2016年8月11日 更新

芸能人も足しげく通う人気店!看板のゆめやきはマストオーダー!「おこのみ夢屋」

某グルメサイトのお好み焼きカテゴリーでも1位になったことのある二条川端の「夢屋」です。

某グルメサイトでも1位の人気店

 (49491)

川端二条のお好み焼き店「夢屋」にやってきました。看板メニューのゆめやきをはじて、ボリューミーで美味しいと人気のお店です。
 (49492)

入ってすぐのところには、鉄板付きのテーブルがあり、奥にはキッチン。この大きな鉄板で、お好み焼きが焼かれていきます。いや~美味しそうですね。
 (49494)

はなれと言うか、店舗のさらに奥には、また別の部屋があります。なんだか隠れ家っぽくていいですね。
 (49493)

こちらがその部屋。座敷席とソファのテーブル席があります。気になるのが、この壁一面に飾られた色紙の数々。

多くの芸能人・著名人にも愛されて、足しげく通われている。お好み焼き店です。

豊富な鉄板メニューの数々

 (49497)

メニューはこちら。自慢の鉄板がメニューが並びます。
 (49498)

お好み焼きや焼きそばのメニューはこちら。
 (49499)

京都と言えば、九条ねぎをふんだんに使ったねぎ焼きです。もちろん夢屋にもありますよ。

ビールがすすむ一品メニュー

 (49496)

スピードメニューの山芋ポン酢。ホクホクとネバネバ食感が美味しい。
ビールにもよく合いますな~
 (49500)

お好み焼き店の定番一品料理、ふわふわトロトロ玉子のとりあえずのとんぺい焼き。
意外とすぐに出てくるのがうれしいです。
 (49510)

ムチムチ食感美味しいイカ丸です。特製のタレで味付けされています。

贅沢にもイカ一杯まるごと使っているので、食べ応えも抜群です!
 (49503)

太麺でソースたっぷりの焼きそばは、具だくさんでボリューム満点!
これもマストオーダーの一品です。

看板メニューのゆめやき

 (49501)

これはお店の看板料理「ゆめやき」

山芋たっぷりふわふわ、サイズも大きく、大満足の一品です。牛、豚、イカがはいって具だくさん。さらには焼きそばも。
 (49502)

九条ねぎのシャキシャキ感もたまりません!
一口サイズに切り分けて頂きます。

1人じゃ食べきれないの大きさなので、みんなでワイワイがオススメです。
アットホームな雰囲気で、ボリューム満点で美味しいお好み焼き店です。
オススメのお好み焼き店です^^

おこのみ夢屋への口コミ

おこのみ夢屋 店舗情報

店名:おこのみ 夢屋
住所:京都市左京区川端通二条上る孫橋町1
電話番号:075-751-9645
営業時間:17:00-24:00 (LO23:30)
定休日:水曜日
店舗HP: http://www.nijo-yumeya.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都お好み焼き界の有名店|イケてるB級メニューの塩焼きそば「夢屋」【川端二条】

京都お好み焼き界の有名店|イケてるB級メニューの塩焼きそば「夢屋」【川端二条】

2014年の食べログ京都ベストお好み焼店だったり、川端二条にある「夢屋」なり。
【保存版】京都オススメのソース味がたまらんB級粉もんグルメ!祇園名店から行列店まで☆【厳選7店】

【保存版】京都オススメのソース味がたまらんB級粉もんグルメ!祇園名店から行列店まで☆【厳選7店】

おおきに~豆はなどす☆今回は京都オススメの粉もんグルメ店をご紹介!祇園の有名店や行列必至の人気店まで。
路地奥にたたずむ名店☆「月と猫」の絶品モダン焼き!【聖護院】

路地奥にたたずむ名店☆「月と猫」の絶品モダン焼き!【聖護院】

熊野神社バス停近く、最近はカツサンドで有名な「はふう」さんが移転された場所と同じ通りをもう少し東に進むと、ぽつりと光る小さな看板が見えてきます。路地奥ながらいつもにぎわってるお好み焼き&鉄板焼き屋「月と猫」へ行ってきました!
京都で食べたいソースが香る美味しい「焼きそば」厳選7店!定番から穴場、新店まで【まとめ】

京都で食べたいソースが香る美味しい「焼きそば」厳選7店!定番から穴場、新店まで【まとめ】

お祭りの屋台やお好み焼き屋、スーパーのお惣菜コーナーでも。身近に見かける焼きそばですが、京都の粉もん屋さんの焼きそばは一味違って奥が深い!京都の常連さんが通う粉もん屋を7店、ご紹介します。
ソースが恋しくなったらココ!A5ステーキが1000円以下!二条城すぐの「お好み焼・鉄板焼 中々」

ソースが恋しくなったらココ!A5ステーキが1000円以下!二条城すぐの「お好み焼・鉄板焼 中々」

二条駅前の「お好み焼・鉄板焼 中々」です。名物の中々焼きやA5ランクのステーキがお手頃で頂けると評判のお好み焼き屋さんです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし