2017年3月25日 更新

入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

京丹後市・久美浜の観光スポット。入場料無料なんで、気軽に行ってきました。江戸時代、沿岸交易によって巨富を得た豪商の暮らしぶりがうかがえる久美浜の定番観光スポット。

うれしい入場料無料施設

 (75693)

なんの下調べなくはるばるやってきた久美浜。一応観光もしないとな、ということで現地に来てから観光パンフ集めてどこに行くかな?と検索。

で、こちらがヒットして。観光バスも立ち寄るスポットなんで、この界隈の観光スポットとしては有名なんでしょうね。
 (75694)

ここ稲葉本家は、織田信長家臣、美濃の稲葉一族の末裔と言われ、この久美浜の地にて糀製造で得た富を背景に廻船業を営み、沿岸交易によって巨富を得、付近諸藩の金融を独占するほどの豪商。「豪商」・・・すさまじい金持ちってことなんですかね要は。

この銅像は、旧国鉄宮津線の敷設や産業振興に貢献した、13代目稲葉市郎右衛門の像。多額の私財を投じて旧国鉄宮津線の久美浜-豊岡間を開通させた人物。
 (75695)

母屋。5年の歳月をかけ、明治23年に竣工され、平入桟瓦葺き切妻造りの二階建て。
最大の見所は当家の家柄と経済力が象徴される土間と居間による一体的な吹き抜けの大空間構成。
 (75696)

風情ある台所を改造した特産品コーナー。久美浜の山海の特産、工芸品を販売。ここで、オススメされたじっくり熟成のへしこを買いましたが絶品。
 (75697)

広い中庭。その当時の建築様式なんですかね。こんな中庭設けるのが主流だったんですかね。敷地が広いとこういうことも可能なんでしょうね。
 (75698)

茶店もあり、ここでは稲葉家ゆかりのぼたもちが食べられます。銅像が建立されたお祝いに地域の人々がぼたもちをつくったことから、故人を偲んで今でもぼたもち会が年1回開催。食べなかったんですが、ぼたもち絶品らしいです。
 (75699)

外蔵を利用した焼き物ギャラリーもあり。
 (75700)

さらに、中庭にこんなポストが。
 (75701)

一年後、三年後、五年後のお正月に郵送してくれるポスト。アイデア次第でいろんな使い方ができそうです。楽しい旅の思い出として活用するもよし、未来の自分に向けて送るもよし。

季節によっていろいろイベントも開催されてます。お気軽にお立ち寄りください。

豪商 稲葉本家 へのツイート

詳細情報

住所:京都府京丹後市久美浜町3102
電話番号:0772-82-2356
開館時間:9:00~16:00
休館日:水曜日
関連サイト:http://www.inabahonke.com/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

古都の歴史を埋蔵品から紐解く!見学無料の文化遺産の宝庫☆「京都市考古資料館」【西陣】

古都の歴史を埋蔵品から紐解く!見学無料の文化遺産の宝庫☆「京都市考古資料館」【西陣】

夏休みの自由研究に京都の歴史を埋蔵品からたどるというのはいかがですか?西陣にある無料で見学できる公共施設。考古資料専門の博物館。行ってきました。
【京都珍百景】京の町に昔から伝わる鬼門思想!魔界『鬼門封じ』を探してぶらり☆【厳選4箇所】

【京都珍百景】京の町に昔から伝わる鬼門思想!魔界『鬼門封じ』を探してぶらり☆【厳選4箇所】

京都に昔から伝わる鬼門思想。京都の都市整備や一般住宅に至るまで、この鬼門思想をベースに建物も設計されていたり。そこで、今回はその発想から生まれた『鬼門封じ』となるスポットを集めてみました。
【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

猫展の帰り。そういえば、けっこうな歴史的建造物なのにちゃんと建物として観察してなかったな、と。改めて、そんな視点で。レンガ造りの重厚な明治近代建築。素晴らしい意匠の数々。
【保存版】京都オススメの近代建築・赤レンガ造の建物!歴史を感じる重厚な風情☆【厳選6スポット】

【保存版】京都オススメの近代建築・赤レンガ造の建物!歴史を感じる重厚な風情☆【厳選6スポット】

近代建築の象徴的建物、赤レンガ造の建物を集めてみました。名門私立大学の校舎から、旧日本銀行の建物まで。
【京都建物探訪】明治建築のレンガ造洋館!基幹産業を担った機業家の邸宅☆「衣笠会館 繊維研究所」

【京都建物探訪】明治建築のレンガ造洋館!基幹産業を担った機業家の邸宅☆「衣笠会館 繊維研究所」

北区、北野白梅町から少し南へ。重厚なレンガ造りの洋館。明治時代、京都の基幹産業を担った機業家の元邸宅。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers