095)

久々にやってきましたが、店内の間取りが以前とは違うような印象。先月リニューアルオープンされ、奥に真新しいスペースがありました。とはいえ、新型コロナの影響で、いつもならもっと繁盛しているお店だと思いますが、店内わりと閑散としてました。

有名人のサイン色紙も並び、昔からの有名店であることを物語っています。で、今回のお目当ては、『田毎弁当』500円(税別)。レジで注文し、しばらくすると、調理場からお弁当が出てきて、代金を支払います。
 (184096)

で、持ち帰った田毎弁当がこちら。おしぼり付き。
 (184097)

添えられたテイクアウトメニュー。今回は田毎弁当を注文しましたが、他にもお蕎麦や丼もテイクアウトできます。
 (184098)

で、こちらが田毎弁当。コンパクトながら、ぎっしりとおにぎり、おかずが詰まっています。
 (184099)

まずは出し巻。わりと大きめのものが2個あり、この中ではメイン的メニューでもあり。食べてみると、しっかり出汁と醤油が効いて、ご飯のおかずにピッタリの塩梅。出し巻専門店や和食屋のそれとはまたちがう、お蕎麦屋さんの出し巻ということでしょうかね。
 (184100)

型抜きのおにぎりは3個。ゆかりが散らしてあります。ご飯自体、さめてももっちりとした食感と甘みで、いいお米を使っていることがわかります。
 (184101)

さらに付属に天ぷら汁が。
 (184102)

天ぷらも、コンパクトに収められていますが、4種類。ピーマン。
 (184103)

小ぶりながら海老が2尾。
 (184104)

さらに、ナスとカボチャが。しっかりとした出汁の効いた汁に漬けて、これもご飯が進む一品。
 (184105)

お煮しめ類。人参、レンコン、こんにゃくがしっかりと炊かれ、味もシミシミ。
 (184106)

極めつけは、この蕎麦寿司的な巻物。海苔のかわりに湯葉で巻かれ、さらに中には白めの更科系蕎麦、キュウリ、レタス、カニカマ様のものが一緒に詰まっています。出汁を付けながらいただく。丁寧な仕事ぶり。こんな上品な料理もおかずの一部としてイン。量的には少し女子向けのコンパクトさではありますが、これはけっこうお値打ちのお弁当。そして、このお値段だとデイリー使いもしたいような、そんなお弁当でもあります。

老舗蕎麦の技術に裏付けされた、お値ごろなお弁当。オススメです!

ヨ~イヤサ~♪

田毎本家 への口コミ

詳細情報

名称:本家田毎 三条寺町本店
住所:京都市中京区三条通寺町東入ル石橋町12
電話番号:075-221-3030
営業時間:11時〜17時
定休日:無休 
※新型コロナの影響につき営業日時変更の可能性あり
公式サイト:https://tagoto.com/
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな