2017年9月8日 更新

市役所近くの「Very Berry Cafe (ベリーベリー カフェ)河原町二条店」は美味しいアメリカナイズされた町家♪

河原町二条を少し上った西側。京町屋を改装層した、一見ミスマッチかとも思える外観のアメリカンカフェがあります。ロコモコ、ハンバーガーやホームメイドケーキ、サンデーシェイクなどのアメリカンなメニューが目白押しの「Very Berry Cafe 河原町二条店」です!店内はフィギアやおもちゃなどがたくさん並べられていているのですが、なぜだかゆったりとした不思議な空間なんです(^O^)

アメリカンテイストたっぷりでかわいい♪

 (17127)

ロコモコ、ハンバーガーやホームメイドケーキ、サンデーシェイクなどのアメリカンなメニューが目白押しの「Very Berry Cafe 河原町二条店」です!

店内はフィギアやおもちゃなどがたくさん並べられていているのですが、なぜだかゆったりとした不思議な空間なんです(^O^)
 (17145)

店内はフィギアやおもちゃなどがたくさん並べられていているのですが、なぜだかゆったりとした不思議な空間なんです(^O^)
こちらはエントランス。完全にアメリカンテイストです。
 (17147)

こちらはカウンター席。おひとり様でもゆったりできます。
 (17148)

奥にもテーブル&ソファ席。かなり広々した店内です。
つい長居しちゃいます。
 (17149)

実は内庭もあったり。開放感がぐっと増します。

アメリカナイズされた美味しさ&ボリューム

 (17131)

・ケーキ アラモード(ストロベリーパウンドケーキ) 

カラフルなマーブルチョコが乗って、ポップな印象のケーキです♪
 (17128)

・パンケーキサンデー
アメリカンサイズでボリューム満点。

「Very Berry Cafe」のメニューは、店長がアメリカ各地で学んだレシピを元に日本人が食べやすい味にアレンジしたもの。それでいてサイズはアメリカンなのが、また嬉しいところです(*^_^*)
 (17132)

 (17134)

オススメのサンドイッチ。具材はお好きなものを3種から選べます。
サラダも野菜たっぷりで女子にもうれしいですね!
断面を見てみましょう。ボリュームたっぷりでしょ~!

子供連れに優しいお店

 (17137)

2Fは座敷になっていて、トイレにはおむつ替えのベットがあるので、大人も子供も安心に過ごせます。おもちゃも準備してくれています。嬉しい配慮です~!ただ、前述通り、こちらは2Fですので階下に配慮した遊び方をお願いいたしますね<(_ _)>ドッタンバッタンは厳禁です♪

メニューはどれもボリュームがあるので、ママ同士でシェアしながら食べるのも楽しいですよ(*^_^*)

Very Berry Cafe 河原町二条店への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】山科エリアの元祖行列店!和風パスタ&甘味は女子に絶大な人気☆「ゆる音家」

【京都ランチめぐり】山科エリアの元祖行列店!和風パスタ&甘味は女子に絶大な人気☆「ゆる音家」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科エリアでは絶大な人気を誇る和風パスタのお店。行列をつくることもしばしばで、特に女子に人気。
京町屋の純喫茶でまったりサンドイッチランチ☆珈琲工房てらまち【三条会商店街】

京町屋の純喫茶でまったりサンドイッチランチ☆珈琲工房てらまち【三条会商店街】

三条会商店街ある自家焙煎珈琲専門店。ゆったりとくつろげる町家カフェでサンドイッチランチ。
京都の老舗ティーカフェで絶品ケーキと紅茶三昧★「リプトン ティーハウス 四条店」

京都の老舗ティーカフェで絶品ケーキと紅茶三昧★「リプトン ティーハウス 四条店」

全国的にも有名な紅茶メーカー。発祥地は京都。グルメなフードメニューに紅茶派のみならず、コーヒー派も楽しめるカフェメニュー達。有名パティスリーを凌駕する自家製ケーキと、京都を代表するエレガントなカフェレストラン。
三条富小路の京町屋カフェ|胸キュンラテアート*キッサマスター(KissaMaster)

三条富小路の京町屋カフェ|胸キュンラテアート*キッサマスター(KissaMaster)

三条通りバックブランド"マスターピース"が営む町家カフェ。日本庭園とスタイリッシュさが融合したハイセンス空間と秀逸コーヒーの最強タッグカフェタイム。
【京都】唐揚げ食べ放題ランチという衝撃!四条烏丸の人気店「隈本総合飲食店 MAO」

【京都】唐揚げ食べ放題ランチという衝撃!四条烏丸の人気店「隈本総合飲食店 MAO」

四条烏丸の人気店、風情あるごはんも美味しい町家カフェ「隈本総合飲食店 MAO」。ランチタイムも人気なのですが、その中でも唐揚げ食べ放題ランチがオススメすぎるのでご紹介!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー