2022年8月4日 更新

『坂上&指原のつぶれない店』で話題に!京都の和おばんざいカレー店「宮本カレー」

坂上&指原のつぶれない店の出演をキッカケに、おばんざい屋さんからカレー店へリニューアル。阪急上桂駅前、話題のカレー店「宮本カレー」をご紹介します。

限定50食!話題のカレー専門店

 (227254)

鈴虫寺や苔寺など、松尾エリアへ観光に行く方々、また住宅街のイメージの強い阪急上桂駅。

上桂駅から徒歩1分、テレビに出演以降、話題になっているお店があります。
 (227255)

今回紹介するのは、TBS系列の番組「坂上&指原のつぶれない店」に登場したお店『宮本カレー』さん!

味はいいのになかなかお客さんが入らないお店を、食のプロたちが立て直すというグルメバラエティです。

おばんざい屋さんから、カレー屋さんへの転身を遂げたお店として話題に。
 (227256)

カレーは、数量限定50食という狭き門。

基本のカレーは3種類で、あいがけメニューもあります。
ポークカレー、チキングリーンカレー、バターチキンキーマカレー。

限定でチキンキーマカレーも
 (227257)

和食の定番メニュー、京都らしい『だし巻き』がのったカレーも。こちらも限定です。
 (227258)

今回はあいがけカレーにチキントッピングを。
あいがけは、基本の3種類のカレーから2種類を選びます。
あ、肉類はのっていないので、チキン100円かポーク200円を追加してください。
 (227259)

おばんざいがのった和のカレーということで、多種多様なおばんざいがカレーの上にのっています。
具材ゴロゴロのタイプではないので、おばんざいがカレー具材変わりということで。
味わいや食感も様々でよきアクセントに。ルーに混ざっていないため、野菜それぞれの味も楽しめます。
 (227262)

お店の定番、ねぎジャコとごはん、カレーを。

カレーは辛味が強いタイプではなく、トマトなどの野菜の旨味、甘味がたっぷり感じる優しい味わいのカレー。
ねぎジャコは意外とカレーライスにあうんです。
 (227263)

バターのコクがしっかりしたバターチキン。辛さ控えめでまろやかな味わい。
 (227260)

ホロホロと柔らかい煮込まれた手羽元は2本で100円。こちらも優しい味わい。これはマストオーダーです。
 (227265)

最後、お口直しの出汁をいただいてカレーランチ終了。
お出汁というのが、京都らしいという和というか、憎い演出ですね。
 (227266)

店内はまだカフェのような、明るく清潔感の空間で。
スタッフの方々も、明るく気持ちのいい接客です。


スパイスの効いた刺激的なカレーというより、日常使いしたい優しい味わいのカレーです。

提携の駐車場はありませんが、近隣にパーキングはあります。
松尾、嵐山方面へ観光に行かれる際、ランチの候補に入れておいてほしいなと思います。

店舗情報

店名:宮本カレー
住所:京都市西京区松尾鈴川町85-7
営業時間:11:00~15:00
定休日:木曜・金曜
SNS:
https://twitter.com/miyamoto_curry
https://www.instagram.com/miyamoto_curry/
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事