2017年1月29日 更新

名物のモチモチ穴子天丼が絶品すぎる!祇園にある行列必至の人気店!「天ぷら 天周」

祇園、四条通りにある人気の天ぷら屋さん「天ぷら 天周」。ランチ限定、名物の穴子天丼を頂いてきました。

祇園・四条にある好立地の天ぷら屋さん

 (70398)

祇園にある人気の天ぷら屋さん「天周」です。祇園四条駅からも徒歩すぐ、縄手を東へ少し進んだところ四条通沿いにあります。間口は狭いので気をつけないと見過ごしてしまいます。

お昼はどんぶり、夜は天ぷらのコースが頂けるお店です。
 (70399)

老舗の風格漂う店構えですが、ランチは一人でも入りやすいです。

ランチ時には行列ができることで有名。平日に伺いましたがなんと開店前から行列ができ、開店時間に伺うもすでにお待ちという状態でした。
 (70405)

ランチは名物の穴子天丼、かき揚げ天丼、穴子と大海老のミックス天丼、大海老天丼の4種類です。
 (70400)

店内は落ち着いた老舗の雰囲気が漂います。
カウンター席がメインになっており、目の前で職人が天ぷらを揚げてくれるライブ感が楽しめます。
テーブル席も1卓だけあります。

絶品すぎる名物穴子天丼

 (70404)

大海老にも惹かれましたが、やっぱり名物の穴子天丼(1,100円)をオーダーしました。
お漬物とお味噌汁のシンプルなセットです。
 (70406)

ビッグサイズの穴子が3本のっていて、どんぶりからもはみ出しています。
このサイズの穴子天丼はそうそうありませんよねー。

天丼タレはテーブルに備えつけられているので、少し足りないなって方は足してください。
 (70407)

天周の衣はしっとりとして、ふっくらもちもち穴子の身と本当によく合い、こんなに美味しい穴子天丼は初めてでビックリしました。

普段はサクッとした天ぷらが好きですが、しっとり天ぷら派になりそうなくらい(笑) 
このあたりの天ぷら粉の配合や技揚げの技術や、老舗の歴史とこだわりなんでしょうね。
 (70408)

途中、山椒を足して風味を変えてみても美味しかったです。

祇園の四条通沿いという好立地にありながら、このボリュームでこの美味しさ、人気がでるのも納得すぎます。
 (70402)

夜はこの5,000円のコース1本のみです。夜もボリューム満点でとっても良さそう。。
いいことがあった日に、夜のコースにも行ってみたいと思います。

人気店なので、すでにご存じの方も多いかと思いますが、まだの方はぜひ行ってみてほしい天ぷら屋さんです。

ぎおん 天ぷら 天周 クチコミ情報

ぎおん 天ぷら 天周 店舗情報

店名:ぎおん 天ぷら 天周
住所:京都市東山区祇園町北側244
電話番号:075-541-5277
営業時間:11:00~14:00 / 17:30~21:00(LO. 20:30)
定休日:水曜日
店舗HP: http://tensyu.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都を代表するラーメン店「天天有」の味を祇園で【八坂神社前】

京都を代表するラーメン店「天天有」の味を祇園で【八坂神社前】

いつもありがとうございます。 ポポちゃんです。京都の夏は暑いですね(汗)。今日は、祇園で仕事をしていました。思ったより仕事が長引いて……夜の22時、お腹ぺこぺこ。さくっと食べれるラーメンが食べたい。
創業100年超のいぶし銀 !京都の最強オムライス「グリル冨士屋(フジヤ)」【洋食】

創業100年超のいぶし銀 !京都の最強オムライス「グリル冨士屋(フジヤ)」【洋食】

創業102年になる老舗グリル&喫茶店。シンプルさを追求したプレーンオムライスは個性と繊細な味わいがひかる芸術品です。
京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

京都白川沿いでくつろぎのコーヒータイムを『やまもと喫茶』【知恩院前】

東山の知恩院近く、白川沿いにある自家焙煎コーヒー店。現代風昭和レトロな空間に最新鋭のコーヒーマシン。リバーサイドロケーションを満喫しつつ、薫り高いコーヒーでまったりくつろぎの昼下がりはいかが?
京都1との呼び声も!祇園にたたずむ老舗蕎麦店の絶品親子丼「権兵衛」

京都1との呼び声も!祇園にたたずむ老舗蕎麦店の絶品親子丼「権兵衛」

祇園にたたずむ老舗の蕎麦店「権兵衛」。有名人のファンも多い人気店ですが、お出汁が効いた親子丼が評判ということでいただいてきました。
ランチや2軒目使いにも!本格だけどお手軽、祇園の隠れ家和食店「GION SEKIYA」

ランチや2軒目使いにも!本格だけどお手軽、祇園の隠れ家和食店「GION SEKIYA」

京阪祇園四条駅から徒歩数分、富永町にあるお手軽和食店「GION SEKIYA」で和食ディナーなり。ランチの天ぷら御膳も評判。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし