2017年6月27日 更新

祇園の「 コーヒー琥珀(コーヒーコハク)」でセピア色のモーニング

花街で出会ういにしえ浪漫、【タイムスリップモーニング】

花街でのタイムスリップモーニング

 (84724)

 (84209)

祇園四条駅すぐ、団粟通り沿い。

古めかしくも
色褪せない豪奢なアトモスフィアを放つ老舗喫茶。
営業中の掛札を頼りに
重々しい扉を開けます。

古き良き純喫茶

 (84212)

想像よりコンパクトな店内。
ドレッシーな窓辺にシックな琥珀のライティング。
エンジ色で統一された壁に
カウンター越しの白のキャビネットが
差し色となりシックな空間を柔らかさをプラス。
黄色く焼けたセンターに掲げた店名のかかれた色紙は
往年の趣に拍車をかけます。


耳を澄ませば、優しく奏でるピアノの音色にお母様の包丁を使う音色がシンクロ。
若き頃美人であった面影を残した白髪のマダム。
優しい眼差しでお客を招き入れます。
 (84210)

店内にて初めて目にする
メニュー内容。

朝のモーニングセットはドリンク(コーヒー、紅茶、ミルク)にトーストが付くシステム。
お好みでスモールサラダ、
ゆでたまご
ミニハムエッグが追加可能。

私はホットコーヒーにスモールサラダ、ゆでたまごをチョイス。
スモールサラダにはクラッシュたまご、トマト、きゅうり。

ゆで卵はマンボウの小さな絵皿ではじめにサーブ。

トーストはたっぷりマーガリンが染み込み、
しっとりとしたトーストに。
 (84211)

コーヒーカップはエッジにストライプが刻まれた乳白色のカップ。
しっかりとした苦味とともに、
酸味強めのキレのある味わい。
 (84214)

朝は常連様が集う憩いの場。
しかしながら、まるでこちらの給仕かのように溢れんばかりの笑みで
気さくに輪に入れてくださる。


足を庇いつつ、まめに次いでくださるお冷、
真のホスピタリティという付加価値があります。

コーヒー琥珀 店舗情報

店名:コーヒー琥珀
住所:京都市東山区大和大路通四条下ル3博多町62
電話番号:075-561-4503
営業時間:7:30~18:00
定休日:日曜日
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

昭和にふけるひと時★京都の老舗喫茶でほっこりモーニング★喫茶 茶の間【御所西】

昭和にふけるひと時★京都の老舗喫茶でほっこりモーニング★喫茶 茶の間【御所西】

スパイスカレー推しの昭和の喫茶店。カレーもよいですが、美味しいコーヒーにさくさくトースト、優しいママが切り盛りする、アットホームな幸せ朝時間はいかがですか?
京都の希少な邸宅喫茶店★「再會(サイカイ)」【山科カフェ】

京都の希少な邸宅喫茶店★「再會(サイカイ)」【山科カフェ】

年中無休フル回転されている一軒家カフェ。クラシックな洋館で非日常の時間に浸りながら、ボリューム満点の手作りサンドイッチはいかがでしょうか?
京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

河原町通りの有名喫茶六曜社。一階の六曜社はムーディーな大人の魅力ある地下店とは違う、爽やかで軽やかな微睡みの朝の顔。本格派コーヒーと、サクフワトーストモーニングは必食です。
京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

東山の知恩院近く、白川沿いにある自家焙煎コーヒー店。現代風昭和レトロな空間に最新鋭のコーヒーマシン。リバーサイドロケーションを満喫しつつ、薫り高いコーヒーでまったりくつろぎの昼下がりはいかが?
THE京都クオリティ|市民のヒーリングプレイス!小川珈琲本店【西京極】

THE京都クオリティ|市民のヒーリングプレイス!小川珈琲本店【西京極】

京都が誇る小川珈琲。本店は和洋折衷、優雅な店内環境と素晴らしきホスピタリティに満ちた日常にワンランク上の優雅さと贅沢感をプラス。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen