2019年6月3日 更新

シンプルな味わいが最高!名物トースト「切通し進々堂」【祇園グルメ】

言わずと知れた祇園で有名な老舗喫茶店。あるようでなかった、このコラボ。時代を超えても愛され続ける普遍的グルメサンドです。

グルメサンドのパイオニア

 (127080)

祇園のメインストリートを一つ逸れた
切り通しに位置する花街祇園で確固たる地位を築いてきた老舗喫茶店「切通し進々堂」
小さな間口のシンプルな店構え、観光客に向けた宣伝は全くなく、
ガラスケースのカラフルなゼリーたちが全てを物語るよう麗しく陳列。
 (127081)

カーマインのレトロな雰囲気を醸し出す椅子を配した10人強のこじんまりなカフェスペースには花団扇や舞妓さんの額縁など、京情緒満載。
少し奥まったスペースにキッチンがあり、カフェスペースからも作業風景をちらりと垣間見ることができます。
 (127082)

お客さんは芸妓さんや祇園にお勤めされている方、ゆかりのある方など観光客より常連のお姿がちらほら。
奥様、ご主人様、お嬢様が作り出すアットホームな魅力に富んだ空気感。
フードメニュー

フードメニュー

お食事はパンメニューのみですが、様々な種類がスタンバイ。
ショーケースのゼリーやケーキもイートイン可能。
ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

豊富なドリンクメニュー。
ジャンボサイズや、時期限定メニューもラインナップ。

きゅうりと赤ウインナーのハーモニー

 (127083)

私は手前のお席につき、上ウインナートーストとミックスジュースをセレクト。
ウイキュウ ¥350

ウイキュウ ¥350

小花柄のプレートにレースを敷いた可憐なルックス。小さなフォークをつき。
こんがり焼いたトーストに、赤ウインナーときゅうりの薄切りを挟んだのみ、淳朴な中身。

飾り切りしたプリッと弾力ある赤ウインナーといいきゅうりは塩味を帯びカリッカリと歯ごたえがあり、そのまま頂きたくなる美味しさ。
トースト、きゅうり、ウインナーを一緒に頂くとパリ、もちっ、ふわっ、美味しさの蕾が開花。
懐かしいのに新しい胡瓜と赤ウインナーのハーモニーは唯一無二のグルメトースト。
 (127084)

ミックスジュースは一般的に認知されてされている淡黄色ではなく撫子色。ベースは苺の様で
どろっとしたテクスチャは甘さと酸味のバランスが絶妙。
大阪スタイルのミックスジュースとは、一味違うトロピカルな甘酸っぱさや香りを楽しめます。
 (127042)

モーニングやランチといったセットは無いものの、終日お食事メニューが頂けるのは貴重。
リピーターさんがつくのも納得、斬新かつ懐かしいのに新感覚なサンドウィッチ。
色とりどりのゼリー同等の必食レベルの看板メニューになります。

クチコミでの評判

基本情報

店名:切通し進々堂
住所:京都市東山区祇園町北側254
営業時間:
10:00~16:30(喫茶L.O)
10:00~18:00(販売)
定休日:月曜日

関連する記事 こんな記事も人気です♪

花街祇園の正統派サンド*サンドウイッチがおいし~の!「切通し進々堂」【祇園カフェ】

花街祇園の正統派サンド*サンドウイッチがおいし~の!「切通し進々堂」【祇園カフェ】

お味もさることながら、花街の一興に浸りながらというのがこちらのお店に来る醍醐味だと思います。
祇園オススメモーニング★知る人ぞ知る穴場「ヤマモト」【京都喫茶】

祇園オススメモーニング★知る人ぞ知る穴場「ヤマモト」【京都喫茶】

祇園四条駅すぐ、川端通りひっそりと存在するレトロ喫茶店。花街情緒に浸りながら、真心こもったモーニングがいただけます。
知る人ぞ知る祇園の名喫茶|きらめきのレトロ純喫茶*ラテン【祇園四条】

知る人ぞ知る祇園の名喫茶|きらめきのレトロ純喫茶*ラテン【祇園四条】

和モダンなカフェや喫茶店が軒を連ねる祇園界隈。白亜の扉の先に広がる豪華絢爛、煌びやかなステンドグラスに青の世界。非日常て異空間へ貴方をナビゲートします。
祇園の喧騒から逃れて路地奥の老舗正統派喫茶店★ハーモニー【穴場喫茶】

祇園の喧騒から逃れて路地奥の老舗正統派喫茶店★ハーモニー【穴場喫茶】

祇園 花見小路にほど近い隠れ家的純喫茶。しっとりとした空間で頂くレトロな喫茶ミール、行きつけにしたい癒し空間です。
京都老舗甘味処|ぷるっとひんやりクリームあんみつ*月ヶ瀬(つきがせ)【祇園四条】

京都老舗甘味処|ぷるっとひんやりクリームあんみつ*月ヶ瀬(つきがせ)【祇園四条】

ひんやりスイーツが恋しくなる五月中盤。濃厚なクリームにホクホク小豆、食感の良い寒天が織り成す至福のハーモニー。期待を裏切らない本家本元の味。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen