2017年12月4日 更新

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

華々しくオープンした京都BAL地下2階のマルゼンカフェ。ハヤシライスの元祖とも言われる由緒のあるメニューが頂けるなんともプレミアムなカフェ。東京とこちら京都でしか食べれない商標登録されている【早矢仕ライス】をご賞味あれ。

地下で楽しむ、元祖ハイカラメニュー

 (95455)

京都バル地下2階にあるステーショナリーの販売も手がけるMARUZEN。
その一画に構える「MARUZEN cafe」
 (95458)

入り口のショーケースには小説に因んだシグネチャーメニュー檸檬を発見。
 (95459)

エスカレーター付近や空きスペースなどポイント的に目に入る宣伝ポスター。
こんなにオススメされたら、ミーハーな日本人はイチコロです。

マルゼンカフェとは?

創業140年を誇る老舗書店「丸善」とのコラボレーションカフェ
創業140年を誇る老舗書店「丸善」とのコラボレーション カフェが関西初出店。 丸善創業者・早矢仕有的(ゆうてき)が生み出したと言われる 人気の「早矢仕ライス」をはじめ、丸善京都本店ゆかりの昭和の作家、 梶井基次郎の代表作「檸檬」にちなんでの京都店限定スイーツ「檸檬」、 深みと豆本来の味わいを引き出すサイフォンコーヒーなど幅広く提供、 歴史ある書店内のカフェでゆっくりと優雅な時間とお食事をお楽しみください
via 食べログ(公式情報)
由緒あるカフェであることが伝わるホームページの紹介文。

スペーシーな店内

 (95450)

書店と一体化したかのような文学エッセンス取り入れたセミオープンスタイル。正面の金屏風を背景に整然と配されたテーブル席が並びます。
 (104285)

 (104287)

白シャツに黒のボトムス、髪は染めておらず清潔感あるお召し物のスタッフさん。
若い方が多いですが、皆様商品知識もあり非常に丁寧な対応です。
一押しメニュー

一押しメニュー

フードメニュー

フードメニュー

早矢仕ライスやオムライスはサラダやコーヒーをセットでお得に楽しむことも可能。

艶々のデミグラスソース

早矢仕オムライス(サラダセット)

早矢仕オムライス(サラダセット)

シンプルに早矢仕ライスをと思いましたが早矢仕ライスもオムライスも
と欲張りな性分により早矢仕オムライスとサラダをチョイス。
 (95451)

サラダ、メイン共に
ノリタケのテーブルウェアで配膳。
サラダはサニーレタス、オニオン、海藻がこんもりと。
ご立派に銀食器で提供する
別添えのサウザンアイランドドレッシング。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

素通りできぬディスプレイ★オムライスはお任せ★古き良き我らのSTAR(スター)★京都の老舗洋食店★グラタンオムライス【新京極】

素通りできぬディスプレイ★オムライスはお任せ★古き良き我らのSTAR(スター)★京都の老舗洋食店★グラタンオムライス【新京極】

新京極エリアの老舗洋食店。 空腹の貴方、思わず引き込まれてしまいそうな巨大オムに完成度の高いサンプルディスプレイ、きっと店側の策略にはまらずにはいられない★
キャラ×京 vol.3 「シナモンロールカフェ」★シナモンロールと珈琲タイム【河原町】

キャラ×京 vol.3 「シナモンロールカフェ」★シナモンロールと珈琲タイム【河原町】

河原町OPA三階に東京新宿店に続き、常設店としてシナモンロールカフェが登場。 ふわふわシナモンロールの淡い癒し空間で、暫しの微睡みの時間を。
懐かし喫茶店メニュー王道のスパゲッティイタリアンに思わずBuono!「キャンティ」【烏丸御池】

懐かし喫茶店メニュー王道のスパゲッティイタリアンに思わずBuono!「キャンティ」【烏丸御池】

京都最大のオフィス街、烏丸御池エリアで長年愛される洋食弁当に定評のあるキャンティ。こちらの隠れ一押しメニューはナポリタンではなくイタリアン。寒い冬はホームメイドなあつあつスパゲッティイタリアンで決まり!
”秋の味覚”一個でも心まで満たせるケーキ★ボリューミーなワンカット★HERBS(ハーブス)【大丸京都店】

”秋の味覚”一個でも心まで満たせるケーキ★ボリューミーなワンカット★HERBS(ハーブス)【大丸京都店】

ビッグサイズのケーキの代名詞といえばのハーブス。決して大味でなくクオリティも最高級。 フレッシュネスを追及したマロンケーキは是非カフェにてご賞味あれ。
【京都カフェ】美しすぎる由緒正しいホットケーキ!カフェ通にはよく知られた名店「雨林舎」【二条駅スグ】

【京都カフェ】美しすぎる由緒正しいホットケーキ!カフェ通にはよく知られた名店「雨林舎」【二条駅スグ】

JR二条駅西側にあるカフェ通の間では有名なお店。健康に配慮した美味しいランチも好評だが、こちらの名物ホットケーキはちょっとうっとりするような完成度。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen