2018年12月17日 更新

オムライスフェチ必見!選べるダイナマイトサイズ! 「ベビーフェイスプラネッツ」【松井山手】

今や国民食となったみんな大好きオムライス。選べるサイズはどれもダイナマイト。決して大味ではない、手作り感ある黄色い幸せごはん。

圧巻ボリュームオムライス

 (115418)

松井山手エリアの商業施設ソフィアモールにある全国展開されているカフェレストラン「ベビーフェイスプラネッツ」
施設内に入っており、階段ののぼりを頼りに入り口へ向かいます。
 (115420)

「ベビーフェイスプラネッツ」では木や花をキーエレメンツにしたアジアンリゾートカフェレストラン。
北は北海道から南は沖縄まで完全制覇した人気の高いカジュアルレストラン。
 (115446)

お席は半個室のボックス席を中心にお客様同士が向き合わないよう計算された席配置。
明るいカウンターや壁で完全に囲まれた完全プライベートなセクションも幾つかあり、贅沢な空間使いがなされています。
 (115417)

半個室、卓上には呼び鈴と悠々自適な空間造りも微睡みポイントの一つ。

選べるサイズやトッピング

専門店並みのバリエーション

専門店並みのバリエーション

オムライスに特化したカフェのような魅力的なバリエーション。
サイズやトッピングも自由にカスタマイズ。
オンリーワンのオリジナリティを楽しめます。
中のご飯はケチャップ、ピラフ、ドライカレーとアイコンでチェック。
ふわふわ帽子のオムライス ¥1080

ふわふわ帽子のオムライス ¥1080

熱々の湯気を放たちながら程なくしてサーブされたわふわ卵で周りを包み込み綺麗な球体。
ドーム状の断面にはぎっちり詰まったチキンライス。
 (115366)

表面はとろっと、中は程よく火を通した卵。
お好みでパルメザンチーズをかけたりアレンジも可能。

福神漬けをお忘れなのはご愛嬌。
 (115410)

チキンライスは細切りピーマンと玉ねぎのみじん切り、小さく刻んだ鶏肉。
やや薄味で調理したチキンライスはデミグラスソースとの相性抜群。
炒めすぎず、適度にウェットさを残したライスはヘヴィな食べ応えに拍車をかけます。
 (115421)

プライベートが保たれる空間造りはアピールポイントの一つ。
長居を促す環境や家族連れやカップルにも支持されている様。
パーティプランなどセット予約はかなりお得なようで学生さんにも◎。

口コミでの評判

店舗情報

店名:ベビーフェイスプラネッツ松井山手店
住所:京都府八幡市欽明台北1 ソフィアモール内
電話番号:075-982-3271
営業時間:11:00~24:00 (L.O23:00)
定休日:無休
関連ページ: http://babyface-planets.com/prefecture/kyoto
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ボリュームサンドでThe朝活「Cafe季庵 Sweets Room」【松井山手カフェ】

ボリュームサンドでThe朝活「Cafe季庵 Sweets Room」【松井山手カフェ】

地域のコーヒーファンに根強い人気を誇るスペシャリティーコーヒー専門店。モーニングから頂けるスペシャルボリュームサンドウィッチ、素敵なアンティークカップでワンランク上のコーヒー時間を満喫しましょう
とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

とろける口溶け!クレオパトラのオムライス★ポポロヒロバ【伏見カフェ】

京都伏見の大箱エンタメカフェ。創業当時から変わらない本格派洋食メニューにはスケールの大きさを感じるネーミングがずらり。オムライスメニューのとろける牛タンとデミグラスソースのマリアージュ。絶世の美女も唸るグルメオムライス。
まったりモーニングタイム☆松井山手の北欧カフェ『bijou(ビジュー)』【松井山手】

まったりモーニングタイム☆松井山手の北欧カフェ『bijou(ビジュー)』【松井山手】

次々と新店舗がオープンし盛り上がる松井山手エリア。チェーン店では味わえないアットホームなくつろぎとほんわかモーニングタイムをご紹介します。
まるで洋食店★プロフェッショナルすぎる喫茶オムライス 「ハセイチ珈琲」【京田辺カフェ】

まるで洋食店★プロフェッショナルすぎる喫茶オムライス 「ハセイチ珈琲」【京田辺カフェ】

京田辺の方々に愛される地域密着ファミレス的存在のコーヒーショップ。こちらのNo.1フードのオムライスは 人気の訳が頷ける創作的な内容。 喫茶店グルメとあなどるなかれ、京都喫茶店オムライスの最高峰、ここにあり。
匠が織りなすシェフ渾身の洋食カフェ「和蘭芹(パセリ)」【京都洋食】

匠が織りなすシェフ渾身の洋食カフェ「和蘭芹(パセリ)」【京都洋食】

閑静な北山の地に馴染んだ厳選素材にこだわる洋食カフェ。カジュアルな雰囲気は普段使いにも特別な日にも重宝するワンランク上の上質洋食店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen